2019年7月11日 更新

突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

入社したばかりの若者が早々に退職してしまい、困り果てているという話を耳にする時期です。少し注意しただけなのにパワハラだと言われたり、頑張っているように見えたのに突然会社に来なくなったり。 平賀充記著『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』 より、現代の若者に対して無駄に気を使うことなく、円滑にマネジメントするための考え方をご紹介します。

gettyimages (41629)

2019.7.9

オトナを悩ませる現代の若者たち

若い人材が売り手市場の今、若者は躊躇なく離職します。20代で4社目5社目という人も珍しくありません。そんな若者に職場のオトナは振り回されるばかりです。
3ページより引用
アルバイト・パートを中心とした働き方を研究するシンクタンク、ツナグ働き方研究所所長を務める著者。同志社大学卒業後、株式会社リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)に入社し、求人メディアの編集長を歴任しながら、時代ごとに違う若者の価値観に触れてきました。
本著は、「職場の若者」にフォーカスして現場目線で「なぜ最近の若者は突然辞めるのか」という疑問に迫っています。
パワハラ、メンタルヘルス、ブラック企業などといった言葉が長らくメディアを賑わせています。かつて自分たちが受けてきた指導法は、今となってはまったく通用しないものです。ちょっと厳しく指導したら想像以上に部下が傷ついてしまったり、仕事を頼んでもどうすればいいんですかと考える間もなく答えを聞いてきたり。逆に「デキるやつほど、あっさり辞める」、といった傾向もあるのだと著者はいいます。
そんな若者の心には、いくつかの特性やキーワードがあるのだとか。彼ら彼女らが持つ常識や価値観は、オトナの社会人が持つものとは相当違うよう。その違いを知っておくだけでも、マネジメント層のストレスは少し緩和されそうです。
gettyimages (41636)

時間を奪うというハラスメント

そこで、SNS社会にすむ若者の特性を大きく4つに分類してみました。「過剰忖度」「相対的自意識」「ヨコ社会」「イミ漬け」「時間価値」
76ページより引用
そもそも、「今時の若いやつは」といった議論は、どんな時代にも存在してきました。人は誰しも年齢を重ねるほど、自分の人生経験という一定の枠組みにとらわれてしまうものなのかもしれません。
団塊の世代、バブル世代などといった呼称がかつてありましたが、戦後最大の世代間ギャップが昭和46〜56年生まれのポスト団塊世代と昭和64〜平成16年生まれのゆとり世代の間にあるのだと著者はいいます。教育だけの問題ではなく、景況感が一番の大きな原因。さらに、デジタルリテリシーの違いは相当なものでしょう。
生活基盤のデフォルトがオンラインなのかオフラインなのか。現代の若者は閉じられたリアル社会ではなく、解放されたSNS社会の中で仲間を見つけてそこを住み家としているのだといいます。早くからスマホを手にして人間関係を築いてきた若者たち。SNS的コミュニケーションの取り方を踏まえておく必要がありそうです。
そんなSNS社会に住む若者の特性は、さらに細分化されるようです。そのうちの一つである「時間価値」とは、時間に対して価値を見出す考え方です。つまり、時間を奪われること自体がハラスメントに通じるということ。何十分も説教することは時間を奪うというハラスメントになり得るということを知っておかなくてはなりません。
そして、たくさんのフォロワーとつながり、いくつものコミュニティに所属して動いている若者は、どうやって時間を生み出していくかというタイムパフオーマンスを追求しているといえます。
いずれにせよ、残業時間が削減されている現代において、人の時間を無意識のうちに費やしてしまうことがないように、マネジメント層は気をつけていかなくてはなりません。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【年収1億円超のお金持ちの習慣】大切にすべきは 「相手の家族」

【年収1億円超のお金持ちの習慣】大切にすべきは 「相手の家族」

お金持ちはビジネスや投資の天才というだけではなく、相手の心をつかんで離さない人心掌握術を心得た人物です。 この記事では、お金持ちが大切にしているプレゼントの習慣を、黒坂岳央 著 「年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣」よりご紹介します。
令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方

働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方

働き方についてのあり方が問われている現代。私たちはどういう思考を持って、労働やお金と向き合っていけば良いのでしょうか。遠藤洋著『働きたくないけどお金は欲しい』より、変化する時代において新たな価値を見出していく考え方をご紹介します。
利害関係のある人に流されてはダメ

利害関係のある人に流されてはダメ

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
問題解決力を高めるために必要な「問題設定力」とは

問題解決力を高めるために必要な「問題設定力」とは

私たちを取り巻く環境は、ますます複雑になってきています。さまざまな現象が起きたときに、その問題の本質を正しく見抜いて、解決に向かう一番効果的な方法を見つけ出す力は、必須スキルであるといえるでしょう。 苅野進著『考える力とは、問題をシンプルにすることである。』 より、問題設定力を高めるために大事な考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ