2018年9月21日 更新

「いつかは住みたい」ホーチミンでの生活費

日本からアクセスの良い東南アジア諸国の中でも、新興国として注目を浴びているのがベトナムです。特に、東南部に位置するホーチミンは、経済を牽引する国内最大の都市として、アジアでも有数の賑わいを見せています。

gettyimages (21639)

2018.9.21
市内では、熱帯気候の南国ならではの開放的な雰囲気を味わいつつも、フランス統治時代の趣ある建築を楽しむこともでき、その街並みは「東洋のパリ」とも称されています。
そんなホーチミンの魅力に惹かれ、将来 移住を検討している方のために、実際に暮らす上で必要な生活費などを紹介します。1か月あたり一体どのくらいのお金があればよいのか? 日本の暮らしとどんな点が異なるのか?今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1円=200ドン (VDN)として計算)

「Grab」を利用してスマートに移動

gettyimages (21651)

ベトナムを語る上で外せないのが“バイク社会”です。日本と違い、電車や地下鉄が発展していないこともあり、国民のバイク保有率は8割を超えています。人口約800万人を抱えるホーチミンとなると、道に溢れるバイクの台数は凄まじく、道路の至る所でクラクションの音が鳴り響いています。
現地でのバイクの価格は、1台・2,000万ドン前後(約10万円)で、中古車となるとその半額程度で購入することができます。日本のメーカーは特に人気が高く、車種によっては相場の1.5〜2倍程する場合もあります。
1度購入してしまえば利便性・節約の面からメリットはありますが、慣れないうちは、日本との交通環境の違いに戸惑うこともあるかもしれません。そのため、ホーチミン在住の日本人でも、運転が苦手/在住したばかりの場合は、タクシーを交通手段とする人も多くいます。
市内には、いわゆる“ぼったくり”をするタクシーも走っている中、最も安心できるとされているのが、シンガポールの企業がサービスを提供する「Grab」です。

これは、スマホアプリに登録して場所を入力すると、付近にいる登録車を呼べるシステムとなっていて、料金はメーター通りの支払いとなります。Googleマップやキャッシュレスの支払いにも対応していて、ドライバーに遠回りをされたり、強引な価格交渉をされたりする心配もありません。その分、流しのタクシーに乗るより料金は安く、市内であれば、4万ドン(約200円)もあれば、十分移動ができてしまいます。

インスタント麺は約20円

gettyimages (21654)

食費が安いイメージのある東南アジアの都市ですが、ここホーチミンでも、大衆的な食堂や屋台に行けば、イメージと違わず格安で料理を提供してくれます。例えば、日本でも有名なバインミーは約1万ドン(50円)、フォーは約4万ドン(200円)が相場で、夜にお腹いっぱい飲み食いをしても1人当たりの予算は30万ドン(1500円)程度あれば困ることはないでしょう。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。
「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

アフリカ東部、赤道直下に位置するケニア。広大なサバンナや、ライオンやゾウといった野生動物など、日本では決して味わえない魅力がつまった国です。一方でケニアは、アフリカ経済の中心地としての側面も持っており、近年では首都・ナイロビを筆頭に多くの多国籍企業などが進出しています。少子高齢化の日本とは反対に“若年人口”が圧倒的に多く、将来的な消費・生産力の拡大も一層期待されています。
「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

ユーラシア大陸最西端に位置するポルトガルは、日本が古くから交流を持った西洋の国です。その関係は1543年にポルトガル人が種子島に漂着した時にまで遡り、2010年には修好通商条約締結150周年を迎えるなど、友好な関係が続いています。
「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

日本から直行便も出ているスイスのチューリッヒは、銀行や証券会社などが集まる世界有数の金融都市です。さらに、文化・芸術の中心地でもあり、大都市でありながら湖などの豊かな自然が望めることも、大きな魅力として知られています。 この様な点からも「住みたい都市」「生活の質が高い都市」といったランキングでも常に上位に名が挙げられており、憧れを抱いたことがある方も多いのではないでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部