2019年5月21日 更新

頑固な肩こりをスッキリ改善!スキマ時間にできる集中エクササイズ

マッサージをしてもらってもすぐに肩がこる、デスクワーク中に肩が張って辛い…そんな頑固な肩こりで悩んでいる人はたいへん多いです。そこで今回は、 なかなか改善しない頑固な肩こりを解消するための集中エクササイズについて解説していきます。

gettyimages (38337)

2019.5.21

まずは肩こりの原因を取り除く

エクササイズの前に、肩こりの原因になることを取り除くことが大切です。肩がこる原因を多く抱えているほど、対策をしても効果があらわれにくくなるためです。そのため、次の項目に当てはまるかどうかチェックしてみてください。
gettyimages (38338)

・デスクワークが多い
・腕を動かす機会が少ない
・いつも姿勢が悪い
・体が硬い
・緊張している時間が長い
・体が冷えやすい
・カフェインを多くとっている
・体脂肪率が高い
これらの中で、まずは改善しやすい原因から取り除きましょう。たとえば、飲み物をコーヒーからミネラルウォーターに替える、必要な物を少し高い位置に置いて取る時に腕を動かすようにするなど、すぐに改善できることがおすすめです。その他の項目も、できるだけ取り除くようにしましょう。
次からは、肩こり改善のためのエクササイズを説明します。イスやソファーに座ったままでも、直立した状態でもできる方法です。肩に力を入れず、リラックスした状態で行いましょう。

背中をストレッチして肩への血流を増やす

エクササイズの最初は、背中のストレッチを行いましょう。背中は肩こりと関係ないように思うかもしれません。しかし、背中は肩の三角筋につながる僧帽筋や広背筋のある部位のため、十分にストレッチすることで血流改善の土台となります。
gettyimages (38330)

やり方は、まず両手を真上にあげます。次に、右手首を左手で持ち、上体ごと左斜め前に倒してください。横でも前でもなく、斜め前に倒すことが重要です。背中の右半分が伸びているのを感じながら、ゆっくりストレッチしましょう。上体を倒す際にゆっくり息を吐き、倒しきったところで通常の呼吸に戻して15~20秒キープしてください。持つ手を逆にして、反対側も同様に行いましょう。

ワキ周辺の血流を良くする

ワキの下で血流が滞っていることも多いため、ワキや肩甲骨周辺の筋肉もほぐしましょう。
gettyimages (38342)

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

完全食で食事時間を節約!日本のCOMPとAll-in PASTA

完全食で食事時間を節約!日本のCOMPとAll-in PASTA

今、完全食が話題です。これまでは、メインの食事に付け加える形の栄養補助食品が主流でした。これに対して、完全食(完全栄養食)とはそれだけで1日分の栄養をまかなえるというもの。完全食ソイレントの今と、日本のCOMPやAll-in PASTAを紹介します。
腕を太くする筋トレ2種 自宅で効率的に筋肉トレーニング

腕を太くする筋トレ2種 自宅で効率的に筋肉トレーニング

「腕だけが細い」「筋トレしても腕が太くならない」このような悩みを持っていませんか?腕に筋肉をつけるためには、筋肉の質や構造に合ったトレーニングをしなければいけません。そこで今回は、たった2種目で器具を使わずに腕を太くする方法を解説していきます。
効率的に痩せる!忙しい人におすすめショートサーキットトレーニングとは

効率的に痩せる!忙しい人におすすめショートサーキットトレーニングとは

ジョギングや筋トレは、ダイエットに効果的な運動です。しかし、「時間が取れない」「ジム通いが面倒」などの理由で続かない人も少なくありません。そこで今回は、有酸素運動と筋トレを同時に行うことができる「ショートサーキットトレーニング」について解説していきます。
お金持ちはこう考える「髭剃りの時間が無駄→髭を永久脱毛する」

お金持ちはこう考える「髭剃りの時間が無駄→髭を永久脱毛する」

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんのこづかいは減らすな』より特別編集編をお届けします。
夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏は、食欲が落ちる、やる気が出ないなど、夏バテの症状で悩む人が増える季節です。この時期に体を動かすと余計にひどくなると思われがちですが、夏バテ対策には運動がおすすめです。今回は、スタミナアップで夏バテに負けない運動について解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座