2017年12月7日 更新

「よそで自分の力を試してみるのも悪くない」第10章[第19話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

gettyimages (5348)

2017.11.10
 大谷は、その後、料理人の葉山という男を連れてきました。
 ある飲食チェーンで料理人をしている男が、僕らの計画に乗りたいと言ってきたのです。年齢は二八歳で、僕らのふたつ年下ですが、精惇なルックスと鋭い目が印象的で一目見ただけで、独立心が強いのはすぐわかりました。
 葉山は大谷が仕事を通じて知り合った人物で、彼の腕を見込んで早くから目をつけていたそうです。大谷が言っていた最高の人材とは彼のことだったようです。
 大谷の粘り強い説得で、連れてこられた格好でしたが、彼は彼なりに自分のキャリアを考えた結果だと言っていました。
「はじめまして。葉山健太です。大谷さんから最初に話を聞かされたときは、正直、迷いもあったのですが……。
 今、私は、料理人歴十年です。前の店では、マネージャーも兼務していました。今の飲食チェーンでもそれなりの待遇を受けているのですが、このまま続けたとしても、せいぜい地域マネージャー止まりなのは目に見えています。
gettyimages (5364)

その時に大谷さんからこの話を聞かされたので、よそで自分の力を試してみるのも悪くないと思ったんです。一から飲食ブランドを起ち上げるなんて夢のある話、僕も乗らせてください!」
 正直、僕らにとっては、葉山は心強い味方だった。たしかに味については、誰か専門職の料理人を雇うことを考えていたが、若くて野心のある男ならば、ゼロから一緒にやっていく気概も十分だろう。何もないところから飲食のブランドチェーンを起ち上げるには最適な選択だったと思います。
 だから、彼をこの時点で雇うことには躊躇はしませんでした 。
 予定していた開業まであと六カ月あったから、葉山には事情を話して、基本給は安く設定して、売り上げに応じた歩合をつけることを提案しました。
 彼はそれでもいい、と、この条件を飲んでくれました。開業六カ月前からランニングコストが発生するのは痛かったですが、必要経費だと思いました。
gettyimages (5365)

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「私の遺言だと思って聞いて欲しい」第17章[第38話]最終回

「私の遺言だと思って聞いて欲しい」第17章[第38話]最終回

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「お金に支配されて周りが見えなくなっていたという意味を初めて理解した」第17章[第37話]

「お金に支配されて周りが見えなくなっていたという意味を初めて理解した」第17章[第37話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「私たちがそれぞれわがままだった」第17章[第36話]

「私たちがそれぞれわがままだった」第17章[第36話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「貧乏人も金持ちも関係ない。だから今すぐ走るんだ!」第17章[第35話]

「貧乏人も金持ちも関係ない。だから今すぐ走るんだ!」第17章[第35話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「君は本当のバカになるつもりかね」第16章[第34話]

「君は本当のバカになるつもりかね」第16章[第34話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人
お金の教養講座