2018年5月15日 更新

〈澤田秀雄〉留学中に世界50カ国を旅行。旅費のために始めたビジネスがH.I.S.創業の原点に

「株式会社エイチ・アイ・エス」「現・スカイマーク株式会社」の創業、テーマパーク「ハウステンボス」の再建、 「変なホテル」の開業など、次々に新しい事業を立ち上げ成功を収めてきた澤田秀雄さん。 澤田社長の新しい発想力や行動力はどこから来るのでしょうか。 生き方や考え方 についてお話をお聞きしました。

 (13957)

2018.5.5

留学中にはじめた出張者や団体観光客向けのナイトツアーが転機に

STAGE編集部:どんな学生時代を過ごされましたか?
高校生の時に紀伊半島を自転車で旅行したり、北海道を全部回ったり、大学生の頃はヨーロッパで4年半勉強してヨーロッパから全世界を50カ国旅行したり、見たことないもの、知らないものを見たり聞いたり触れたりすることがとても好きでした。
STAGE編集部:なぜ留学先をヨーロッパに決めたのですか?
理由が2つあって、1つは学生時代の北海道旅行。旅行された方はわかると思うけど、北海道をバスを使って陸路で行くととても広いですよね。
その横に北海道よりもっと大きなシベリア大陸とヨーロッパがありましたから、是非行ってみたいと思いました。

2つ目は当時大学紛争があって、大学があまり勉強できるような状態じゃなかったんですね。今では信じられないと思いますけど、みんなゲバ棒を持っていて。(笑)
それで、海外で勉強しようと決めました。
STAGE編集部:ヨーロッパの中でも、留学先をドイツに選んだ理由を教えてください。
当時の学生は、英語圏で留学しやすい、アメリカとかイギリスに留学するんですけど、僕はちょっと変わってまして、ドイツはヨーロッパのど真ん中にあるのでヨーロッパを旅行しやすいと思ったことと、昔、ドイツはヨーロッパで最も経済が発展していたこともあり、日本と非常に似てると思ったことが理由です。
 (13956)

STAGE編集部:留学中にビジネスを始めたそうですね。エピソードを教えてください。
最初は通訳ガイドをやってました。ドイツでは、メッセ(独: Messe)という見本市があるので、そこで通訳していると、夜どこか案内してほしいとかよく言われますから、じゃあ自分らで組んでやればいいんじゃないかと思って始めました。

企画したのがフランクフルトの夜のナイトツアーですね。ドイツ語ですから皆さん、いろんなところに遊びに行きたくても非常にわかりづらいので、じゃあセットにしてドイツのビール飲んで、生演奏が入ってるところへ行って、それからショーを見に行ったり、ツアーを組んで募集したら結構集まりましてですね。

1人で行こうと思っても、ドイツ語だからわかりづらいですからね。
どこに店があるとかショーがあるかわからないので、それをちょっとアレンジして、パッケージにしてそれで企画したら結構売れました。

僕らが選んだ店ですから楽しい事も分かっています。お客さんも喜んでいただいて、手伝ってくれる方もいいアルバイト代になって「三方良し」となったわけです。
STAGE編集部:そのツアーの同行や通訳も澤田社長が全部されたのですか?
最初企画するときはしましたけど、あとは留学している大学生さんがいっぱいいますから、その学生さんにガイドしてもらって。お客さんを集めるのはホテルのフロントマネージャーに頼みました。

するとフロントマネージャーは例えば当時1万円くらいでツアーを売ってましたから、10%返してあげたら1日20人集めると、20日間くらいで自分の給料が30万前後になっちゃうから、喜んで配ってくれました。

学生さんもお金を稼ぐところがないので、1回3時間か4時間くらいの案内で1万円とかもらえると、小遣い稼ぎなりますから。夏休みや春休みに旅行するための、旅費を稼ごうと思って始めたことなので、その間僕は旅行しますけど。(笑)それで100万200万稼ぎました。当時ですからね。
 (13962)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

70万PVブログ記事「子育てを大変だと感じる本当の理由」のLICOさんに聞く身近な人と良い関係を築く方法

70万PVブログ記事「子育てを大変だと感じる本当の理由」のLICOさんに聞く身近な人と良い関係を築く方法

記事が70万超えでシェアされる人気ママブロガーのLICOさん。3人の子育てをしながら、ブログ更新、本の執筆、講演と多忙な日々を送ります。そんなLICOさんの子どもとの付き合い方は、それは私たちビジネスパーソンの人間関係作りにも大切なことだと気づかされます。子育てと仕事をしなやかに両立させているママからのメッセージをお届けします。
〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

東大卒ミュージシャンとして音楽活動の他、クイズタレント・コメンテーターとしても活躍するグローバーさん。実は彼は苦労して入った東大を中退し、ミュージシャンの道を選んだという過去が…。その後、再び大学に戻り無事卒業。時を同じくして、立ちはだかっていた壁が崩れ、新たな道が開けたと言います。少し遠回りをしたことで見えたグローバーさんの人生観とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座