2019年3月14日 更新

花の都パリで桜を楽しむ 春におすすめの観光スポット5選

フランスのパリで桜が見れることを知っていますか?パリの桜の見頃は、日本に比べて少し遅い4月の中旬頃だとか。今年の春は、パリで世界遺産と春の風景を満喫してみませんか。そんなパリの春を楽しめるおすすめスポット5つを春の風景写真と共にご紹介します。

2019.3.14

パリのシンボルエッフェル塔とセーヌ川

gettyimages (33205)

パリのシンボル「エッフェル塔」の近くにも桜が植えられています。エッフェル塔は今では世界中の人から愛されるパリのランドマークですが、建設当時はそれまでのパリの景観を損なうという理由で嫌われたそうです。その一人が作家であり詩人であったモーパッサン。エッフェル塔を見なくてすむように毎日塔のレストランで食事をしたという話は有名ですね。でもエッフェル塔、やっぱりきれいですね。特に桜を入れた風景は何とも言えません!
公式サイト:https://www.toureiffel.paris/jp
入場料: 2階までのエレベーター券€16.30、サミットまでは€25.50
gettyimages (33206)

エッフェル塔があるのがセーヌ川のほとり。この写真では塔はセーヌ川から少し離れた所に見えますが、パリの町を紆余曲折しながら流れているセーヌ川の川岸は「パリのセーヌ川」として世界遺産に登録されています。エッフェル塔はその構成資産の一つ。セーヌ川ではクルーズができるので、ぜひ船上からパリの世界遺産を楽しんでください。
参考サイト: https://www.veltra.com/jp/europe/france/ctg/4236:Seine_River_Cruises/
クルーズ料金:食事付のクルーズでは€60~180、コースや食事の種類により異なる

濃いピンクの八重桜が映えるノートルダム大聖堂

12世紀後半に建てられたノートルダム大聖堂も「パリのセーヌ川」の構成資産の一つです。パリを訪ねるときには絶対見逃したくないランドマークですね。大聖堂の南側のバラ窓近くに八重桜が植えられていて古めかしい厳かな建物に濃いピンクの桜が良く映えます。
ノートルダム大聖堂の見学は無料。ただし屋上の塔に登るには見学料€10が必要です。素晴らしい彫刻やステンドグラスなど見所が多いのでぜひ見学していってください。
参考サイト:https://jams-parisfrance.com/info/cathedralenotredameparis/
入場料:無料、屋上の塔の見学のみ€10

緑の芝生に春の花が美しいルクセンブルグガーデンズ

ルクセンブルグガーデンズは1612年に作られたパリ6区にある公園です。庭園内にあるルクセンブルグ宮殿はフランスの上院(元老院)の議事堂になっています。この庭園には緑の芝生を囲むように花壇が作られていて、春になると様々な花が咲き誇ります。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

アートは、見るだけでなく参加もできる時代です。鑑賞者が作品制作に関わった参加型アート作品が全国のアートプロジェクトで増えています。国際的な公募展では一般審査とは別に、お金を払ってインターネット投票で審査に参加できる「賞」が新設されました。
富裕層予備軍の特徴は?日常生活の中で分かる3つの習慣

富裕層予備軍の特徴は?日常生活の中で分かる3つの習慣

将来お金持ちになる若き富裕層予備軍。彼らの特徴を、ビジネスシーン以外で3つあげてみます。オーラやカリスマ性といった曖昧な特徴は省き、日常的で分かりやすい事例に絞りました。あなたやあなたの周囲の人に当てはめてみてはいかがでしょう?
ショッピングで心身ともに健康になる科学的な理由とは

ショッピングで心身ともに健康になる科学的な理由とは

ショッピングは気分を高揚させてくれる一方で、散財してしまったという罪悪感にも悩まされるもの。 ところが、科学的にもショッピングには健康に寄与するさまざまな効能があることが証明されました。なぜ、ショッピングが健康に良いのでしょうか
サブスクリプション300%の急成長!人気の理由と利用者のデメリット

サブスクリプション300%の急成長!人気の理由と利用者のデメリット

最近、よく聞くサブスクリプションサービス、これは定額制サービスのことです。 毎月決まった金額を支払い、一定のサービスが受けられるこのサブスクリプションサービスが急成長しています。
ペット医療はもはや人間並み?高度な医療体制で起こる問題とは

ペット医療はもはや人間並み?高度な医療体制で起こる問題とは

世界第2位のペット大国日本には、ペットのための総合医療機関も、救急車もドクターカーも救急救命センターもあります。ペット用のサプリメントやコンタクトレンズの商戦も盛んです。しかしその陰で飼い主は、ペットの命に向き合う重大な選択にも迫られます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT