2018年1月25日 更新

「いつかは住みたい」メルボルンでの生活費

イギリスのエコノミスト誌が毎年調査している「世界で最も住みやすい都市」ランキングにおいて、6年連続1位に選ばれているオーストラリア・メルボルン。豊かな緑が街中のいたるところにあふれ、公園も多いことから別名「ガーデンシティ」とも呼ばれています。

gettyimages (9516)

2018.01.25
今回は将来的にメルボルンで生活してみたいという人のために、メルボルンで暮らすのにかかる費用を試算し、一カ月あたり一体どのくらいのお金が必要なのか、その生活費を項目ごとにご紹介します。興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

メルボルンの家賃相場は年々上がっている

istockphoto (9551)

オーストラリアの2大都市であるシドニーとメルボルンでは近年、地価が高騰しており、住宅バブルという状況が続いています。メルボルンでは、移民による急激な人口増加がその一因だと言われており、今後もこの高騰は続くと予想されています。

そんなメルボルンの家賃相場ですが、賃貸には「シェアルーム」と呼ばれる2人以上で住むタイプと「オウンルーム」という個人の部屋が用意されているタイプの2つがあります。オウンルームは個人の部屋があるといっても、風呂やトイレ、キッチンが共同である場合も多いようです。また、家賃は月単位ではなく週単位で計算します。オーストラリアでは給料が週払い制のところが多く、それが影響しているのかもしれません。
オウンルームを借りる場合、週250~350ドル、つまり月1000~1400ドル(約8万4000~11万8000円)くらいが相場のようです。また、家賃には光熱費やインターネット使用料などが含まれる場合もあるようなので、東京と比べると少し割安な印象ではないでしょうか。(1オーストラリアドル=84円で計算)

メルボルンはカフェで有名な街

gettyimages (9536)

メルボルンはカフェが有名だと聞いて意外に思う方もいるかもしれませんが、オーストラリアの中でカフェの数が最も多い都市で、その数はパリをも凌ぐと言われています。また、独自のカフェ文化が発達しており、メルボルン特有のコーヒーメニューや飲み方が存在します。メルボルンでは朝食のことをブレッキーと呼び、カフェでブレッキーを楽しむ人も多いようです。
しかしながら外食に関しては、高いと言わざるを得ない点が多く、カフェでのブレッキーでさえも1食軽く15ドル(約1200円)超え、さらにランチともなると25ドル(約2100円)以上、ディナーは50ドル(約4200円)プラスサービス料などということもあり、外食の際に思わぬ高額でついお金を使ってしまうことがあるので注意が必要です。
一方、自炊に関して言えば、日本と同等くらいか、それ以下の値段で基本的な食材が買えると考えてよいでしょう。特に、日本でもオージービーフとして有名な牛肉をはじめ、ワインやパスタ、野菜や果物などは安く手に入るようです。

一カ月あたりの食費は外食と自炊の両方をすると考えて、1人暮らしの場合およそ300~400ドル(約2万5000~3万3000円)くらいでしょう。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」バルセロナでの生活費

「いつかは住みたい」バルセロナでの生活費

情熱の国・スペインの中でも観光都市として人気のバルセロナ。バルセロナは「古さと新しさ」を持ち合わせ、文化を発信し続けるエネルギーに溢れたヨーロッパの中でも魅力の高い都市といっても過言ではありません。
「いつかは住みたい」シンガポールでの生活費

「いつかは住みたい」シンガポールでの生活費

今や東南アジアの中でも中心的な都市となったシンガポール。今後ますます進化していく都市として世界中が注目しています。また所得税が低いことから移住を考える富裕層も増えています。
「いつかは住みたい」香港での生活費

「いつかは住みたい」香港での生活費

「いつかは住みたい」香港篇。アジアの中心的な都市のひとつであり「100万ドルの夜景」としても知られる香港。お金持ちや人生の成功者が集う、夢のラグジュアリーランドのイメージですが、実際住むための生活費って? 検証しました。
「いつかは住みたい」モナコでの生活費

「いつかは住みたい」モナコでの生活費

国の面積がわずか2.02㎢ながら、年に一度F1グランプリが開催され、市街地を猛スピードで走るマシンたちを見るため世界中から人々が集まる人気の国、それがモナコ公国です。今回はモナコへの移住を目指す人のために、モナコ移住にかかる費用を試算し、一カ月あたり一体どのくらいのお金が必要なのか、その生活費を項目ごとにご紹介します。
「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

近年、稀に見る急成長を遂げ、世界有数のリゾート地となり、中東を代表する都市としてその名を知られるようになったアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ。砂漠の中に世界一高い「ブルジュ・ハリファ」をはじめとした超高層ビル群が立ち並び、近代的な街並みのすぐそばにあるビーチには、世界中から集まった観光客でにぎわっています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部