2019年8月30日 更新

ビジネスリーダーが知るべきモノを売るより重要な「ブランディング戦略」

ブランディングという言葉は、既に耳慣れた印象です。しかし、クリエイティブやアートに関わる分野ではない限り、自分と関係がないような気がしてしまうのも実情です。 小山田育・渡邉デルーカ瞳著『ニューヨークのアートディレクターがいま、日本のビジネスリーダーに伝えたいこと』 より、ビジネスにおけるブランデイングの重要性についてご紹介します。

gettyimages (45499)

2019.8.30

ブランディングは重要な経営戦略である

世界の経営者たちは、ビジネスを成功させるためにはブランディングが必要不可欠な経営戦略であると認識しています。
17ページより引用
クリエイティブ・デイレクター、アートディレクター、グラフィックデイレクターとして、HI(NY)の共同代表を務めている著者。NYの美術大学を卒業後、MTV等を経て現在に至ります。
現職では、米国コカコーラの新商品ブランディングやパッケージデザインに関わったりと、幅広い活躍をしています。
ブランディングというと、ハイブランドや大手企業が手がけるロゴなどのデザインというイメージがあります。しかし、ブランディングとは経営戦略。最終ゴールは顧客ロイヤリティの獲得であり、ファンになってもらうことなのだとか。
事業を立ち上げたら、まずブランドの構築=ブランディングが重要。しかし、その本質が日本ではまだまだ理解されず、経営戦略として浸透していないのが実情であると著者はいいます。
たとえば、ブランディングする前にロゴやウェブサイトなどの内容を作り始めてしまうと、一貫性のない世界観とメッセージになってしまいがちです。その状態では、ブランドとしてのグローバルな成功はないといえるでしょう。
世界のビジネスは、今、優しい方向に向かっていて、キーワードは「Connection繋がり」。働く人がやりがいを持ち、自己実現していくことをビジネスでサポートしていくためには、ブランディングが必要不可欠です。
どんな職業、立場であっても、愛されるブランド構築でビジネスを成功させる考え方を知っておきたいものです。
gettyimages (45506)

モノよりビジョンを買う時代

商品のスペック(機能的価値)だけでなく、商品やそのつくり手に共感できるか(情緒的価値)が重要になってきている時代。中略
それは、これらの情緒的価値をアウトプットしていくということ、伝えていくことです。
56〜57ページより引用
今までは標準的で似通ったビジネスが多く、会社の規模が大きいことで優位に立てる傾向があったと語る著者。ITの進化やソーシャルメディアの普及によって、誰もが受信発信できるようになった現代。世界の消費者は、社会に対する意識が高くなり、企業に対してもビジョンやミッションを求める傾向が高まっているといえるでしょう。
その会社らしさとしてのコアバリューに焦点を当て、価値を押し出したビジネスが増えている昨今。だからこそ、大企業よりも中小企業の方が、ビジョンの共有がスムーズなのかもしれません。
企業独自の強みを活かした商品やサービスにおける情緒的な価値、ビジョンやミッションを知ってもらうためには、戦略的なコミュニケーションが必要になってきます。
たとえば、視覚・聴覚・嗅覚など、相手の五感で感じられるものすべてが、コミュニケーションになり得ます。
情緒的価値を消費者に伝えることが重要な今だからこそ、記憶に残るビジュアル、視覚的コミュニケーションは有効なツールであるということがわかります。
gettyimages (45512)

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
声で印象は決まる!ビジネスで大切な「人を動かすいい声」の磨き方

声で印象は決まる!ビジネスで大切な「人を動かすいい声」の磨き方

自分の考えをもっとスムーズに伝えられたら、ビジネスはもっとスムーズに流れていくのかもしれません。実は、人に与える印象は、内容だけではなくどんな声で話すかということにカギがあるようです。 近藤名奈著『一流の人は、なぜ話し方よりも「声」を大切にするのか』 より、正しい姿勢で印象のいい声を出すコツをご紹介します。
自分から売り込まない 人生100年時代に小さく始める大人の週末起業

自分から売り込まない 人生100年時代に小さく始める大人の週末起業

人生100年時代、定年後に少しでも自分で稼ぐ力をつけておきたいと考え始めている人は多いのかもしれません。とはいえ、何をどう始めたらいいのかがわからないという一面もあることでしょう。 藤井孝一著『大人の週末起業』より、大人が始めるにあたって知っておきたい週末起業の考え方をご紹介します。
技術力だけでは生き残れない 伝える力を高めて最強のエンジニアになる

技術力だけでは生き残れない 伝える力を高めて最強のエンジニアになる

現代は、どんな職業であっても技術が高いだけでは生き残っていけない時代です。技術力に「伝える力」が加われば、パフォーマンスは大きく改善されるでしょう。 亀山雅司著『最強のエンジニアになるための話し方の教科書』 より、エンジニアが身につけるべき話し方のコツをご紹介します。
包括信託 フレームワーク⑤〜⑦を繰り返す

包括信託 フレームワーク⑤〜⑦を繰り返す

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ