2018年9月12日 更新

東京モーターショー2017で勝者が見える

東京モーターショーといえば、華やかな車の祭典です。しかし、今年のモーターショーは、これからの経済を見通すヒントが沢山ありそうです。ぜひ、注目しましょう。

gettyimages (6071)

2017.10.28
今年のモーターショーも車の新しいコンセプトで溢れています。今まで見たこともないような車、ワクワクするような車など、車好きには欠かせないビックイベントです。そのため、今回も開催の約10日間で約90万人の来場者が見込まれています。

ゲームチェンジャーになるのは?

今年の注目は、例えば手でアクセル・ブレーキが操作できるジョイスティック型のコンセプトカーや、表情を認識して目的場所を選んでくれるような自動運転車などなどユニークな車がたくさんあるようです。会場では、153団体が371車を持ち込んで技術やコンセプトを競っています。

さて、今年のモーターショーには車好きからだけではなく、経済界や投資家からも大きな注目が集まっています。その理由は、ずばり、誰が自動車業界のゲームチェンジャーなるのか? これからの自動車産業の勝ち組になるメーカーはどこか? ヒントがその会場にあふれているからです。
そのためか、いつも以上に自動車会社が威信を掛けて臨んでいるように感じます。

2025年におけるイノベーション

thinkstock (6088)

実は、このモーターショーでは、2013年にマッキンゼー社から発表された「2025年における破壊的技術」の12個のイノベーションのうち、3つを見ることができます。破壊的技術というと少し難しそうですが、簡単に表現すると「スマホ」みたいに世の中の仕組みを大きく変える技術だと思ってください。
さて、今回のモーターショーでは、3つの破壊的技術、IoT、自動走行車、エネルギーを見ることができます。
まずは、例えば運転手の表情や好みなどを読み取り目的を推測したり、さまざまなデータ収集で運転の効率化を計るようなIoTです。このIoTの市場規模は270兆円〜620兆円と予想されており、その市場規模の大きさはモバイル・インターネットやAI市場と匹敵します。次に、自動走行車です。人の運転技術に依存しない自動による運転は、交通事故防止の観点などからも注目を集めています。その市場規模は20兆〜190兆円と言われています。3つ目は、EVです。EVとは電気自動車ですが、電気自動車に欠かせない蓄電システム、全固体電池の市場規模は10〜60兆円とされています。
istockphoto (6083)

この3つを合計すると、300兆円〜870兆円の市場規模と推定され、スマートフォンを超える可能性のあるポテンシャルの高い市場です。ちなみに、スマートフォンの勝者といわれている米国アップル社の株価は、2007年のアイフォンを発売から10年で株価も約10倍になりました。つまり、今回の自動車に関連する「ゲームチェンジャー=勝者」にも、同じような成長が期待されことから注目が集まっていると思われます。もしかしたら、そこに出展しているメーカーの株価が10倍になる掘り出し物があるかもしれません。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

米朝首脳会談の評価を語る前に投資家であればすべきこと

米朝首脳会談の評価を語る前に投資家であればすべきこと

世紀の会談とされた米朝首脳会談が2018年6月12日に終了しました。マスコミ、テレビ、新聞は専門家のコメントを載せて「成功」、「失敗」、「アメリカの負け」、「金書記長の粘りがち」などと評価していますが、実際のところはどうなのでしょうか。私は、これからの実務者ベースの話し合いでその推移を見守らないとなんとも評価できないのではないかと思っています。それよりも投資家であればすべきことがあるように思います。
1本100万円のワインはなぜ生まれるのか

1本100万円のワインはなぜ生まれるのか

かの有名なロマネ・コンティが100万円のワインであるということは誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。では、ロマネ・コンティをはじめとした超がつく高級ワインはどんな富裕層が購入しているのでしょうか。
本格的なAIによる投資時代の始まり

本格的なAIによる投資時代の始まり

私たちをとりまく社会はいま、大きく変化している。大企業に新卒で採用され、定年を迎えるまで勤め上げれば定年後は安泰。そんな少し前まで当たり前だった人生はもう夢物語だ。【連載】金融リテラシーで変わる社会(第4回)
日米貿易協議で見えた米国中間選挙までの流れ

日米貿易協議で見えた米国中間選挙までの流れ

日米貿易協議がすごくあっさりした内容で終わりました。ただし、この中に米国の中間選挙までの流れを見通しヒントが隠されていました。今回は、内容を振り返りつつメインシナリオとサブシナリオを考えていきます。
日米貿易協議FFRの前後10日間になにが起こったのか

日米貿易協議FFRの前後10日間になにが起こったのか

日本時間の8月10、11日に開かれた閣僚による日米貿易協議FFRは、9月末に次回会合を開催し具体的な合意を目指すことで協議を終えました。このFFR開催直前の10日間の動きは大変興味深く、そこには今後の日米交渉の行方が見えてくるいくつかのヒントがありました。時系列で振り返ってみたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊
お金の教養講座