2020年1月21日 更新

「金」が今、資産保有の手段として富裕層から見直されている理由

「金(ゴールド)」には、無国籍、無債務、希少価値、商品と通貨の二面性、無利息という特徴があります。無利息は本来はデメリットですが、マイナス金利の日本やヨーロッパでは、逆転してメリットになっています。

gettyimages (51121)

2019.12.26

資産としての「金(ゴールド)」の特徴

gettyimages (51123)

世界の富裕層は必ずと言っていいほど「金(ゴールド)」を保有しています。それも長期にわたり保有しています。金価格の値上がりで利益を得るのが目的ではないので、購入時の価格はあまり気にしません。
資産として金は次のような特徴があります。
1 金は国籍がない「無国籍」
2 誰も債務を負わない「無債務」
3 金には「希少価値」がある
4 「商品」にも「通貨」にもなる二面性
5 保有しても利息がつかない「無利息」
1~5のどれも富裕層が金を保有する理由になっています。「無国籍」の資産ならたとえ発行国が滅亡しても不都合が起きる心配はありません。「無債務」なので、財政破たんした国の国債や倒産した企業の社債で起きる「デフォルト(債務不履行)」で資産を失ってしまう心配もありません。
「希少価値」は将来も安泰です。人類は地表近くにあり安いコストで採掘できる金をほとんど掘り尽くたと言われています。金は「商品」にも「通貨」にもなる二面性があるおかげで、戦争や内戦が起きても金のアクセサリーを身につけて逃げて国境を超えれば、避難先の国の貴金属店でその国の通貨に交換し当面の生活資金を得ることができます。
「無利息」は本来デメリットですが、現在の金融情勢ではメリットに逆転しています。

「無利息」の金でもマイナス金利よりまし

gettyimages (51126)

金は「無利息」で金利0.00%。プラスマイナスゼロです。それを先進各国の長期金利(10年物の国債利回り)と比べてみましょう。
日本   マイナス0.11%
英国   プラス0.67%
ドイツ  マイナス0.38%
フランス マイナス0.06%
イタリア プラス1.20%
アメリカ プラス1.77%
カナダ  プラス1.43%
(2019年11月27日現在)
世界の富裕層の資産を集めているスイスもマイナス0.67%です。
日本、ドイツ、フランスの長期金利のマイナスは、日本銀行や、ユーロ圏の欧州中央銀行(ECB)が「マイナス金利政策」をとっているために、そうなっています。
長期金利のマイナスとは、10年物国債を買うと満期の日に利息がつくどころか元本が目減りして償還され、元本が保障されません。そんな国債は敬遠され、他の金融商品に資産が逃げるのがふつうです。どこに逃げるのでしょう? その有力な逃避先が「金」です。
無利息でもマイナス金利で目減りするよりましだからです。金と長期国債の金利が逆転して金のほうが利率が良くなり、金のデメリットがメリットに逆転した、というわけです。
マイナス金利を「まれにみる異常事態」と言う人もいますが、それにしては長すぎます。日本銀行は2016年2月のマイナス金利政策の実施開始以来3年半以上も続けています。
銀行預金の利率はマイナスではありませんが、欧米の大手銀行は預金者から「口座維持手数料」を取っていて、差し引くとドイツやフランスやスイスの銀行預金は実質マイナス金利です。日本の大手銀行も預金者から口座維持手数料を徴収することを検討しています。現状でもし実施されたら、日本の銀行預金も実質マイナス金利になります。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金持ちになりたい人が資産家になるには?誰でもできる方法

お金持ちになりたい人が資産家になるには?誰でもできる方法

お金持ちになりたい人が資産家になるには、どのような方法があるでしょうか。資産家とは、実物資産(不動産、自動車、貴金属など)を多く所有するお金持ちのことで、代々資産家の家系や思いがけない相続で得られるイメージがあるかもしれません。自身でコントロールできる、誰にでも可能な方法を考えてみましょう。
2020年こそ富裕層への一歩を踏み出したい!今読むべき15記事

2020年こそ富裕層への一歩を踏み出したい!今読むべき15記事

2020年がはじまりましたね。今年の目標は立てましたか? 今年こそは、自分らしく生きたい!時間とお金の自由を手にいれたい!という方へ、富裕層への一歩を踏み出せる編集部おすすめの記事を紹介します。
富裕層はなぜ歴史が大好きなのか

富裕層はなぜ歴史が大好きなのか

富裕層は歴史が大好きです。歴史小説、歴史ドラマ、歴史を題材にしたテレビ番組もかなり楽しんでいるようです。なぜ大好きなのか見ていきましょう。
富裕層に選ばれる最高級品の証、世界の王室御用達の「王室ブランド」

富裕層に選ばれる最高級品の証、世界の王室御用達の「王室ブランド」

日本の「宮内庁御用達」は公の制度ではありませんが、世界の多くの王室は御用達の「王室ブランド」を公認しています。それを産業振興、輸出拡大、観光客誘致のために戦略的に活用している国もあります。歴史の中に消えた王朝の「旧王室ブランド」も健在です。
お金持ちの仕事の特徴は?仕事好きが多く仕事しない派は少数

お金持ちの仕事の特徴は?仕事好きが多く仕事しない派は少数

お金持ちの仕事と言えば、何を思い浮かべるでしょうか。資産家にはビジネスオーナーや投資業も多く、日常あまり仕事しないイメージを持っている方もいるかもしれません。ところが、日本のお金持ちの場合、実際には仕事大好き人間が多く、お金があるから仕事しない派は比較的少数のようです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座