2017年12月6日 更新

〈後藤由紀子〉ありのままの自分でかなえる心地よい生き方

「お金とは、よくわからないもの これからわかりたいもの(後藤由紀子)」

STAGE編集部:お金の使い方で、失敗談というのはありますか。
 (7597)

はい、若い頃いちいち流行りに乗って服をとっかえひっかえ買ったこと。あんまり履かないのにパンツを買ったり。そのときの服は、今フリマで売っています(笑)。153cmしかないのに、雑誌でモデルさんが来ているような服を買って、少しも似合わないということもありました。身の丈を知るってこういうことだなって思ったり。
それから、レコードですね。東京にいたころは毎週水曜日はレコード屋巡りの日と決めていて、働いていた表参道から渋谷までぷらぷら歩いて中古レコードを見て回りました。処分もしましたが、今も自宅には500枚近くあります。DJでもないのに(笑)。
 (7463)

STAGE編集部:家計を守りながら、商いもしている後藤さんにとって、お金とは何でしょうか。
お店をやっていますけど、お金は、苦手です。どんぶり勘定だし。やっている人はオリジナル(商品)を作ったり卸したりして、集客ももっときちんとやっていると思います。お店は次の2月で15年になりますし、本が出て来てくださる方は増えましたが、経営のことは今でも人に相談したいくらいです。
私にとってお金とは、よくわからないもの。これからよくわかっていきたいものですね。
 (7460)

「お金とは、よくわからないもの
これからわかりたいもの(後藤由紀子)」
後藤由紀子さん

後藤由紀子さん

静岡県沼津市出身。東京の雑貨店に勤務した後、帰郷して雑貨店「hal」を開業。庭師の夫と、大学生の長男、長女と暮らす。代表作に、『家族が居心地のいい暮らし』(あさ出版)、『ほどほど収納が心地いい』(宝島社)など。12月9日に、最新著作『後藤さん、今日はどちらへ? 地元な暮らし』(大和出版)を刊行。
http://hal2003.net/
40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
2018年経済の潜在リスク

2018年経済の潜在リスク

2018年がスタートして半月ほど経過しました。年末から年始にかけて2018年の色々な予測を見かけた方も多いのではないかと思います。先行きを予測するには、「潜在リスクを事前に把握しておき、その芽を逃さない」ことが大切です。今回は、私が選ぶ2018年の潜在リスクをピップアップしお伝えします。
「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

高校を卒業すると就職するか進学するかの選択に迫られますね。オーストラリアでも同じですが、オーストラリアで進学する場合には、大学とは違った選択肢もあります。
本物の「富裕層」はお金を稼ぐことに興味がない

本物の「富裕層」はお金を稼ぐことに興味がない

若くして富裕層になる人は何が違うのか~彼らの共通点は?~ 実際にはお金持ちになる人はほんの一部で、それ以外の人は普通の生活を送っています。ではお金持ちになる人とならない人の違いは何でしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座