2020年1月21日 更新

「金」が今、資産保有の手段として富裕層から見直されている理由

「金(ゴールド)」には、無国籍、無債務、希少価値、商品と通貨の二面性、無利息という特徴があります。無利息は本来はデメリットですが、マイナス金利の日本やヨーロッパでは、逆転してメリットになっています。

マイナス金利の向こうに悪性インフレを見る

gettyimages (51141)

マイナス金利のもとでは、長期保有したい資産は国債や預金から金に移したくなります。資産が金に流れ込むと、その価格が上がります。国際指標のロンドン金現物価格(1トロイオンス=31.1グラム/米ドル建て)は、日銀のマイナス金利政策が始まる前月の2016年1月平均は1,097ドルでしたが、2019年10月平均は1,494ドルで、ほぼ右肩上がりで36.2%上昇しました。特に2019年の5~9月の4カ月で1,283ドルから1,510ドルへ17.7%も上昇しています。その時期、ヨーロッパ経済を引っ張るドイツの長期金利が低下し、マイナス金利になりました。

とはいえ、それはマイナス金利からの一時的な逃避だけで説明できません。その背景にある政府、中央銀行の金融政策への不信感もあります。マイナス金利に至る量的緩和政策は国内経済へのマネーの供給量を増やすので、インフレの芽を育てているからです。それも資産が目減りして経済の混乱を招くような悪性インフレで、いつかはそれが来るという懸念がふくれあがります。

金を買う背景は、長期保有で資産を保全し、戦争やインフレのような経済の混乱のリスクに備える意図があります。富裕層は現在の「マイナス金利」の向こうに、経済が混乱して自らの資産がどんどん目減りする「悪性インフレ」という、もっと恐ろしいものをイメージして金を買っているのです。
gettyimages (51119)

寺尾淳(Jun Terao)

本名同じ。経済ジャーナリスト。1959年7月1日生まれ。同志社大学法学部卒。「週刊現代」「NEXT」「FORBES日本版」等の記者を経て、現在は「ビジネス+IT」(SBクリエイティブ)などネットメディアを中心に経済・経営、株式投資等に関する執筆活動を続けている。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層の関心は常に一歩先を行っている

富裕層の関心は常に一歩先を行っている

今年に入り新型肺炎が拡大しています。その拡大や状況についていは逐一ニュース番組や新聞で報告され、多くの人が関心を持っていますが、もちろん富裕層もその拡大可能性や被害者に対して心配を持ちつつ、それだけでなくそれに加えて一歩先の展開に関心を持ってることがわかりました。
どうやって5,000万円貯金する?準富裕層になる方法

どうやって5,000万円貯金する?準富裕層になる方法

富裕層を目指すならば、まずは準富裕層入りを果たさなければ始まりませんね。野村総合研究所(NRI)による定義では、準富裕層とは預貯金含む金融資産が5,000万円以上1億円未満の世帯のことです。今のご時世、5,000万円をどうやって貯金すればよいのでしょうか。
仕事ができる人の最強ホワイトボード術|ポイントは3つのコントロール

仕事ができる人の最強ホワイトボード術|ポイントは3つのコントロール

企業トップや事業投資家と打ち合わせをすると、かなりの確率で登場するホワイトボード。そのホワイトボードをいかに使うか、いかに使いこなせているかにより打ち合わせの成果が大きく異なります。最強の利用術とは。
お金持ちになりたい人が資産家になるには?誰でもできる方法

お金持ちになりたい人が資産家になるには?誰でもできる方法

お金持ちになりたい人が資産家になるには、どのような方法があるでしょうか。資産家とは、実物資産(不動産、自動車、貴金属など)を多く所有するお金持ちのことで、代々資産家の家系や思いがけない相続で得られるイメージがあるかもしれません。自身でコントロールできる、誰にでも可能な方法を考えてみましょう。
2021年こそ富裕層への一歩を踏み出したい!今読むべき15記事

2021年こそ富裕層への一歩を踏み出したい!今読むべき15記事

2021年がはじまりましたね。今年の目標は立てましたか?今年こそは「時間とお金の自由を手にいれたい」「自分らしく生きたい」という方へ、富裕層への一歩を踏み出せる編集部おすすめの記事を紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS