2019年7月4日 更新

ネスレやポケモンが参入!「睡眠改善」に注目する企業の取組み

『ポケモンスリープ』を始め「睡眠」をキーワードとした企業が注目を浴びています。 睡眠不足は個人の健康リスクだけではなく、社会的な経済損失が15兆円にもなると言われています。そんな有害だらけの睡眠不足を真剣に取り組む時期がやってきたようです。

gettyimages (41418)

2019.7.4

睡眠をとるとご褒美がもらえる!

睡眠不足は健康に有害であるという個人的な問題だけではなく、雇用する企業の生産性にも悪影響を与えるということが問題視されるようになりました。
gettyimages (41429)

世界的に「Sleep Debt (睡眠負債)」と言う言葉が出回るようになり、企業が社員の睡眠不足を懸念し始めた今、2018年10月に墨田区にある、個性的な結婚式をオーダーメイドでプロデュースする、株式会社クレイジーが「睡眠報酬制度」を日本で初めて導入しました。
その制度では、寝具メーカー、エアウィーヴが開発したアプリを使用し睡眠時間を測定し、6時間以上の睡眠を1週間のうち5日取ると500ポイント、6日間で600ポイント、7日間で1000ポイント等、ポイントを付与することで社員に十分な睡眠をとることを勧めております。100ポイントを100円分としてオフィス内の食堂やカフェで利用できるのだそうです。
クレイジーでは今回の導入により「社員が十分な睡眠をとることで集中力を高め、業務の生産性を向上させることを目指します」と説明しております。

アメリカのシンクタンク、ランド研究所が2016年に発表した研究結果によると、睡眠不足による生産性への悪影響が引き起こす日本の経済損失は1,380億ドル(約15兆円)で、それは日本GDPの 2.92%に値するのだそうです。
睡眠不足は今や個人だけの問題ではなく、深刻な社会問題となりました。今後、「働き方改革」の一環として、日本では社員の睡眠に対する企業の取り組みが益々増えていくことでしょう。

『ポケモンスリープ』が「ゲーム障害」の対策に?!

gettyimages (41457)

今、睡眠を妨げる原因の一つとして社会的問題となっているのが「ゲーム障害」です。その「ゲーム障害」をゲームで楽しくコントロールするという逆転の発想で、開発されているのが『ポケモンスリープ』です。
『ポケモンスリープ』は2019年5月に株式会社ポケモンのポケモン事業戦略発表会で2020年にリリースされることが発表されました。
『ポケモンスリープ』ではポケモンが「睡眠のエンターテイメント化」にチャレンジすると石原社長は説明しております。
ゲームプレイヤーの睡眠時間をゲームの一部とし、「寝ることが楽しみ」となるよう考慮されています。外出し、出歩くことをテーマとした大人気ゲーム『ポケモンGo』と同様に、健康的な生活パターンを提案するゲームなのです。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |
米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

アメリカ大統領選の歴史を振り返ってみると、勝利の方程式はやはり経済が好調であるということです。2020年11月の大統領選までのスケジュールから判断すれば、トランプ大統領は遅くとも直前の2020年7-9月期のGDP(速報値は10月末頃の発表予定)で3.0%以上の成長を達成し、経済が好調であることをアピールしたいところです。そこから逆算すると、6月がタイムリミットになります。
金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン