2019年3月14日 更新

花の都パリで桜を楽しむ 春におすすめの観光スポット5選

フランスのパリで桜が見れることを知っていますか?パリの桜の見頃は、日本に比べて少し遅い4月の中旬頃だとか。今年の春は、パリで世界遺産と春の風景を満喫してみませんか。そんなパリの春を楽しめるおすすめスポット5つを春の風景写真と共にご紹介します。

2019.3.14

パリのシンボルエッフェル塔とセーヌ川

gettyimages (33205)

パリのシンボル「エッフェル塔」の近くにも桜が植えられています。エッフェル塔は今では世界中の人から愛されるパリのランドマークですが、建設当時はそれまでのパリの景観を損なうという理由で嫌われたそうです。その一人が作家であり詩人であったモーパッサン。エッフェル塔を見なくてすむように毎日塔のレストランで食事をしたという話は有名ですね。でもエッフェル塔、やっぱりきれいですね。特に桜を入れた風景は何とも言えません!
公式サイト:https://www.toureiffel.paris/jp
入場料: 2階までのエレベーター券€16.30、サミットまでは€25.50
gettyimages (33206)

エッフェル塔があるのがセーヌ川のほとり。この写真では塔はセーヌ川から少し離れた所に見えますが、パリの町を紆余曲折しながら流れているセーヌ川の川岸は「パリのセーヌ川」として世界遺産に登録されています。エッフェル塔はその構成資産の一つ。セーヌ川ではクルーズができるので、ぜひ船上からパリの世界遺産を楽しんでください。
参考サイト: https://www.veltra.com/jp/europe/france/ctg/4236:Seine_River_Cruises/
クルーズ料金:食事付のクルーズでは€60~180、コースや食事の種類により異なる

濃いピンクの八重桜が映えるノートルダム大聖堂

12世紀後半に建てられたノートルダム大聖堂も「パリのセーヌ川」の構成資産の一つです。パリを訪ねるときには絶対見逃したくないランドマークですね。大聖堂の南側のバラ窓近くに八重桜が植えられていて古めかしい厳かな建物に濃いピンクの桜が良く映えます。
ノートルダム大聖堂の見学は無料。ただし屋上の塔に登るには見学料€10が必要です。素晴らしい彫刻やステンドグラスなど見所が多いのでぜひ見学していってください。
参考サイト:https://jams-parisfrance.com/info/cathedralenotredameparis/
入場料:無料、屋上の塔の見学のみ€10

緑の芝生に春の花が美しいルクセンブルグガーデンズ

ルクセンブルグガーデンズは1612年に作られたパリ6区にある公園です。庭園内にあるルクセンブルグ宮殿はフランスの上院(元老院)の議事堂になっています。この庭園には緑の芝生を囲むように花壇が作られていて、春になると様々な花が咲き誇ります。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「できた。」のつぶやきを増やせば未来を変えられる。

「できた。」のつぶやきを増やせば未来を変えられる。

「よし!できた。」とパソンコの前で小さく呟きパソンコを閉じる。事務処理が本当に苦手で、経理や提出書類の作成が終わると、ほっとします。
おとな女性の「女カースト」実像と虚像

おとな女性の「女カースト」実像と虚像

遠い昔に授業で習った「カースト」。その言葉を再び聞いたのは、同僚の娘さんが通う女子高での話。
 思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

ネットで情報が溢れる時代に、本を読む意義はどこにあるのでしょうか。思考力を深めつつ、豊かに人生観を身につけることができる読書の仕方を知りたいものです。
近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は「芸術家の試行錯誤を追体験してみよう」です
高血圧対策におすすめのエクササイズ 症状別に4つ解説

高血圧対策におすすめのエクササイズ 症状別に4つ解説

血圧が高めの時に「頭痛を感じる」「体が重くなる」「ふらつく」などの症状があらわれることはありませんか?このような時はエクササイズをすることで、症状を軽くするのと同時に血圧対策も行うことができます。そこで今回は、 症状別の高血圧対策を解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT