2019年4月23日 更新

言葉に説得力が欲しい人は必見!ひろゆき氏の「論破力」に学ぶ

匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人として有名になったひろゆき氏の著書『論破力』。現在は英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人をしながら様々なメディアにも登場していますが、個人的に注目したいのは討論系の番組出演時のひろゆき氏。何が凄いって、とにかく負けない。

gettyimages (36812)

前面に感情を出さずに次々と論客を倒していく彼を「論破王」と呼ぶ人もいるそうですが、その能力が欲しいと思う人もやはり多く、本書出版のきっかけになったようです。
気になる中身ですが、ひろゆき氏が様々な議論や交渉の場で使う72のテクニックを紹介するというもの。ビジネスシーンや日常の会話で「自分の話には説得力がない」「つい感情になってしまい議論が進まない」などと感じている人にはピッタリの内容だと思われますが、果たして。
「論破王」の思考の中身とは? 本書の内容に迫りたいと思います。

ぐうの音も出させない会話テクニック!「意見を言わず事実を言う」

gettyimages (36792)

「議論とは意見を戦わせること」だと勝手に思っていたのですが、いきなり目からうろこの考え方が紹介されていました。それは「意見を言わずに事実ベースで話す」というもの。
『「イヌはサカナ食いますよね」という事実を言ったときに「いや、食わねえよ」という反論を成立させるのはとてつもなく難しい。だって、イヌはサカナを食いますから。』
この一言で納得してしまいましたが、確かに討論をする中で自分の意見を主張するだけの人は説得力に欠けます。それでも、よほど実績がある人の場合は周囲を抑え込んで意見を通してしまうこともありますが、ひろゆき氏にとってはイージーな相手。事実を伝えているだけで相手は否定できなくなり、全くダメージの無いまま主導権を握ることができます。もっともらしい意見よりも事実の方が断然強いことを意識して討論に臨みましょう。

場のメインパーソナリティーを見抜く

gettyimages (36815)

討論番組に出演した際にひろゆき氏が気をつけている事。それは主に2つあるそうで
①議論をしている相手ではなくて、番組を仕切っているメインパーソナリティの方を見て話す
②できるだけ大きな声で話す
この2つを意識することで「この人にしゃべらせたほうがいいな」という空気を生み出し最後まで話すことができるのだとか。時には会話に割り込もうとする人もいますが、それはパーソナリティや話を聞いている人にとって邪魔なだけ。マイナス効果しかないのでどんどん自分に有利になっていきます。
ひろゆき氏も指摘していますが、この考えは仕事上の会議でも非常に有効だと思います。会議のキーパーソンを見極めて会話を展開することで自分の意見が採用される率も変わってくるかもしれません。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【年収1億円超のお金持ちの習慣】大切にすべきは 「相手の家族」

【年収1億円超のお金持ちの習慣】大切にすべきは 「相手の家族」

お金持ちはビジネスや投資の天才というだけではなく、相手の心をつかんで離さない人心掌握術を心得た人物です。 この記事では、お金持ちが大切にしているプレゼントの習慣を、黒坂岳央 著 「年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣」よりご紹介します。
令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

入社したばかりの若者が早々に退職してしまい、困り果てているという話を耳にする時期です。少し注意しただけなのにパワハラだと言われたり、頑張っているように見えたのに突然会社に来なくなったり。 平賀充記著『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』 より、現代の若者に対して無駄に気を使うことなく、円滑にマネジメントするための考え方をご紹介します。
働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方

働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方

働き方についてのあり方が問われている現代。私たちはどういう思考を持って、労働やお金と向き合っていけば良いのでしょうか。遠藤洋著『働きたくないけどお金は欲しい』より、変化する時代において新たな価値を見出していく考え方をご紹介します。
利害関係のある人に流されてはダメ

利害関係のある人に流されてはダメ

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部