2017年12月6日 更新

「目玉になるような商品を作らなきゃダメだ」第10章[第20話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

gettyimages (5373)

2017.11.17
 僕らは、ひとつのプロジェクトに向けたチームとして、だんだんまとまってきました。葉山が新しくチームに加入して、僕らが新たに調べ始めたのが、同業他社です。世の中には色々なおにぎり屋があります。沢山のおにぎり屋を見て回りました。もちろん味も含めてすべてチェックしました。いわゆるターミナル駅構内にあるおにぎり屋から、移動販売しているおにぎり屋まで。
 まず、おにぎりを買うのはどういう客層か?
 それを知るためにお店の前で、どんなお客が来るのか朝から晩までひたすら観察に没頭しました。まずターミナル駅構内にあるおにぎり屋の場合は、客層の多くはOLで、お昼のお弁当代わりに、出勤前に買っていくパターンが半分を占めていました。そういったお店のおにぎりは、一個売りからだいたいやっていましたね。カロリーを気にする女性にとって、丁度いいランチになるようにと配慮されていました。だいたい一個一五〇円くらいが平均単価で、お客の購買単価は平均して三〇〇円でした。
 新幹線の駅があるようなもっと大きなお店では、客層が少し違いました。出張で新幹線を利用するサラリーマンがお客の大半で、少し豪華なおにぎりも多くて、一個二〇〇円くらいのものがよく売れていました。
 おかずもセット売りしてるお店がほとんどで、だいたいおにぎり二、三個とおかずのセットがよく売れていて、購買平均単価は八〇〇円でした。
 駅構内ではない、商店街にあるような路面店も見て回りました。商店街にあるおにぎり屋は、本業の片手間にやっているようなお店も多く、それに自宅を店舗にしているせいか、商売の規模としても細々とやっているお店がほとんどでした。
 商店街ではむしろおにぎり屋じゃないもの、たとえば高級ハンバーガーチェーンなどの方が、自分たちのやりたいお店のイメージに近い感じがしましたね。高級ハンバーガーチェーンでは、激安のお店とどういう点で差別化をしているか、を参考にしましたね。差別化については、料理人の葉山が材料をこだわるべきです、と進言してきました。
「高級ハンバーガーチェーンは、やはり食材はいいものを使っています。高級おにぎりであれば、具材はもちろんのこと、米とそれを炊く水にもこだわるべきです。最初は一店舗のみですから、できることは、何でもやってみましょう」
「そうだな。あとは炊き方にもこだわった方がいいだろう」
「おいおい 、釜なんて用意できないから、そこは最新の炊飯器でいいんじゃないか?他の店でも味を再現できることを念頭に置かなきゃ」
thinkstock (5392)

 その後、食材については、葉山に一任しました。その方が彼のやる気にもつながると考えたからです。予想コストを考えた協議の結果、高級ブランド米を使い、米を炊く水にもこだわることができました。目指した単価は二五〇円です。ヘルシーフードとしての玄米も準備しました。
 高級おにぎりでいくためには、やはり、こだわりで勝負することにしたのです。
 僕らは、リサーチとメニュー作りに奔走して、毎日ヘトヘトになりながらも、一歩ずつ前進していました。足を棒のようにしながら歩き回って、わかることも多かったです。
 そうして決めた僕らのお店のキャッチコピーは、次の通りです。
“おむすびは、日本古来の縁むすび。
食べる健康。選べる楽しみ。あたたまる美味しさ。“
   *
gettyimages (5398)

「いいね」
 老人がそれは面白い! と膝を打った。
「ありがとうございます!」
 僕は、お店に立っていたときと同じように元気よく返事をした。
「ひょっとしたら、この頃が一番楽しかったかもしれません。銀行も辞めていたので、退職金を削りながらの生活でしたが……」
「器が中身を決めるからね。そこに時間をかけるのは大事だよ」
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
「私の遺言だと思って聞いて欲しい」第17章[第38話]最終回

「私の遺言だと思って聞いて欲しい」第17章[第38話]最終回

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「お金に支配されて周りが見えなくなっていたという意味を初めて理解した」第17章[第37話]

「お金に支配されて周りが見えなくなっていたという意味を初めて理解した」第17章[第37話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「私たちがそれぞれわがままだった」第17章[第36話]

「私たちがそれぞれわがままだった」第17章[第36話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「貧乏人も金持ちも関係ない。だから今すぐ走るんだ!」第17章[第35話]

「貧乏人も金持ちも関係ない。だから今すぐ走るんだ!」第17章[第35話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人
お金の教養講座