2020年2月22日 更新

「いつかは住みたい」オークランドでの生活費

ニュージーランド北島にあるオークランドは、同国最大の都市。市街地の東側と西側に海が広がる水の都です。美しい風景に恵まれたオークランドは、最近は観光地としてだけでなく、居住地としても世界的に注目を集めています。そんな魅力あふれるオークランドの生活事情をお伝えします。

gettyimages (52445)

2020.2.22

オークランドはどんな所?

gettyimages (52444)

オークランドはニュージーランド北島の最北部にある同国最大の都市です。人口は約170万人。この人口のうち40%が海外出身者です。人口密度では1㎢当り約1,500人。東京23区の人口密度が約15,000人/㎢ですから、オークランドの人口密度は東京23区の10分の1になります。
市街地の東側と西側は海に面した広水域に囲まれ発展してきました。そのため海上交通が盛ん。オークランドの3世帯の内1世帯がヨットやボートを所有しているとのこと。ヨットとボートの所有は人口比で世界一になっています。市街地の周辺には森林や公園が点在。そのため、風光明媚な街としても知られています。
gettyimages (52446)

このように美しい風景が楽しめるオークランドは観光地としてだけでなく、最近は、居住地としても世界の富裕層の注目を集める都市の一つになっています。それは南半球にあり、世界の大部分から遠く離れているために、戦争などの影響を受けにくいと考えられていることが大きな理由です。同時に、ニュージーランド最大の都市(首都はウェリントン)としてインフラが整い、快適な都市生活が送れるというメリットもあります。
さらに、海洋性気候帯に入るオークランドは、冬に雪の降る南島南部と異なり、ニュージーランドでは最も温暖な地域です。夏の最高気温は30℃を越えることが少なく、冬は5℃を下ることがほとんどありません。日照時間は年間2,060時間(東京1,921時間)。こうしたデータからみると、オークランドはかなり暮らしやすい所であることがわかります。

オークランドでの生活費

gettyimages (52552)

ではオークランドの生活費はどれくらいになっているのでしょうか。生活費の高さを世界の主要国との比較で見た場合、オークランドの生活費の高さは、455ヶ国中69位になっています。これを以前ご紹介したシアトル(水域の多い街という共通点がある)と比較してみると全体的にオークランドの方が少なく、特に住居費では37%、外食費18%、その他の食費20%と圧倒的にオークランドのほうが安くなっています。また東京との比較ではオークランドの住居費が東京よりも4%高く、外食費も20%高くなっていますが、その他の食費は20%低くなっています。
このことから、シアトルよりはずっと暮らしやすいですが、外食は東京のようにあまり気軽には楽しめないという側面が見えてきます。その代り外食以外の食費が東京よりも少ないので、家で料理を作って楽しむというような生活が適しているでしょう。

※データ提供元:NUMBEO https://www.numbeo.com/cost-of-living/compare_cities.jsp?country1=Japan&country2=New+Zealand&city1=Tokyo&city2=Auckland&tracking=getDispatchComparison

オークランドの家賃相場は?

gettyimages (52451)

生活する上で最も大きな割合を占めるのが住居費。ここではアパートに住んだ場合の月の平均家賃で見てみましょう。オークランドのアパートも一般的な西洋のアパートと同じで日本でいうマンションに当たります。

1LDK:市街地 NZ$1,876 (¥133,127) 、郊外 NZ$1,567 (¥111,210)
3LDK:市街地 NZ$3,362 (¥238,563)、 郊外 NZ$2,138 (¥194,308)

その他の費用
水道・光熱費:NZ$161.26(¥11,442)
インターネット:NZ$83.26(¥5,907)

オークランドの外食事情

gettyimages (52526)

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」トロントでの生活費

「いつかは住みたい」トロントでの生活費

カナダの南部、アメリカとの国境付近に位置するトロント。カナダでは最も人口が多く、金融の中心として発展してきました。市制が敷かれたのは19世紀に入ってからですが、それ以降、移民の移住も多く、今ではコスモポリタンの街と言われています。そんなトロントの生活についてお伝えします。
「いつかは住みたい」オックスフォードでの生活費

「いつかは住みたい」オックスフォードでの生活費

オックスフォード大学で知られるイギリスのオックスフォードは、同名州の州都。大学を中心に発展し、イギリスの歴史や伝統が残る学園都市です。そんなオックスフォードはいったいどんな所で、住んだらどれくらいの生活費が掛かるのでしょうか。
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」ヘルシンキでの生活費

「いつかは住みたい」ヘルシンキでの生活費

北欧・フィンランドの首都であり、ムーミンの生みの親である作家トーベ・ヤンソンが生まれた地でもあるヘルシンキ。北欧というと、おしゃれな家具ブランドや1日中太陽が沈まない白夜といった自然現象などが有名ですが、ヘルシンキにはそれ以外の魅力もたくさんあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT