2019年4月19日 更新

ゴールデンウィーク前に把握しておきたい3つの投資家目線

残すところ1週間でゴールデンウィークに突入しますね。長い人で10連休ということですが、その間の証券市場取引がほぼ停止することが投資家の間で話題になっています。巷では若干投資家を煽るようなレポートやコラムも見かけますが、ここでは事実にフォーカスしてGW前に把握しておくべき3つの目線をお伝えします。

gettyimages (36359)

2019.4.19

為替変動要因を把握する

gettyimages (36369)

GW中は為替の商いが薄く大きく値幅が動くことに留意が必要です。2016年、2010年などがその典型例です。今年はどうでしょうか。為替要因として以下のようなことがありそうです。
1)GW期間中の米国で4月30日から5月1日にかけてFOMC(連邦公開市場委員会)が開催されます。加えて、5月3日に米雇用統計も発表されます。この2イベントはいうまでもなくドル円相場に大きな影響があるため連休中とは注意が必要です。
2)4月15日から開催される日米貿易協定交渉後の市場ムードの変化に注意を払いましょう。ムニューシン米財務長官は4月13日時点で記者団に対し、今回の日米貿易協定交渉では、「競争的に有利になる目的で通貨を操作させないようにする」とコメントしています。さらに、日本が人為的に円安誘導すること、為替市場介入の有無などについて透明性なルールを確保する必要性を強調しており政府、日銀の円高防止策に限界を見出した投資家の反応が気になります。また、この手の交渉についてですが、私の経験則では即相場に影響を与えるようなことは少なくいものの、徐々に方向性が出てくることが多いので短期的な市場反応だけで断定しないようにしましょう。
3)首脳レベルの会合スケジュールが控えています。4月下旬には日米首脳会談(米国)、5月26日から28日までのトランプ大統領来日が予定されています。GW中も各首脳の駆け引きを含めた要人発言のニュースは増えると思います。要人発言の表面ではなく発言の真意をできるだけ把握することがポイントです。ドル円相場の動向は米国大統領が定めることは歴史的にも証明されていますので要チェックです。
4)ヘッジファンド、AI、高頻度取引により、急落させた後すばやく買い戻して利益を確定する動きに注意が必要です。今年1月3日を思い出して数円単位での急変に備えてポジションの適量をチェックしておきましょう。

個人投資家動向を把握しておく

gettyimages (36373)

多くの個人投資家は、GW中の海外市場の大幅な変動について警戒しているようです。そのため、一部では取引を控えたり、ポジションを減らしている、もしくは減らすことを検討している個人投資家がいるようです。警戒をしている理由は以下のとおりです。
1)GWを中に為替が大幅に動くこと。特に円高になると値がさ株の多い輸出企業にとって大きなマイナス材料となることが警戒されています。値がさ株の下げは全体相場への影響が大きいことを警戒しているようです。
2)GWを控えた投資家の動向に投資を手控えたいという気持ちが見え隠れしています。現在、個人投資家の売買は、いつもよりさらに低位株の購入や売買を繰り返しています。しかも資金の効率を考え少額を短期間でローテーションさせる動きが4月に入り増えているようです。
3)GW前に決算発表が続々と行われています。5月にはさらに本格化しますが、それでも852社の決算発表が4月に予定されています。一部の会社により2020年見通しの不透明感がGW明けの期待感を後退させているようです。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

資産運用で最も重要なのは、リスク管理(リスクのコントロール)です。 たとえば、資産を株式で運用する場合、いつも積極的にリスクを取っていては、期待できる結果を得ることは難しいでしょう。積極的にリスクを取っていいのは、次の3つのケースにおいてのみだからです。
【アートで資産形成】保険は?贋作対策は?オークションのメリットは?

【アートで資産形成】保険は?贋作対策は?オークションのメリットは?

美術品はお持ちでしょうか? 数百万もするような、高価な物でなくともあなたかご家族が趣味で集めた掛け軸や壺や茶器など意外に価値のあるものをお持ちの方多いのではないでしょうか?
経済 |
不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。
今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。
成功する投資家の荒れ相場での心得とは

成功する投資家の荒れ相場での心得とは

足元は戻り歩調となっている株式市場ですが、米中貿易問題、英国のブレグジット問題、それにじわじわと広がる欧州経済への警戒など不安材料に事欠きません。このような不安材料を抱えた荒れた相場に立ち向かうための心得とは。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊