2018年9月12日 更新

東京モーターショー2017で勝者が見える

東京モーターショーといえば、華やかな車の祭典です。しかし、今年のモーターショーは、これからの経済を見通すヒントが沢山ありそうです。ぜひ、注目しましょう。

7年で勝負あり

thinkstock (6084)

情報関連における技術の進歩の速さを示す言葉に「ドッグイヤー」という言葉があります。これは、人間の7年が犬の1年に匹敵することから生まれた言葉です。このドッグイヤーが、最近ではすべてのことに当てはまるようになってきました。
米国市場における製品の普及スピードという調査があります。これは、普及率が10%から90%になるまで何年かかるかというものです。例えば、固定電話は1903年〜1976年までなんと73年もかかりました。しかし、携帯電話は1993年〜2007年の14年と急激に短くなりました。そして最近では、スマホ、CD、液晶テレビは全て7年で普及するような世の中になりました。
今回の自動車に関する300兆円〜870兆円市場の雌雄も7年で決するのではないかといわれています。今のところ、日本勢は外国勢の後塵を拝しているといわれています。本当にそうか。そのヒントがこのモーターショーにあると思います。
gettyimages (6074)

さぁ、もう居ても立ってもいられません。ぜひ、会場を訪れて「勝者は?」という見方をしてみてください。いつもより面白さが倍増するコト間違いなしです。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自分の力で考えなかったら投資は成功しない

自分の力で考えなかったら投資は成功しない

2019年がいよいよスタートしました。2018年の投資環境がたいへん厳しかったことから捲土重来を期している人も多いのではないかと思います。にもかかわらず年初から波乱含みです。荒れる相場を乗り切るための心構えをお伝えします。
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |
2018年ドル円相場の値幅が狭かった理由

2018年ドル円相場の値幅が狭かった理由

2018年も残すところ1カ月となりましたが、為替市場では12月18−19日のFOMCの結果、及びFRBパウエル議長の記者会見に注目が集中しています。その2018年ですが、為替市場に関わる人にとって2018年は歴史的な一年として記憶されるかもしれません。それは、ドル円の変動幅が市場最狭になりそうだからです。
米朝首脳会談の評価を語る前に投資家であればすべきこと

米朝首脳会談の評価を語る前に投資家であればすべきこと

世紀の会談とされた米朝首脳会談が2018年6月12日に終了しました。マスコミ、テレビ、新聞は専門家のコメントを載せて「成功」、「失敗」、「アメリカの負け」、「金書記長の粘りがち」などと評価していますが、実際のところはどうなのでしょうか。私は、これからの実務者ベースの話し合いでその推移を見守らないとなんとも評価できないのではないかと思っています。それよりも投資家であればすべきことがあるように思います。
FXエア座談会〜もし有名為替アナリストが2018年のドル円を予想したら〜

FXエア座談会〜もし有名為替アナリストが2018年のドル円を予想したら〜

この時期になると、各金融機関のエース為替アナリストが来年度の為替予想を発表します。ここで、そのような有名アナリストが座談会を開いたらこんな感じになるのではないかと、つまりエア座談会を開いてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊