2019年4月23日 更新

言葉に説得力が欲しい人は必見!ひろゆき氏の「論破力」に学ぶ

匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人として有名になったひろゆき氏の著書『論破力』。現在は英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人をしながら様々なメディアにも登場していますが、個人的に注目したいのは討論系の番組出演時のひろゆき氏。何が凄いって、とにかく負けない。

gettyimages (36812)

前面に感情を出さずに次々と論客を倒していく彼を「論破王」と呼ぶ人もいるそうですが、その能力が欲しいと思う人もやはり多く、本書出版のきっかけになったようです。
気になる中身ですが、ひろゆき氏が様々な議論や交渉の場で使う72のテクニックを紹介するというもの。ビジネスシーンや日常の会話で「自分の話には説得力がない」「つい感情になってしまい議論が進まない」などと感じている人にはピッタリの内容だと思われますが、果たして。
「論破王」の思考の中身とは? 本書の内容に迫りたいと思います。

ぐうの音も出させない会話テクニック!「意見を言わず事実を言う」

gettyimages (36792)

「議論とは意見を戦わせること」だと勝手に思っていたのですが、いきなり目からうろこの考え方が紹介されていました。それは「意見を言わずに事実ベースで話す」というもの。
『「イヌはサカナ食いますよね」という事実を言ったときに「いや、食わねえよ」という反論を成立させるのはとてつもなく難しい。だって、イヌはサカナを食いますから。』
この一言で納得してしまいましたが、確かに討論をする中で自分の意見を主張するだけの人は説得力に欠けます。それでも、よほど実績がある人の場合は周囲を抑え込んで意見を通してしまうこともありますが、ひろゆき氏にとってはイージーな相手。事実を伝えているだけで相手は否定できなくなり、全くダメージの無いまま主導権を握ることができます。もっともらしい意見よりも事実の方が断然強いことを意識して討論に臨みましょう。

場のメインパーソナリティーを見抜く

gettyimages (36815)

討論番組に出演した際にひろゆき氏が気をつけている事。それは主に2つあるそうで
①議論をしている相手ではなくて、番組を仕切っているメインパーソナリティの方を見て話す
②できるだけ大きな声で話す
この2つを意識することで「この人にしゃべらせたほうがいいな」という空気を生み出し最後まで話すことができるのだとか。時には会話に割り込もうとする人もいますが、それはパーソナリティや話を聞いている人にとって邪魔なだけ。マイナス効果しかないのでどんどん自分に有利になっていきます。
ひろゆき氏も指摘していますが、この考えは仕事上の会議でも非常に有効だと思います。会議のキーパーソンを見極めて会話を展開することで自分の意見が採用される率も変わってくるかもしれません。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

絶対点数ではなく相対点数を意識する

絶対点数ではなく相対点数を意識する

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

欧州バルト三国の一国として知られる「エストニア」について紹介した本。と言っても、観光情報を紹介するのではなく、今この国が世界の注目を集めている“あるモノ”についての貴重な現地レポートです。
自己把握 自分自身を見つめ直し、見極める

自己把握 自分自身を見つめ直し、見極める

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
「好きを仕事に」新世代の価値観とモチベーションの変化とは

「好きを仕事に」新世代の価値観とモチベーションの変化とは

世代ごとの考え方の違いが明白になってきています。同じオフィスにいながら違う価値観と考え方が混濁する現代。より、変化が激しくなる新時代を迎えるにあたって、私たちはどういう考え方を持つことが大事なのでしょうか。 尾原和啓著『モチベーション革命』 より、ライフワークバランスの視点をご紹介します。
糸井重里の考える働くとは これからの「ほぼ日」

糸井重里の考える働くとは これからの「ほぼ日」

これまで、どこかのシーンで「ほぼ日手帳」を手に取った学生や社会人は数多くいることでしょう。実際に「ほぼ日手帳」を使わずとも、「ほぼ日」や糸井重里の存在を知らない日本人は、もはや皆無といっても言い過ぎではなさそうです。 川島蓉子・糸井重里著『すいません、ほぼ日の経営。』 より、「ほぼ日」という企業がずっと続けてきたことと新たに始めたことをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部