2018年9月12日 更新

東京モーターショー2017で勝者が見える

東京モーターショーといえば、華やかな車の祭典です。しかし、今年のモーターショーは、これからの経済を見通すヒントが沢山ありそうです。ぜひ、注目しましょう。

gettyimages (6071)

2017.10.28
今年のモーターショーも車の新しいコンセプトで溢れています。今まで見たこともないような車、ワクワクするような車など、車好きには欠かせないビックイベントです。そのため、今回も開催の約10日間で約90万人の来場者が見込まれています。

ゲームチェンジャーになるのは?

今年の注目は、例えば手でアクセル・ブレーキが操作できるジョイスティック型のコンセプトカーや、表情を認識して目的場所を選んでくれるような自動運転車などなどユニークな車がたくさんあるようです。会場では、153団体が371車を持ち込んで技術やコンセプトを競っています。

さて、今年のモーターショーには車好きからだけではなく、経済界や投資家からも大きな注目が集まっています。その理由は、ずばり、誰が自動車業界のゲームチェンジャーなるのか? これからの自動車産業の勝ち組になるメーカーはどこか? ヒントがその会場にあふれているからです。
そのためか、いつも以上に自動車会社が威信を掛けて臨んでいるように感じます。

2025年におけるイノベーション

thinkstock (6088)

実は、このモーターショーでは、2013年にマッキンゼー社から発表された「2025年における破壊的技術」の12個のイノベーションのうち、3つを見ることができます。破壊的技術というと少し難しそうですが、簡単に表現すると「スマホ」みたいに世の中の仕組みを大きく変える技術だと思ってください。
さて、今回のモーターショーでは、3つの破壊的技術、IoT、自動走行車、エネルギーを見ることができます。
まずは、例えば運転手の表情や好みなどを読み取り目的を推測したり、さまざまなデータ収集で運転の効率化を計るようなIoTです。このIoTの市場規模は270兆円〜620兆円と予想されており、その市場規模の大きさはモバイル・インターネットやAI市場と匹敵します。次に、自動走行車です。人の運転技術に依存しない自動による運転は、交通事故防止の観点などからも注目を集めています。その市場規模は20兆〜190兆円と言われています。3つ目は、EVです。EVとは電気自動車ですが、電気自動車に欠かせない蓄電システム、全固体電池の市場規模は10〜60兆円とされています。
istockphoto (6083)

この3つを合計すると、300兆円〜870兆円の市場規模と推定され、スマートフォンを超える可能性のあるポテンシャルの高い市場です。ちなみに、スマートフォンの勝者といわれている米国アップル社の株価は、2007年のアイフォンを発売から10年で株価も約10倍になりました。つまり、今回の自動車に関連する「ゲームチェンジャー=勝者」にも、同じような成長が期待されことから注目が集まっていると思われます。もしかしたら、そこに出展しているメーカーの株価が10倍になる掘り出し物があるかもしれません。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自分の力で考えなかったら投資は成功しない

自分の力で考えなかったら投資は成功しない

2019年がいよいよスタートしました。2018年の投資環境がたいへん厳しかったことから捲土重来を期している人も多いのではないかと思います。にもかかわらず年初から波乱含みです。荒れる相場を乗り切るための心構えをお伝えします。
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |
賢者の投資方法とは

賢者の投資方法とは

米国では代表的なインデックス型投信を長期保有することに対して、手抜きのポートフォリオであると揶揄されることが多い。しかし実際には、ウォーレン・バフェットをはじめ多くの伝説的な投資家が推奨する投資方法であるのです。
2018年ドル円相場の値幅が狭かった理由

2018年ドル円相場の値幅が狭かった理由

2018年も残すところ1カ月となりましたが、為替市場では12月18−19日のFOMCの結果、及びFRBパウエル議長の記者会見に注目が集中しています。その2018年ですが、為替市場に関わる人にとって2018年は歴史的な一年として記憶されるかもしれません。それは、ドル円の変動幅が市場最狭になりそうだからです。
米朝首脳会談の評価を語る前に投資家であればすべきこと

米朝首脳会談の評価を語る前に投資家であればすべきこと

世紀の会談とされた米朝首脳会談が2018年6月12日に終了しました。マスコミ、テレビ、新聞は専門家のコメントを載せて「成功」、「失敗」、「アメリカの負け」、「金書記長の粘りがち」などと評価していますが、実際のところはどうなのでしょうか。私は、これからの実務者ベースの話し合いでその推移を見守らないとなんとも評価できないのではないかと思っています。それよりも投資家であればすべきことがあるように思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊