DINKS夫婦の絶対NGワード 妻が怒る理由が分からない人必見!

共働きで意識的に子どもを持たない夫婦のことをDouble Income No Kidsの頭文字などを取ってDINKS(ディンクス)といいます。悪気はないのにあなたのその一言が相手を怒らせているかもしれません。DINKS歴10年の筆者が、働く妻の立場で解説いたします。
2019.1.31

共働き夫婦で1番の揉め事は家事分担

昨今、世間では妻の怒りを買わないためのルールが注目されています。人生100年時代を夫婦仲良く暮らすには、いくつかの決め事や工夫が必要なこともあるでしょう。特にお互いにフルタイムで働く共働き夫婦は、我が家も含めて家事分担で揉めがちです。
統計によると、家事分担は夫婦で半々が理想だという回答が最多の4割を締めたものの、現実は妻の方が多い家庭が約8割という結果が出ています。私自身を考えても、また周りの夫婦を見ても納得の結果となりました。(Honote「2018年 共働き夫婦の家事分担調査」より)
専業主婦なら家事は妻の仕事だというのも理解できますが、共働きなら平等であってほしいと願う妻は少なくありません。そんな私たち共働き妻たちが、こう言われたら嫌だというNGワードを、実体験を元にご紹介します。

DINKS妻に言ってはいけないNGワードとは

「何か手伝うことある?」

あなたは良かれと思って手伝いを申し出ているのに、相手が不機嫌になってしまったことはありませんか?共働きの場合、まず「手伝う」という認識から改めていただきたいのです。一緒に生活しているのですから、家事はあなたもやるべきことで、妻だけがやることではありません。
家事分担が夫婦できちんとされていて、妻の担当である掃除を文字通り「手伝おう」ということならいいと思います。でも毎日一緒に暮らしているのですから、できれば「お風呂を洗おうか?」と具体的な提案がほしいです。
仕事で例えるなら、あるプロジェクトの締め切りが迫っている時に、メンバーが「何か手伝うことある?」と言ったとします。申し出はありがたいですが、「君も当事者なんだから何をするべきか分かるだろう」という気持ちになりませんか?

「トイレットペーパーが無くなりそうだね」

無くなりそうだから何だというのでしょう。気が付いたのなら自分が買ってくればいいだけの話です。あなたは「無くなりそうだ」という現状を伝えただけのつもりでも、それを聞いた妻は「無くなりそうだから買ってこい」と言われているように感じます。あくまで事実を述べただけなのに、あまりに過剰な反応だと思うかもしれません。しかし、コミュニケーションは受け手側がどう捉えるかが重要です。
例えば誰かを「可愛いね」と褒めたときに、相手が嬉しいと思えばそれは褒め言葉、不快だと思ったらセクハラです。また別の例で、外出する際に、人から「外は雨が降っているよ」という事実を聞いたら、あなたは「傘を持っていこう」と考えるでしょう。人は事実のその先を想像して、言われたことを理解します。
今回のケースであればこう言い換えてください。「トイレットペーパーが無くなりそうだから週末に一緒に買いにいこう」。こう言ってもらえたら、「それなら明日私が買っておくよ」と私たちは笑顔で返すことができます。

「言ってくれたら何でもやるよ」

「何でもやるよと」と最大限の提案をしたつもりなのに、なぜ怒るのかが分からないあなたは、逆の立場を想像してみてください。新入社員を見て「最近の若者は指示待ち人間が多い!」なんて憤っている人に限って、自宅では指示待ち夫だったりします。
家事は無限にやることがあります。日常の炊事洗濯もそうですし、女性では手が届かないような高い場所の掃除など、夫だからこそできることも見渡せばたくさん溢れているのです。一緒に暮らしているのだから、当事者としてそこに自ら気がついてほしいと私たちは願っています。

「夕飯は簡単なものでいいよ」

働いてから夕食を用意するのはとても大変なことです。妻も疲れているだろうから簡単なもので構わないよと、あなたはむしろ相手を労ったつもりかもしれません。でも考えてみてください。「簡単に」というならあなたが作ったっていいはずですし、「〜でいいよ」という言葉には「妥協してやっている」感が漂います。
夫は残業しているから、その分妻が食事を作るのは当然だという意見もわかります。でも、私自身は夕食の用意をするより深夜まで残業する方が楽だと感じていますし、同じような意見の方も多いです。それでもあなたのために食事を作ってくれる人に対して、「簡単に」とか「〜でいいよ」はあまりにも悲しい発言です。

私たち妻は“分かって欲しい” 

何も家事を完璧に半分こなせと言っているのではありません。夫婦は持ちつ持たれつ、家事は得意な方、時間がある方がやればいいと思っています。でも、共働きなら半分ずつがフェアだということを忘れないでほしいし、働きながらの家事は大変だと感じながらも、私たちは仕事と家庭を両立しようと頑張っていることを知ってほしいのです。
女性は面倒臭いという言葉が聞こえてきそうですが、私たちが怒っているのは、裏を返せば愛する夫に理解されずに傷つき悲しんでいるということです。世の中の男性たちが、そんな私たちを「可愛い妻だ」と言ってくれることを願います。
★次の更新は2月28日(木)の予定です。

フクチメグミ

DINKS婚(ディンクス:Double Income No Kids)を選択し、夫と自由なふたり暮らし。長い人生、夫婦ふたりきりでどうやって楽しく生きていくかを試行錯誤しながら模索中。

STAGE(ステージ)