2017年12月6日 更新

〈後藤由紀子〉ありのままの自分でかなえる心地よい生き方

「お金とは、よくわからないもの これからわかりたいもの(後藤由紀子)」

 (7598)

2017.12.6
生まれ育った沼津で雑貨店「hal」を営む後藤由紀子さん。大切な人やお気に入りのモノを慈しみながら暮らす穏やかな生き方が注目を集め、そのライフスタイルを綴った著作は10冊を超えました。
人気の理由を、「特別何かが得意なわけでもないけど、なんとなく大体できている。完璧ではないのが逆にちょうど良いのかもしれませんね」と語ります。どこまでも自然体な彼女は、ファンがあこがれる心地よい暮らしぶりを「大雑把」と表現し、実際より誇張して見せようともことさらに美しく見せようともしません。
ありのままで心地よく暮らすための考え方について聞きました。

生まれ育った沼津での暮らしを綴った11冊目の著書が発売

 (7599)

STAGE編集部:12月9日に新著『後藤さん、今日はどちらへ? 地元な暮らし』が発売されるそうですね。
はい、地元の沼津についての本です。地元が大好きで、でもその良さって、東京に6年間出ていて初めて気づいたこともあるんですよね。地元を出るまでは何も思わなかったけれど、例えば毎日帰ってきたときに見える富士山がきれいだとか。
特に観光についての本というわけではなくて、お店のことも少し書いてありますが、沼津の日常の魅力を紹介している本です。
 (7589)

STAGE編集部:誰もが引き込まれてしまうような心地よいライフスタイルが取り上げられた著作も11冊目となりました。
(自分は)こんな風だし、沼津だしいいのかな、と思います。それでも、格好つけるのはもう年齢的にも面倒くさいから、いつでもありのままを書いてもらうようにしています。きれいなことを書いてもらっても直してしまいます。周りの友達に、「何言っちゃってるの?」と笑われないようにしています。
前に、「『丁寧』な暮らし」というタイトルの企画をいただいたときは、「全然丁寧ではありません」って断ってしまいました。
 (7465)

40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

STAGEと時間の関係~『お金原論』[第15回]〜

STAGEと時間の関係~『お金原論』[第15回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
一般的な常識にダマされてはいけない~『お父さんの「こづかい」は減らすな!』[第5回]~

一般的な常識にダマされてはいけない~『お父さんの「こづかい」は減らすな!』[第5回]~

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの小遣いは減らすな』より特別編集編をお届けします。
「そうすることが、妻と娘のためになるとその時は思えた」第16章[第32話]

「そうすることが、妻と娘のためになるとその時は思えた」第16章[第32話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜リスク編〜

富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜リスク編〜

200年にも渡り世代を超えて大きな資産を守りながら増やしていく富裕層の資産運用術。その運用術には、勘に頼らないしっかりと裏付けがあります。学べば誰でも使える極意を数回に渡り読み解きます。今回はリスク編。
〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

東大卒ミュージシャンとして音楽活動の他、クイズタレント・コメンテーターとしても活躍するグローバーさん。実は彼は苦労して入った東大を中退し、ミュージシャンの道を選んだという過去が…。その後、再び大学に戻り無事卒業。時を同じくして、立ちはだかっていた壁が崩れ、新たな道が開けたと言います。少し遠回りをしたことで見えたグローバーさんの人生観とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座