2020年3月11日 更新

【原油先物大暴落】目を背けず波乱相場の中からヒントを探す

2月下旬から激しさを増す投資環境。長らく強気相場が継続していたことからすきを突かれたと感じた投資家も多かったはずです。だからこそダメージも大きいはず。しかも、質の悪いメディアはこの波乱相場をできるだけドラマ仕立てにしてあおりますが、投資家たるものここは冷静にfactfulnessで判断すべきです。市場がザワついている時こそヒントを冷静に探り備えることが大切です。

gettyimages (53080)

2020.3.9

原油価格にヒントあり

この波乱相場でなくても常に投資において大きな影響を与えている原油価格ですが、今回の波乱相場の中でスクスクと芽生えているのが原油安リスクです。当面はWTIのNY原油先物価格動向に注意を払うことが肝心です。
先日、3月6日にOPECと非加盟国、いわゆるOPECプラスの会合が開かれましたが、残念ながら決裂となりました。目指していた合意内容は、日量150万バレルの追加減産。2018年1月以降、原油価格の安定を目指し協調減産を続けてきましたが、今回の原油価格の下落したことからさらに追加でOPEC加盟国が100万バレル、OPEC非加盟国が50万バレルの減産合意を目指していました。
しかし、ロシアを交えたOPECとの事前協議がやけに長引いていたことから、もしや決裂かといった憶測が流れていましたが、今年に入ってからの原油価格が大幅下落していたため最終的には減産合意に至るものと期待的な観測が流れていました。
しかしながら、蓋を開けてみるとOPECと非加盟国の思惑の相違から一転して決裂。そう来たかぁと市場関係者の声が聞こえてきそうです。この結果を受け3月6日のNYの原油先物価格は大幅下落。今後、供給過剰が継続するとの見通しから1バレル当たりで前日比4.62ドル安の41.28ドル、なんと約10%程度急落しました。
今回、新型コロナウイルスの震源地である中国の経済活動が急減速し、現在は日本を始め世界各国まで経済活動の減速懸念が台頭しています。そのため、需給バランスが崩れ原油価格が下がりやすい状況でした。あるシンクタンクのレポートによると、中国での新型コロナの終息が6月まで続くとするとすると日量300万バレルもの需要が喪失されるとありました。中国だけで300万バレルの需要減少ということは、OPECが仮に今回合意しても供給過多のなることは明らかでした。
それでも、原産大国のロシアは追加減産に対してこの会合前から難色を示していまし波乱含みでした。懸念通りにロシアは最後まで追加減産に対して首を縦に振りませんでした。しかも、最悪なことに3月末までを期限としていた現在の協調減産体制も延長しないことになり、2018年1月からの約2年間に渡る協調減産体制までもが解消される見通しになりました。ロシア側は即座に、4月1日からOPEC加盟国、非加盟国はともに何の制限も受けないとコメントし、増産に色気を見せています。つまり、今後は各国が独自の判断で生産量を決定する状況になることが決まった瞬間でした。
原産国は自分の利益確保を最優先します。まさに、自国ファースト。トランプ大統領並です。そのため、すでに色々な憶測が流れはじめています。一部報道によると、ロシアと合意に至らなかった原産国の盟主であるサウジアラビアは、ロシアとの対決色を強め4月1日以降に日量1,000万バレルを上回る増産を早速計画しているとされています(この情報は一次情報ではありませんが、今後に大きな影響力を持つことから把握しておくべき内容だと思います)。
さらに状況次第では、過去最大の日量1200万バレルまで増やすことも検討しているということです。つまり、サウジアラビアは、減産どころか4月に現行の日量約970万バレルから1,000万バレルまで増産し、状況次第では1,200万バレルまで増やすという怒りの強硬策を検討しているというものです。
足並みの乱れた今、どの国もが増産体制に踏み切る可能性があります。

ただでさえ新型コロナウイルスの影響による原油需要の減少で原油価格が大幅に下る見通しが、サウジの増産強硬策を号砲に増産競争となり原油価格がさらに下がる可能性があります。

原油価格低下はマイナスのスパイラルへの誘い

gettyimages (53085)

では、原油価格が下がるとどのような影響があるのでしょうか。原油価格の低下は、原材料費のコスト低下につながるメリットもありますが、今回の原油価格の低下は株価を押し下げる可能性の方が強そうです。

1つ目が、サウジアラビアを筆頭にした世界各国のソブリン・ウエルス・ファンドが原油価格の下落、つまり原油売却による収益減により、ファンド内の資産売却を急速に進めることが懸念されます。
世界のソブリン・ウエルス・ファンドの資産規模を合計すると数百兆円にのぼり、しかもその多くがエネルギーを主たる収益源とするファンドです。そのファンドは、世界中に投資対象を広げており、もちろんその中には多くの株式が含まれています。日本へももれなく投資資金が流入してきています。さて、この原油価格の下落による収入源をカバーするために、ファンドは致し方なく株式などを売却し資金を確保します。特にサウジアラビアは原油価格が70ドルを下回ると財政収入が赤字になり、その赤字を埋めるために株価の売り圧力は強まります。その売却により、株価のボラティリティが高まり、さらにはリスクパリティの均衡が崩れにボラティリティの高い株式がさらに売却されるというスパイラルに突入するリスクが懸念されます。これが1つ目の株価に対するマイナス要因です。
2つ目は、米国のシェールオイル企業について懸念が台頭する可能性があることです。約6年前の2014年にも原油安が起こりましたが、その原油安は、今回と同じようにOPECが意図的に行ったものでした。その時のOPECの目的は、原油価格を安く誘導し、米国が原産国として台頭することを阻止することでした。作戦としては、シェールオイルの損益分岐点を下回るまで原油価格を下げることで、シェール企業を破綻に追い込むことです(諸説ありますが)。そして、米国の原油生産を断念させこれからもOPECが主導権を握ることを目指していました。当時は、米国のシェール企業もかなり苦境に立たされましたが、それと同じぐらいOPEC加盟国も収入源で苦しむことになり、16年3月には26.05ドルまで原油相場は急落したところでお互いにギブアップ。痛み分けとなりました。
しかし、今回、大きく原油価格が下がるようであればシェール企業のデフォルト懸念による金融市場の混乱が懸念されるかもしれません。シェール企業は、概ね信用格付が低くハイイールド社債を大量に発行し資金調達を行い採掘をすすめています。このハイイールド債券は、クレジット(信用)リスクが安定していれば投資家が資金を投入してくれますが、信用リスクが一転して低下し始めると投資家離れは急激に進みます。さらに、デフォルト懸念が他方にも大きな影響を与えることでリスクオフが進みます。それによりリスク回避によるマイナスのスパイラルに突入する可能性があります。しかも、このクレジットに関する不安が引き金となり今まで新型コロナに対する景気減速不安が信用不安へと性質を変えることから大変懸念すべきことです。

FRBの緊急利下げの真相は

ところで、3月3日の行われたFRBの金融利下げは、新型コロナによる景気減速に対する策ではなく、クレジット市場におけるスプレッドの拡大(国債のイールドとハイイールド債券のイールド)が徐々に生じており、デフォルトリスクの上昇から資金流失するようなクレジットリスクに対する予備策と見るアナリストが増えています。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「新型コロナ不況」が来ても、かつてのような就職氷河期は再来しない理由

「新型コロナ不況」が来ても、かつてのような就職氷河期は再来しない理由

新型コロナ不況で企業の採用が激減し、就職氷河期が再来するのでしょうか? 少子化で新卒者の人口は減る一方で、採用を絞ると後が怖いのです。また、就職氷河期と比べると企業内の人口構成が変化し、不況が来ても新卒採用を維持できる余裕も生まれています。
経済 |
新型コロナで株価が大きく下がっても、日本の年金が破たんしない理由

新型コロナで株価が大きく下がっても、日本の年金が破たんしない理由

今年、新型コロナ肺炎大流行の影響で日経平均株価は最大32.2%下落しました。年金資産は株式でも運用しますが「年金制度が破たんするのではないか?」という心配は無用です。なぜなら年金積立金は約120兆円で、運用益の蓄積も約75兆円と大きいからです。
経済 |
大暴落相場では何を目安にすればいいのか。PBRに着目

大暴落相場では何を目安にすればいいのか。PBRに着目

今回のような歴史的な暴落相場では、PERといったファンダメンタル指標や、騰落レシオといったテクニカル指標はあまり当てになりません。とくに騰落レシオは、これまで想像もしたことがない異常値が出現しました。
今は1年に1回の大きなチャンス

今は1年に1回の大きなチャンス

日本株がここ1週間で急激な下げに見舞われています。日経平均は2月25日に2万3,000円、27日には2万2,000円を下回り、3月2日には2万1,000円を割り込む局面があったほどなのです。
今、株式市場に参加することで得られるもの

今、株式市場に参加することで得られるもの

2020年は1月の中東情勢から始まり2月からは想定以上の広がりをみせた新型肺炎の影響で株式市場は大きく変動していています。このような荒れ相場は高みの見物を決め込むべきだという意見は正しいと思いますが、一方で、今、相場に参加することで投資家として大切なものを学ぶことがもできるのではないかと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

「ビギ卒」株式投資セミナー

どんな株価相場でも、チャンスに変えて
安定した利益が出せる投資家になるための講座

お金の教養講座 for woman

ランチ時間にサクッと気軽に学べる⼥性のための
マネー⼊⾨講座です。


ファイナンシャルアカデミー公式SNS