2018年9月12日 更新

東京モーターショー2017で勝者が見える

東京モーターショーといえば、華やかな車の祭典です。しかし、今年のモーターショーは、これからの経済を見通すヒントが沢山ありそうです。ぜひ、注目しましょう。

7年で勝負あり

thinkstock (6084)

情報関連における技術の進歩の速さを示す言葉に「ドッグイヤー」という言葉があります。これは、人間の7年が犬の1年に匹敵することから生まれた言葉です。このドッグイヤーが、最近ではすべてのことに当てはまるようになってきました。
米国市場における製品の普及スピードという調査があります。これは、普及率が10%から90%になるまで何年かかるかというものです。例えば、固定電話は1903年〜1976年までなんと73年もかかりました。しかし、携帯電話は1993年〜2007年の14年と急激に短くなりました。そして最近では、スマホ、CD、液晶テレビは全て7年で普及するような世の中になりました。
今回の自動車に関する300兆円〜870兆円市場の雌雄も7年で決するのではないかといわれています。今のところ、日本勢は外国勢の後塵を拝しているといわれています。本当にそうか。そのヒントがこのモーターショーにあると思います。
gettyimages (6074)

さぁ、もう居ても立ってもいられません。ぜひ、会場を訪れて「勝者は?」という見方をしてみてください。いつもより面白さが倍増するコト間違いなしです。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

決算発表で投資成果を上げる方法

決算発表で投資成果を上げる方法

今は決算発表の真っ只中です。日経新聞の記事によると、上場企業の2020年3月期の純利益は28兆4,500億円程度と前期比で1.4%減となり、19年3月期に続いて2期連続での最終減益の見通しだそうです。さて、このように難しい局面で投資の精度が上がる、決算分析のコツをお伝えします。
株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

資産運用で最も重要なのは、リスク管理(リスクのコントロール)です。 たとえば、資産を株式で運用する場合、いつも積極的にリスクを取っていては、期待できる結果を得ることは難しいでしょう。積極的にリスクを取っていいのは、次の3つのケースにおいてのみだからです。
【アートで資産形成】保険は?贋作対策は?オークションのメリットは?

【アートで資産形成】保険は?贋作対策は?オークションのメリットは?

美術品はお持ちでしょうか? 数百万もするような、高価な物でなくともあなたかご家族が趣味で集めた掛け軸や壺や茶器など意外に価値のあるものをお持ちの方多いのではないでしょうか?
経済 |
不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。
ゴールデンウィーク前に把握しておきたい3つの投資家目線

ゴールデンウィーク前に把握しておきたい3つの投資家目線

残すところ1週間でゴールデンウィークに突入しますね。長い人で10連休ということですが、その間の証券市場取引がほぼ停止することが投資家の間で話題になっています。巷では若干投資家を煽るようなレポートやコラムも見かけますが、ここでは事実にフォーカスしてGW前に把握しておくべき3つの目線をお伝えします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊