2017年12月6日 更新

〈後藤由紀子〉ありのままの自分でかなえる心地よい生き方

「お金とは、よくわからないもの これからわかりたいもの(後藤由紀子)」

2017.12.6
生まれ育った沼津で雑貨店「hal」を営む後藤由紀子さん。大切な人やお気に入りのモノを慈しみながら暮らす穏やかな生き方が注目を集め、そのライフスタイルを綴った著作は10冊を超えました。
人気の理由を、「特別何かが得意なわけでもないけど、なんとなく大体できている。完璧ではないのが逆にちょうど良いのかもしれませんね」と語ります。どこまでも自然体な彼女は、ファンがあこがれる心地よい暮らしぶりを「大雑把」と表現し、実際より誇張して見せようともことさらに美しく見せようともしません。
ありのままで心地よく暮らすための考え方について聞きました。

生まれ育った沼津での暮らしを綴った11冊目の著書が発売

STAGE編集部:12月9日に新著『後藤さん、今日はどちらへ? 地元な暮らし』が発売されるそうですね。
はい、地元の沼津についての本です。地元が大好きで、でもその良さって、東京に6年間出ていて初めて気づいたこともあるんですよね。地元を出るまでは何も思わなかったけれど、例えば毎日帰ってきたときに見える富士山がきれいだとか。
特に観光についての本というわけではなくて、お店のことも少し書いてありますが、沼津の日常の魅力を紹介している本です。
STAGE編集部:誰もが引き込まれてしまうような心地よいライフスタイルが取り上げられた著作も11冊目となりました。
(自分は)こんな風だし、沼津だしいいのかな、と思います。それでも、格好つけるのはもう年齢的にも面倒くさいから、いつでもありのままを書いてもらうようにしています。きれいなことを書いてもらっても直してしまいます。周りの友達に、「何言っちゃってるの?」と笑われないようにしています。
前に、「『丁寧』な暮らし」というタイトルの企画をいただいたときは、「全然丁寧ではありません」って断ってしまいました。
40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

AI透明化の時代へ —— AI時代になすべき人間の仕事

AI透明化の時代へ —— AI時代になすべき人間の仕事

機械学習の成果から、AI導入を検討する企業が少しずつ増えています。そのような中、アルゴリズムのブラックボックス状態は信頼性低下の原因に。万が一の時の説明責任は依然として人間が負うからです。AIやモデルの説明・検証のため、AIの透明性が求められています。
『生き方』にこだわる経営の神様。稲盛和夫氏の名言を人生に役立てよう!

『生き方』にこだわる経営の神様。稲盛和夫氏の名言を人生に役立てよう!

京セラの創業者で現在名誉会長を務める稲盛和夫氏による代表的な著書『生き方』。稲盛氏と言えば京セラ、KDDIを創業。会社更生法を申請するまでの経営不振に陥ったJALをドン底からわずか2年で営業利益2,000億円まで回復させた経営手腕はもはや伝説となっています。
<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
大人気のスタンフォード式で「疲れない体」を手に入れる

大人気のスタンフォード式で「疲れない体」を手に入れる

2017年に出版され30万部を超えるベストセラーになった『スタンフォード式 最高の睡眠』。睡眠に関する新常識や最新の研究データが導き出す睡眠法は説得力抜群でした。そんな「スタンフォード式」の名を冠する書籍を新たに発見。それが『スタンフォード式 疲れない体』。
思考信託 全面的に信頼できる人に思考を預けよう

思考信託 全面的に信頼できる人に思考を預けよう

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座