2018年12月4日 更新

「サラリーマンが300万円で小さな会社を買う」作戦はアリなのか?

『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』という刺激的なタイトルの新書。Web「現代ビジネス」で500万PVの人気連載に加筆した形のビジネス本です。個人で会社をM&Aできる時代になりましたが、なぜサラリーマンが? なぜ300万円で小さな会社なのか? 副業や起業ではダメなのか? タイトルを目にして色んな疑問と興味が浮かび、実際に読んでみようと思った次第です。

日本では起業して5年後に残る製造業の会社は半分以下の42%、10年後となると23%しかありません。改めて起業の厳しさを感じるデータですが、そこで著者は「ゼロイチ起業より、過酷な10年を生き抜いた23%の企業の“オーナー社長”になる」という提案をします。具体的には自分の知識や経験を活かせる中小企業を見つけて、個人でM&Aをして、経営を引き継ぐ…というものです。
そんな簡単にできるのか? と思う方もいるかもしれませんが、実は企業でサラリーマンとして働いている人は、知らず知らずのうちに中小企業の事業を引き継ぐ能力を身に付けている可能性が大いにあるのだそうです。

サラリーマンこそ小さな会社をM&Aすべき理由とは!?

gettyimages (26211)

大企業の仕事を「面白みがない」「成長しない」「やりがいがない」という人もいますが、実は大企業は競争の激しい業界を生き抜くため新しい経営システムを随時導入し、日々対応を迫られているサラリーマンは自覚のないうちにノウハウを学んでいると言えます。逆に、中小企業ではシステムの導入に経費が掛かるために断念していたり、そもそも検討すらしていない場合が多いのです。
つまり、自分が知らず知らずのうちに身に付けたサラリーマン時代の「あたりまえ」を中小企業に取り入れるだけで事業がうまく回り始め、会社の価値を高めることができるケースが非常に多いのだそうです。そして今、日本全体を見回せば370万社のうち7割もの企業が後継者探しに苦労し、中には黒字経営ができているにもかかわらず会社をたたむ決断をする社長も増えています。

そこで、そういった企業を相手に個人M&Aをして、自分のノウハウを活かしながら役員報酬も受けられる。もちろん、場合によっては成長した後で売るという判断もできるのは非常に魅力的です。昔はM&Aと言えば「ハゲタカ」のイメージがあり、会社を乗っ取る悪者のイメージでしたが、今や中小企業の事業を継承する担い手としての役割りも。
この他、M&Aに反対する社員と良好な関係を築くために、自分は専務として会社に入り社長とともに経営改革する方法や、そもそもM&Aするにふさわしい会社の探し方など、具体的な方法も様々紹介されていました。
最近、サラリーマンとして働きながら、そのメリットを活かして副業で成功をしている方の書籍も読みましたが、同じようにサラリーマンの長所を活かして人生を豊かにする作戦として個人M&Aは「アリ」なのではないでしょうか?少なくとも個人M&Aに対するネガティブなイメージは消え去りました。

横山ケン太

趣味はアウトドア、興味は財テク。フリーの作家として活動中。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部