2018年1月29日 更新

サーバントリーダーを目指した上司が、ただの「いい姐御/兄貴」になっていないか?

メンバーの生き方を尊重し生産性の高いチーム作りとしてサーバントリーダーが注目されています。肯定的な見方が多い一方、現場ではまだ数が少なく、「いい姐御/兄貴問題」も・・・。「つもり」や「いい兄貴」で終わらないためにはどうすればよいのか、あらためてサーバントリーダーについて復習します。

thinkstock (9633)

2018.1.29

日本でサーバント・リーダーシップが叫ばれてから早10年

gettyimages (9637)

サーバント・リーダーシップは1970年代にアメリカのロバート・K・グリーンリーフによって提唱されました。グリーンリーフは、現場での経験に基づいてマネジメントの研究・開発、教育を行った人物で、「真のリーダーはフォロワーに信頼されており、まず人々に奉仕することが先決である」というリーダーとメンバーの信頼関係に基づいた支配しないリーダーシップを強調。日本にもこのアイデアが輸入され、特に近年は注目度も上昇しています。サーバント・リーダーシップの必要性や重要性を訴えるためにNPO法人サーバント・リーダーシップ協会が2004年に設立され、グリーンリーフの主著も邦訳されました。
では、同協会設立から既に10年以上が経過した現在、日本にサーバント・リーダーシップは根づいてきているのでしょうか。

現場の部下達はなかなかサーバント型上司に巡り会えない

gettyimages (9645)

2015年、『エン転職コンサルタント』が同サイト利用者1,380名を対象にアンケートを実施しました。その報告によれば、サーバント型リーダーと働きたいと答えたのは回答者全体の実に77%。内訳を見ると30代で80%、40代で78%、50代以上で74%となっており、若い人ほどサーバント・リーダーシップについて肯定的な見方をしているといえます。
彼らにとってサーバントリーダーの大きなメリットは、「メンバーが活躍しやすい環境が作れること」。メンバーを理解してその可能性を引き出せることや、メンバー一人ひとりの個性や価値観、要望を尊重してくれることなども重視されています。
しかし、希望は現実と一致していません。現在もしくは直近の上司がサーバントリーダーかどうかについて、回答者の64%がNOと答えました。これだけサーバントリーダー(サーバント型リーダー、サーバント・リーダーシップ)という言葉が広まってきても、肝心の現場で巡り合うのはまだまだ難しいというのが実状のようです。

サーバント型リーダーの問題点「いい兄貴問題」

thinkstock (9647)

サーバントリーダーが陥りやすい問題として、「いい兄貴問題」が指摘されています。「いい兄貴問題」とは、チームリーダーが親身になってメンバーの細かいタスクや雑用、面倒なタスクを引き受けてしまうことで、リーダーとして本来やるべきことができず、ビジョンの提示や意思決定という重要な役割を全うできなくなってしまうというもの。メンバーに「奉仕」し、現場の細々としたことを引き受けているだけで、仕事をしているつもりになってしまうという問題です。そのようなリーダーでは、メンバーのフォロワーシップも弱まり、メンバーを自分のもとに引き留める力も失ってしまいます。
実は、『エン転職コンサルタント』が行った先述のアンケートで興味深い点があります。それは、グリーンリーフがリーダーシップで重視した先見性や洞察力、チーム内で能力を補完し合うこと、奉仕の精神については、日本の職業人達はあまり注目していないという点。「メンバーが活躍しやすい環境がつくられる」ことを全体で57%の人が、「一人ひとりの個性や価値観、要望を尊重する」ことを全体で33%の人がサーバント型リーダーのメリットとしてあげているのに対して、「正しいことを見抜く力がある」は19%、「互いにないものを補いつつ、互いに支え合える人間関係を大事にする」が17%、「相手に対する思いやりや奉仕の精神を常に念頭に置いている」は16%だったのです。
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金を上手に使えないあなたへ。人生を豊かにするお金の使い方4ステップ

お金を上手に使えないあなたへ。人生を豊かにするお金の使い方4ステップ

上手にお金を使うことができなくて自分を責めすぎてしまう などなど上手にお金を使えなくて、悩んでいたり不安を感じている方は多いのではないでしょうか?
決算発表で投資成果を上げる方法

決算発表で投資成果を上げる方法

今は決算発表の真っ只中です。日経新聞の記事によると、上場企業の2020年3月期の純利益は28兆4,500億円程度と前期比で1.4%減となり、19年3月期に続いて2期連続での最終減益の見通しだそうです。さて、このように難しい局面で投資の精度が上がる、決算分析のコツをお伝えします。
砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

もうすぐ始まる梅雨の季節。こんな季節には雨を逃れて海外に脱出するのはどうでしょう。アメリカネバダ州の砂漠の中にある「ラスベガス」では、カジノだけでなく、テーマホテルやナイトショーなど、ゴージャスな観光が楽しめます。そんなラスベガス観光の見どころをご紹介します。
東京駅の隣にある「驚異の部屋」。レトロモダンな博物館を楽しもう

東京駅の隣にある「驚異の部屋」。レトロモダンな博物館を楽しもう

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は趣向を変えて、「博物館」です。
人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

なかなか気分が上がらないとき、きっかけになる好きなモノがあれば、もっとスムーズに実行できそうです。身の回りにあるモノにこだわりを持つだけで、少しモチベーションが上がるのだとしたら、私たちはもっとモノ選びにこだわる必要があるでしょう 堀口英剛著『人生を変えるモノ選びのルール』 より、ミニマリストではなく「モノマリスト」という、ときめくモノに囲まれて生きるあり方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座