2019年5月23日 更新

人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

なかなか気分が上がらないとき、きっかけになる好きなモノがあれば、もっとスムーズに実行できそうです。身の回りにあるモノにこだわりを持つだけで、少しモチベーションが上がるのだとしたら、私たちはもっとモノ選びにこだわる必要があるでしょう 堀口英剛著『人生を変えるモノ選びのルール』 より、ミニマリストではなく「モノマリスト」という、ときめくモノに囲まれて生きるあり方をご紹介します。

gettyimages (38233)

2019.5.23

ストーリーがあるモノ選び

せっかく多くの選択肢が選べる豊かなこの世の中だからこそ、一番自分が良いと思える「ときめくモノ」を側に置いておきたいと思いませんか。
3ページより引用
著者は、大学在学中に現ブログの前身「NUMBER333」を開設し、自分がときめくこだわりのあるモノを紹介し始めます。1年3ヶ月で月間100万PVにまで成長。大学卒業後は、Yahoo!JAPANに入社し、本業の傍らに副業としてのブログ運営を継続していきます。
2014年には、ブログ名を「monograph」とし、現在は株式会社dripの代表取締役を務めています。
「monograph」には、著者自身が「これだ!」と思った、ときめくモノのみが掲載されていますが、その読者もまた、こだわりの強い人が多いようです。
モノによって良さや理由はさまざまですが、一貫しているのはストーリーがあるということ。スペックや価格だけではなく「なぜ、それを持っているのか」「なぜ、それを選んだのか」が大事な軸になっています。
自分の服装、部屋の中、カバンの中身には、なんとなく選んだこだわりのないモノが紛れ込んでしまっているものです。モノは自分を映す鏡であるという著者ですが、自分の周囲にあるモノはすべて自分が行った選択の証であり、取捨選択の精度を日々磨いていくことが重要であるといいます。
たしかに、小さな選択の積み重ねは、やがて人生に直結するものであるといえるでしょう。
高価なものでなくてもいいけれど、きちんと理由を語ることができるモノを自分で選択していくことは、自分らしい人生を歩む一歩になるといえそうです。
gettyimages (38241)

気分を少しだけ軽くしてくれるモノ選び

どれも一つひとつが私の気分を少しだけ、ふわりと軽くしてくれるときめくモノたちです。このときめくモノが周りにあることによって、私の心の平穏は保たれています。
17ページより引用
たとえば、「袖を通すだけで人に会いたくなる、風合い豊かなリネンシャツ」、「どこまでも歩いて行けそうな足に馴染む革靴」など。著者が紹介するモノには、ただ単にデザインが優れているということだけではなく、気分を少しだけふわりと良くしてくれる力があることがわかります。
今、世の中はモノなんていらないというミニマリズム志向も大いに流行っていますが、著者の生活は真逆の方向を指しています。
だからといって、不要にモノを持ち、増やすという意味ではなさそうです。むしろ、無駄なモノは省き、自分が本当に必要としているモノと出会う力を見極める。現代を生き抜いていくための重要なスキルであるといえるでしょう。
そして、著者は自らを典型的な「カタチ」から入るタイプであると称しています。何をするにしても、始める前からどんな道具やモノが必要なのかを調べるのだとか。そして、その道具を揃えて自分に馴染む姿を想像してみる。そうすることでモチベーションが上がるのだといいます。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |
自宅で仕事がはかどる!在宅ワークを快適にする家具の選び方

自宅で仕事がはかどる!在宅ワークを快適にする家具の選び方

働き方改革で在宅勤務を命じられたら、あなたは自宅の中のどこで仕事をしますか? その環境は、自分の健康を守るためにも大事です。「在宅勤務用」の机やいすが売られていますが、仕事をするための家具はどんな点に気をつけて選べばいいのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ