2018年4月29日 更新

宮古島〜日本とは思えない絶景に息を飲み、心洗われる

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.7

2018.4.29
沖縄本島から宮古海峡を超えて南西に約300 kmに位置する宮古島。1年を通じて暖かな気候で、いつでも白い空と青い海と戯れることがでいる島として絶大な人気を誇っています。日本全国の島旅をリポートするシリーズ第6回は、そんな人気の宮古島を紹介します。

「インスタ映え」No.1!全長3,540メートルの大橋

数ある宮古島の絶景スポットの中でも「インスタ映え」するとして最近、特に人気のスポットが、宮古島と伊良部島を結ぶ、全長3,540メートルの「池間大橋」。
伊良部島には、下地島空港という空港があり、その滑走路は以外にも羽田空港と同じ3,000m級。つい何年か前までここでANAやJALの飛行訓練が行われていたそうです。

橋の両側はどこまでも続く青い海。
片側一車線なので走りながらゆっくり景色を眺めるのは難しいのですが、ところどころに車を止められるスペースがあるので、空いていれば車を下りて写真撮影も可能です。
橋をわたった伊良部島から宮古島を臨みます。
青というよりはエメラルドグリーンというほうがぴったり!

ちなみにこの橋、無料で渡れる橋としては日本最長なのだとか。この非日常の景色、一本道をドライブする爽快感。無料ですが、お金を出しても買えないプライスレスな体験ができます。

宮古島のまわりは離島だらけ

実は、宮古島のまわりには伊良部島以外にも、池間島、大神島、来間島、伊良部島、下地島など離島がたくさんあります。そしてそのうちいくつかは橋でつながれています。
そのひとつが、「来間大橋」をわたって行ける来間島。
来間大橋は全長1,690mで、池間大橋ができる前までは宮古島でもっとも長い橋だったそう。
49 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

「お金持ちの思考にはパターンがある。」これはある程度確かです。お金持ちになれる人に特有の思考回路、と言い換えても差し支えないでしょう。人生一度きり、1日24時間しか持ち時間がないことは、誰にも全く平等です。差を生み出すものこそ、思考パターンですね。
幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

この春、新しく社会人になった人、転職して新天地で頑張っている人。この時期はそんなビジネスパーソンが多いのかもしれません。そして、お金に対する認識も、生活とともに変わる一面があることでしょう。
家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

お金持ちの家ほど、プライベートでの生活は質素な傾向です。お金持ちに対するイメージである、高級車を複数台乗り回し、ブランド物を身に纏い、異性と派手に遊んでいるようなタイプは主流派ではありません。本物のお金持ちは、投資は時間と自分に向けるものだからです。
堀江貴文のお金の習慣「お金は血液と同じ。流れを止めるな」

堀江貴文のお金の習慣「お金は血液と同じ。流れを止めるな」

なにかと話題に上がる堀江貴文さん。自身も多くの書籍を発売していますが、キングコング西野亮廣さんとの共同著書『バカとつき合うな』を出し、話題沸騰中です。 そんな堀江貴文さんの「お金」への考え方や、少しだけ変わっている使い方、習慣などを紹介していきます。
準富裕層になるには? 生活スタイルは? 早期リタイアも可能?

準富裕層になるには? 生活スタイルは? 早期リタイアも可能?

準富裕層の生活は堅実? 富裕層へのステップとして、準富裕層を目指す方も多いことでしょう。野村総合研究所(NRI)などの定義では、世帯の純金融資産が5,000万~1億円未満を準富裕層としています。準富裕層になる方法や生活スタイル、早期リタイアの可能性を見てみましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部