2019年2月6日 更新

エシカルとは? 日常のエシカル消費で世界の緊急課題解決 へ

エシカル消費は、環境・人権・社会問題解決に向けた消費の考え方。貧困・人権・気候変動といった問題を放置していれば、地球は人間が持続可能な生活を営める場所ではなくなってしまいます。日々の消費から、世界の緊急課題に取り組んでいきませんか。

gettyimages (30486)

2019.2.6

エシカルとは? なぜ今エシカルなのか

gettyimages (30474)

「エシカル(ethical)」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。言葉通りに訳せば「倫理的な」という意味で、善悪や正義などに関する基準や規範に則しているかどうかを表します。近年、このエシカルが環境保全や地域・社会への考慮といった観点から、日本でも重視されるようになってきました。
一般社団法人エシカル協会代表理事の末吉里花氏がわかりやすく説明するところでは、エシカルとは「エいきょうをシっかりとカんがえル」ということ。特に日常の消費活動に注目した「エシカル消費」市場は、世界規模で拡大しています。
なぜ今、エシカルなのか̶̶。それは、貧困・人権・気候変動を解決していかなければ、地球が私たち人間の暮らせる場所ではなくなってしまうから。貧困は人間の命や健康を脅かし、人権問題は民族や宗教の対立、戦争につながりかねません。気候変動は異常気象を発生させるとともに現在の生態系を含む環境を変化させ、住環境や食料に大きな影響を与えます。これらの問題を解決していくために、私たち自らが行動を起こしていかなければなりません。
エシカル消費は、そうした世界の緊急課題を解決していくひとつの有効な行動指針です。世界のリーダー、投資家、経営者を含む私たち全員が、日々何らかの消費を行っています。その中で、製品の背景を知らずに消費することも多いのが現状。その消費が人権侵害や環境破壊に間接的に加担しているかもしれません。しかし、エシカル消費を意識して商品を選択することで、問題のある商品や製造工程にNO と言えるようになるのです。

エシカル消費という考え方

gettyimages (30490)

エシカル消費は、「『人と社会、地球環境、地域のことを考慮して作られたモノ』を購入・消費する」(一般社団法人エシカル協会)こと。買い物という身近な行動を通じて、世界の緊急問題の解決に貢献することができます。それには、以下の6 つのポイントが役立つでしょう。
・労働搾取や児童労働によって作られた商品を買わない
・助けを必要とする人々を支援できるような商品を選ぶ
・地域社会や地域経済を損なう企業の商品を買わない
・地域社会や地域経済を助ける商品を選ぶ
・自然環境を破壊する商品を買わない
・自然環境を改善する活動によって作られた商品を選ぶ
つまり、生産者の搾取を助長しない商品を選び、環境負荷のより低い商品を選ぶということです。
他には、特にファッション分野において「エシカルファッション」という概念があります。エシカルファッションの観点から消費を考えると、
・オーガニックコットンや天然染料を用いてつくられたテキスタイルを利用する、食肉の副産物である皮革を利用した商品を選ぶ
・大量消費・廃棄につながるファストファッションよりも定番アイテム・デザインの商品を選ぶ
・フェアトレードに配慮する、環境負荷のより低い製造工程で作られた商品を選ぶ
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

私の仕事場には、白茶ネコが一匹。福利厚生部長として、ワークライフバランスを重視した自由な毎日を送っています。
富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部