2019年3月14日 更新

花の都パリで桜を楽しむ 春におすすめの観光スポット5選

フランスのパリで桜が見れることを知っていますか?パリの桜の見頃は、日本に比べて少し遅い4月の中旬頃だとか。今年の春は、パリで世界遺産と春の風景を満喫してみませんか。そんなパリの春を楽しめるおすすめスポット5つを春の風景写真と共にご紹介します。

2019.3.14

パリのシンボルエッフェル塔とセーヌ川

gettyimages (33205)

パリのシンボル「エッフェル塔」の近くにも桜が植えられています。エッフェル塔は今では世界中の人から愛されるパリのランドマークですが、建設当時はそれまでのパリの景観を損なうという理由で嫌われたそうです。その一人が作家であり詩人であったモーパッサン。エッフェル塔を見なくてすむように毎日塔のレストランで食事をしたという話は有名ですね。でもエッフェル塔、やっぱりきれいですね。特に桜を入れた風景は何とも言えません!
公式サイト:https://www.toureiffel.paris/jp
入場料: 2階までのエレベーター券€16.30、サミットまでは€25.50
gettyimages (33206)

エッフェル塔があるのがセーヌ川のほとり。この写真では塔はセーヌ川から少し離れた所に見えますが、パリの町を紆余曲折しながら流れているセーヌ川の川岸は「パリのセーヌ川」として世界遺産に登録されています。エッフェル塔はその構成資産の一つ。セーヌ川ではクルーズができるので、ぜひ船上からパリの世界遺産を楽しんでください。
参考サイト: https://www.veltra.com/jp/europe/france/ctg/4236:Seine_River_Cruises/
クルーズ料金:食事付のクルーズでは€60~180、コースや食事の種類により異なる

濃いピンクの八重桜が映えるノートルダム大聖堂

12世紀後半に建てられたノートルダム大聖堂も「パリのセーヌ川」の構成資産の一つです。パリを訪ねるときには絶対見逃したくないランドマークですね。大聖堂の南側のバラ窓近くに八重桜が植えられていて古めかしい厳かな建物に濃いピンクの桜が良く映えます。
ノートルダム大聖堂の見学は無料。ただし屋上の塔に登るには見学料€10が必要です。素晴らしい彫刻やステンドグラスなど見所が多いのでぜひ見学していってください。
参考サイト:https://jams-parisfrance.com/info/cathedralenotredameparis/
入場料:無料、屋上の塔の見学のみ€10

緑の芝生に春の花が美しいルクセンブルグガーデンズ

ルクセンブルグガーデンズは1612年に作られたパリ6区にある公園です。庭園内にあるルクセンブルグ宮殿はフランスの上院(元老院)の議事堂になっています。この庭園には緑の芝生を囲むように花壇が作られていて、春になると様々な花が咲き誇ります。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

旅にまつわる名言は多くあります。人生を旅に例えれば、生きてきて感じたことや思うことが凝縮されるからです。今回はそんな旅にまつわる名言を7つご紹介します。読めば視野を広げるために旅に出たくなったり、仕事の活力を与えてくれたりすることでしょう。
豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

雄大な自然と絶景で知られる「カナディアンロッキー」。今度の夏のお休みに、このカナダの世界遺産に出かけてみるのはどうでしょう。それにはバンクーバーから出発する豪華列車の旅がおすすめです。美しい公園のあるバンクーバーもあわせ、観光の見どころをご紹介します。
結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局のところ、幸せとは何なのでしょうか。憧れの企業に就職したり、世間より多い年収を提示されたりすれば、幸せを感じる人がほとんどですね。それでも、その幸せな気持ちは長続きしません。最近の研究では、自分で幸せをコントロール可能なことが分かってきました。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

「美術作品を自分の思うままに楽みましょう。」 「美術館で、本物の迫力や繊細さをじっくり味わってみてください」 ・・・と毎回力強くお勧めし、それはもちろん心からの思いではありますが、実際に“美術館に行く”って、結構いろいろな選択ハードルがあるのですよね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT