2018年4月29日 更新

宮古島〜日本とは思えない絶景に息を飲み、心洗われる

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.7

2018.4.29
沖縄本島から宮古海峡を超えて南西に約300 kmに位置する宮古島。1年を通じて暖かな気候で、いつでも白い空と青い海と戯れることがでいる島として絶大な人気を誇っています。日本全国の島旅をリポートするシリーズ第6回は、そんな人気の宮古島を紹介します。

「インスタ映え」No.1!全長3,540メートルの大橋

数ある宮古島の絶景スポットの中でも「インスタ映え」するとして最近、特に人気のスポットが、宮古島と伊良部島を結ぶ、全長3,540メートルの「池間大橋」。
伊良部島には、下地島空港という空港があり、その滑走路は以外にも羽田空港と同じ3,000m級。つい何年か前までここでANAやJALの飛行訓練が行われていたそうです。

橋の両側はどこまでも続く青い海。
片側一車線なので走りながらゆっくり景色を眺めるのは難しいのですが、ところどころに車を止められるスペースがあるので、空いていれば車を下りて写真撮影も可能です。
橋をわたった伊良部島から宮古島を臨みます。
青というよりはエメラルドグリーンというほうがぴったり!

ちなみにこの橋、無料で渡れる橋としては日本最長なのだとか。この非日常の景色、一本道をドライブする爽快感。無料ですが、お金を出しても買えないプライスレスな体験ができます。

宮古島のまわりは離島だらけ

実は、宮古島のまわりには伊良部島以外にも、池間島、大神島、来間島、伊良部島、下地島など離島がたくさんあります。そしてそのうちいくつかは橋でつながれています。
そのひとつが、「来間大橋」をわたって行ける来間島。
来間大橋は全長1,690mで、池間大橋ができる前までは宮古島でもっとも長い橋だったそう。
49 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
お金持ちはこう考える「髭剃りの時間が無駄→髭を永久脱毛する」

お金持ちはこう考える「髭剃りの時間が無駄→髭を永久脱毛する」

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんのこづかいは減らすな』より特別編集編をお届けします。
「お金のイメチェン」!お金を引き寄せる方法とは!?

「お金のイメチェン」!お金を引き寄せる方法とは!?

景気回復しているとはいえ富裕層と貧困層の格差が拡大する昨今、私のようなフリーランスはもちろん、会社員の方々でも将来安泰な財産を得ることは容易ではありません。つまり、なんとなく働いていたのではダメ。より積極的にお金について考えて「稼ごう!」という決意と姿勢が重要になってきている気がします。
世界の見え方はSTAGEごとに違う~『お金原論』[第12回]〜

世界の見え方はSTAGEごとに違う~『お金原論』[第12回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座