2018年9月19日 更新

実は絶世の美女ではなかった? 楊貴妃の美貌の真実

古代エジプトのクレオパトラ、日本古代の小野小町と並んで世界の三大美女の1人として有名な楊貴妃は、美人だからというよりも才智や聡明さで玄宗皇帝の心をわしづかみにしていたとされています。では、楊貴妃の美女伝説はどのようにして生まれたのでしょうか。

gettyimages (21444)

2018.9.19

美女伝説はこうして生まれた!

gettyimages (21450)

楊貴妃の本名は楊玉環(ようぎょくかん)で、719年に中国唐の小役人の娘として生まれました。
17歳の時、同じ年齢の寿王(じゅおう)と結婚しますが、寿王の父親である玄宗皇帝に気に入られ、息子から強引に取り上げてしまいます。
ただ、世間体がありますので、楊貴妃は道教の尼として5年過ごし、5年後に皇妃として迎え入れられました。
玄宗は楊貴妃を溺愛し、政治にあたるという職務をすっかりしなくなったといわれています。楊貴妃の服装やアクセサリーを作成する技術者を何百人も雇ったり、楊貴妃の好物であるライチを中国南部から早馬を飛ばして取り寄せたりした、というエピソードは有名です。
さらに、楊貴妃の親族を高位高官にしたという話も伝わっています。

楊貴妃はふくよかだった?!

gettyimages (21466)

最近の中国の情報(中国のWEBメディア:四川在綫)によれば、楊貴妃はとてもふくよかな人で、身長164 cm 、体重は約70キロあったといわれています。
当時の画家・周の「貴妃出浴図」を見ると、ふっくらとしていてグラマーな体型であることがわかります。
また、中国唐の唐代の詩人、白楽天によって作られた長編の漢詩「長恨歌」に「温泉の水滑らかにして凝脂を洗う」という言葉からも楊貴妃がむっちりとした白い肌の持ち主だったことが分かります。
なぜ唐代に太っていた女性がもてはやされたかといいますと、唐の時代は満足に食が取れない人々がたくさんいて、ふっくら系は憧れでした。
そのため、ふくよかな楊貴妃が玄宗皇帝から歓迎され、寵愛を受けたのも不思議ではありません。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一流の人に学ぶ ボジティブなセルフイメージを作る思考法

一流の人に学ぶ ボジティブなセルフイメージを作る思考法

人は知らず知らずのうちに、「自分には無理だ」と諦めてしまっていることがあるものです。世の成功者は、どんな考え方を心がけているのでしょうか。 ロバート・グリスウォルド著『一流の人に学ぶお金の引き寄せ方』より、ボジティブなセルフイメージを作るための思考と行動をご紹介します。
金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |
この秋のマーケットにおけるリスクの芽

この秋のマーケットにおけるリスクの芽

多くの投資家はとても直感的な判断を行うことがあります。株価が連騰していると異常に強気になり、一方で連日の下げを受ければただただ意気消沈するばかり。そうならないためにも日頃から今はさほど大きく取り上げられていないけれどいずれマーケットで話題の中心になるようなマーケットの芽を事前に把握しておく習慣を身に付けていれば不足の事態でもしっかりとした判断ができます。
ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

オーストラリアの東海岸にあるゴールドコースト。白い砂浜が57kmも続く長く美しいビーチで有名な所です。10月はこれから夏に向かうため気温も上がり、からっとした天気が続くベストシーズン。そんなゴールドコーストで豪華バケーションを満喫してみるのはどうでしょう。
人前であがってしまうのはなぜ?大事な場面で緊張しないためのメソッド

人前であがってしまうのはなぜ?大事な場面で緊張しないためのメソッド

人前で話す機会というものは、ビジネスの場で数多くあるものです。大勢の前で、緊張して声が震えてしまったりすると、それがちょっとしたトラウマになってしまうこともあり得ます。うまく緊張の糸を解いて、いいパフォーマンスをしていきたいものです。 伊藤丈恭著『人前で変に緊張しなくなるすごい方法』 より、大事な局面で起こる緊張状態を上手に切り替える考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部