2019年3月14日 更新

花の都パリで桜を楽しむ 春におすすめの観光スポット5選

フランスのパリで桜が見れることを知っていますか?パリの桜の見頃は、日本に比べて少し遅い4月の中旬頃だとか。今年の春は、パリで世界遺産と春の風景を満喫してみませんか。そんなパリの春を楽しめるおすすめスポット5つを春の風景写真と共にご紹介します。

25ヘクタールの広さを持つルクセンブルグガーデンはパリ市民の憩いの場であり、また観光スポットにもなっています。園内には100以上の彫像を初め記念碑や噴水が作られています。
参考サイト:http://www.hitoriparis.com/kanko/luxembourg.html

日本風のお花見のできるソー公園

ソー公園の桜(Blooming cherry trees in Parc de Sceaux)By Dinkum - Own work, CC0,
https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=14871091
パリの近郊にあるソー公園はパリで日本的な花見のできる場所です。200haの広大な広さのあるこの公園には100本以上の八重桜が植えられています。満開の頃にはパリ在住の日本人がお花見をするのに集まってくるそうです。
ソー公園には「グラン・カナル」と呼ばれる人工の池が南北に作られています。たくさんの木に囲まれたこの池は静かな水を湛え、ゆっくりとした時間を過ごすのにぴったりな所です。
参考サイト: http://hermes.sbbt.co.jp/paris1/sightseeing/parc-de-sceaux

日本の風景に出会えるモネのガーデン

gettyimages (32277)

「ジヴェルニー モネのガーデン」はパリから80kmほど西に行ったジヴェルニーにあります。このガーデンは印象派の画家モネが作り上げた庭園ですが、亡くなった後も関係者により維持され一般に公開されています。4月だと睡蓮の花がまだ満開ではないのですが(満開は5月上旬)パリに花を見に行って少し時間的に余裕があったらぜひおすすめしたいスポットです。
モネはこの美しい庭園を作っただけでなくその風景をいくつかの絵として残しました。中でも有名なのが「睡蓮の池と日本の橋」。ちょうど上の写真の風景を絵にしたものです。

モネは19世紀後半にフランスを風靡したジャポニスム(日本趣味)の影響を受けてこのような庭を作りそれを絵にしたと言われています。確かに睡蓮といい橋の形といい柳といい日本の庭のように見えますね! Water Lilies and Japanese Bridge https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Water-Lilies-and-Japanese-Bridge-(1897-1899)-Monet.jpg
gettyimages (33208)

ガーデンにはもちろんその他にもたくさんの種類の花が植えてあります。敷地内にはモネの家も残っていて庭園にアクセントを与えてくれます。ぜひ春の花をゆっくり楽しんでください。

公式サイト:http://giverny.org/gardens/fcm/visitgb.htm
入場料:€10.50
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

もうすぐ始まる梅雨の季節。こんな季節には雨を逃れて海外に脱出するのはどうでしょう。アメリカネバダ州の砂漠の中にある「ラスベガス」では、カジノだけでなく、テーマホテルやナイトショーなど、ゴージャスな観光が楽しめます。そんなラスベガス観光の見どころをご紹介します。
東京駅の隣にある「驚異の部屋」。レトロモダンな博物館を楽しもう

東京駅の隣にある「驚異の部屋」。レトロモダンな博物館を楽しもう

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は趣向を変えて、「博物館」です。
人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

なかなか気分が上がらないとき、きっかけになる好きなモノがあれば、もっとスムーズに実行できそうです。身の回りにあるモノにこだわりを持つだけで、少しモチベーションが上がるのだとしたら、私たちはもっとモノ選びにこだわる必要があるでしょう 堀口英剛著『人生を変えるモノ選びのルール』 より、ミニマリストではなく「モノマリスト」という、ときめくモノに囲まれて生きるあり方をご紹介します。
騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

SNSが日常風景となった今、私たちはフェイクニュース問題に直面しています。偽情報は思わぬところに顔を出すもの。自分は偽情報には惑わされないと感じている人ほど注意が必要です。災害の時など、情報に振り回されないよう、フェイクニュースの実態を把握しておきましょう。
参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

アートは、見るだけでなく参加もできる時代です。鑑賞者が作品制作に関わった参加型アート作品が全国のアートプロジェクトで増えています。国際的な公募展では一般審査とは別に、お金を払ってインターネット投票で審査に参加できる「賞」が新設されました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT