2018年4月9日 更新

仮想通貨の技術をどのように応用していくか

どんどん価値が膨らむ「魔法のお金」というイメージがついて回る仮想通貨。確かに仮想通貨は、購入者に今後大きな利益をもたらすでしょう。しかし仮想通貨にはお金儲けだけでなく、インターネットが世界を変えたような経済構造を変革する力が潜んでいることをご存知ですか?

thinkstock (12822)

2018.4.9

レターポットやORコード決済といった新しい送金のかたち

thinkstock (12833)

レターポット

仮想通貨の登場で、お金を送るなら銀行からという概念が覆されています。
キンコン西野さんが考案した仮想通貨レターポットがその一つです。レターポットは、一文字に5円の価値をのせて「気持ち」を送ると言ったもので電報に貨幣価値が付いているような感じですが、換金は不可といったサービスです。
このレターポット、2018年にはついに「公式ポット」のリリースによって、募金を募るという次元のサービスに到達しました。初回の公式ポットは、はれの日被害にあった成人達に成人式をプレゼントするという趣旨でした。賛同したユーザーからは、51万円もの寄付が公式ポットに集まったそうです。今後の進化が楽しみなサービスです。

アプリやQRコードで送金可能に

「りそな銀行」「住信SBIネット銀行」「スルガ銀行」は、2018年秋からアプリで3行間の送金サービスを始めると発表しました。ここでは仮想通貨のブロックチェーン技術が用いられています。ブロックチェーンとは分散型の信用管理システムのことで、従来の銀行のような中央集権的な信用管理ではありません。ですので、いちいち時間がかからない確実で迅速な決済「スマートコントラクト」が可能になるのです。
この3行間のサービスにはこんなメリットがあります。
・手数料が安くなる
・休日や深夜も即時送金可能
・口座番号ではなく電話番号に送金可能
・ORコードを読み込み送金可能
現時点ではまだ「りそな銀行」をはじめとする3行しか参入を発表していませんが、そもそも61金融機関が共同開発した技術のため、今後参入する金融機関が続く見込みです。海外送金にも対応の予定です。

ブロックチェーンはインターネット並みに爆発的に普及する?

gettyimages (12840)

ブロックチェーンは、仮想通貨を語る上で外せない技術です。しかし、私達の生活にはそんなに影響はないのかな、と思っていませんか?ブロックチェーンは、銀行の一極集中型の信用管理に対し、分散して信用管理する「新しい信用の担保のかたち」ですが、どうやらこれがもの凄い勢いでこれから普及していくらしいのです。経済学者・野口悠紀雄氏が下記のインタビューで、ブロックチェーンがインターネット並みの爆発的普及を見せるという予見を述べています。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブロックチェーンを語るとき避けて通れないややこしい仕組みの話

ブロックチェーンを語るとき避けて通れないややこしい仕組みの話

ブロックチェーンについて、どのくらいあなたは知っていますか? これからの人生、いや人間のあり方を変えてしまうかもしれないといわれる技術、ブロックチェーン。 著書「ブロックチェーン革命」にて、ブロックチェーンによって変わる世界を先駆けて示唆した野口悠紀雄氏の基調講演をお届けします。(FLOCブロックチェーン大学校イベント基調講演より)
【特別企画】野口悠紀雄講演:ブロックチェーンが、なぜ「革命」といわれるか

【特別企画】野口悠紀雄講演:ブロックチェーンが、なぜ「革命」といわれるか

ブロックチェーンについて、どのくらいあなたは知っていますか? これからの人生、いや人間のあり方を変えてしまうかもしれないといわれる技術、ブロックチェーン。 著書「ブロックチェーン革命」にて、ブロックチェーンによって変わる世界を先駆けて示唆した野口悠紀雄氏の基調講演をお届けします。(FLOCブロックチェーン大学校イベント基調講演より)
身近ではじまっているフィンテックサービスが便利おもしろい

身近ではじまっているフィンテックサービスが便利おもしろい

フィンテックの登場で、従来保守的だった金融業界がその姿を大きく変えようとしています。 仮想通貨や銀行外での「シームレス」な取引は、もはや銀行の存在意義をも問う勢い。 先端IT技術の導入で、効率化の一途をたどる金融サービス。 私達の生活を変えるフィンテックを紹介します。
お金 |
AIは日常風景へ。暮らしの中のAIから森ビルの実証実験まで

AIは日常風景へ。暮らしの中のAIから森ビルの実証実験まで

AIなんて遠い世界のことだと思っていませんか。AIを活用した機能やサービスは世界中で広まっており、私たちの普段の生活の意外なところでAI技術が使われています。森ビル株式会社が行う実証実験も日本のAI時代を切り拓く一つの鍵となりそうです。
「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

筑波大学准教授、経営者、メディアアーティストと多方面に才を持つ落合陽一氏。 “触れて変形させられるプラズマ光”や「ピクシーダスト」という“音で物を浮かべる技術”は、STAGEでも紹介しました。そんな彼が「学び」について執筆。自身が受けた教育にも触れ話題になっています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部