2018年4月28日 更新

フィンテックで手軽に賢く資産管理

昨今、ニュースや新聞で目にする『フィンテック』という言葉。難しい・専門的という印象を持つ方も多いかもしれませんが…実は、我々の生活を便利にする革新的なサービスであることをご存知でしょうか?

フィンテック(Fintech)とは、ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)の2つが融合した新たなサービスの総称。今まで金融機関の専門分野であった “金融サービス”を、IT技術の力で“ユーザーが直接利用可能”にすることを意図しています。

では具体的に、どんな分野でのサービスがあるのか? より身近な“スマホで使えるサービス”を例に見ていきましょう。


いつでもどこでも安く「送金」


まず、大きく盛り上がりを見せているのが送金の分野。個人間で送金をするにも、従来は銀行窓口やATMへ出向く必要がり、営業時間帯による制限もありました。それが、フィンテックの登場で“いつでもどこでも”金融機関へ行かずして可能となったのです。

例えば『Kyash』は、電話番号やSNSを経由して個人間の送金が行えるアプリ。登録の際にVISAブランドの“バーチャル上のクレジットカード”を発行し、そこに受け取ったお金を貯めることができる仕組みで、Amazonや楽天などのネットショッピングでの使用や、モバイルSuicaにチャージすることが可能です。

参考:Kyash


また、海外の相手に送金をする際には、手続き手数料に加えて多額の為替手数料が発生することが大きな負担となっていました。

そんな中で「為替手数料をゼロにした」と注目を集めているのが、英国発の海外送金サービス『TransferWise』です。このビジネスモデルは、2国間の別々の(両方向の)送金依頼をマッチングさせ、実質は“国内取引のみで決済を完結”させる仕組み。

例えば

国内のAさん(英国のBさんに送金をする)と国内のCさん(英国のDさんから送金を受ける)をマッチングさせ、実質A→C間・B←D間の国内で送金を完結させる…といったもの

為替手数料の発生を防げるため、一般的な銀行を利用する場合と比較して、最大1/8程度の手数料で海外送金を行うことが可能になっています。

参考:TransferWise



広がる次世代の「決済」


フィンテックは送金だけでなく、実店舗での決済の領域にも。特に飲食店業界においては、人手不足解消・レジ業務効率化の観点から、スマホを利用した決済サービスの導入が増加の一途をたどっていま

最近ではより進化した“事前決済サービス”も誕生しています。例えば『Putmenu』では、“入店前に注文と支払いを同時に”行うことが可能。店内座席のPマークの部分にスマホをかざすと同時に厨房に情報が届き、調理が開始される様になっています。

アプリからいつでもメニューを閲覧できるので、暇な電車移動中などにオーダーを決められる上、店の混雑時にも待たされることなく注文・支払いができる点が大きなメリットです。

参考:Putmenu



ロボアドバイザーで簡単に「投資」


『ロボアドバイザー』は、株式などの金融商品を自動で買って運用してもらえる新しい投資システム。これも、フィンテックを活用したサービスの1つです。

通常、どうしても知識や時間を要するのが、投資配分の選定。ロボアドバイザーを利用すれば、年収・資産額・投資目的などの質問に答えていくことで、各々のリスク許容度に最適な金融商品の組み合わせを、瞬時にコンピューターが提供してくれます。

注目されているもう1つの点は、銀行窓口や証券会社を通した取引と比べて手数料が割安なこと。ネット上で完結する取引であるため、その分の人件費が削減されている恩恵と言えます。

ロボアドバイザーを活用したものには、少額からスタートできるサービスも数多く存在しています。投資未経験者の方は、このロボアドバイザーから投資を始めてみるのもひとつの手ではないでしょうか。

参考:WealthNavi



より個人に合った「融資」


コンピューターが、利用者の経済状況などのデータを基に“信用度”を判定。最適な融資を個別対応で行うサービスも登場しています。

みずほ銀行とソフトバンクにより設立された『J.Score』では、ビッグデータとAIによって算出されたスコア(1000点を上限とする)によって貸付利率・契約極度額が算定されます。

診断方法は、チャット形式でAIからの質問に回答するのみで、その後の審査・申し込みもネット上でスピーディーに完結。年収の他に、学歴や生活習慣に関する回答がスコア判定に含まれる点もユニークです。

また、利用中もAIによるスコア診断は随時更新ができ、スコアアップによる貸付利率引下げ・契約極度額アップの検討なども可能となっています。

参考:J.Score


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィンテックの普及で、自宅にいながら金融取引ができるサービスが続々登場しています。

特に資産運用の面では、そのハードルが大きく下がることが期待されており、政府も成長戦略の1つとして普及を推進する方針を決めています。近い将来、これらの領域に位置するサービスは、より我々の生活に身近になっていくでしょう。

必要とする分野の新サービスを賢く使いこなし、フィンテックがもたらす恩恵を最大限に享受しましょう。

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

身近ではじまっているフィンテックサービスが便利おもしろい

身近ではじまっているフィンテックサービスが便利おもしろい

フィンテックの登場で、従来保守的だった金融業界がその姿を大きく変えようとしています。 仮想通貨や銀行外での「シームレス」な取引は、もはや銀行の存在意義をも問う勢い。 先端IT技術の導入で、効率化の一途をたどる金融サービス。 私達の生活を変えるフィンテックを紹介します。
お金 |
本格的なAIによる投資時代の始まり

本格的なAIによる投資時代の始まり

私たちをとりまく社会はいま、大きく変化している。大企業に新卒で採用され、定年を迎えるまで勤め上げれば定年後は安泰。そんな少し前まで当たり前だった人生はもう夢物語だ。【連載】金融リテラシーで変わる社会(第4回)
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |
賢者の投資方法とは

賢者の投資方法とは

米国では代表的なインデックス型投信を長期保有することに対して、手抜きのポートフォリオであると揶揄されることが多い。しかし実際には、ウォーレン・バフェットをはじめ多くの伝説的な投資家が推奨する投資方法であるのです。
ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

>日産のゴーン社長が逮捕され、その後、長期間勾留されています。さらに、再逮捕との報道がありました。これに対して、海外のメディアから、日本の制度はおかしいのではないかという声が聞こえてきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部