2020年1月9日 更新

日常が新しく見えてくる――『窓』をめぐるアートで感性リフレッシュ

日々の生活とは気分を変えて、襟を正して巨匠の名画体験――も素敵ですが、今自分のまわりにある、見慣れているもの、身近過ぎて気にも留めないものを、くるっと違う視点で眺めてみると、想像以上に刺激的なアート体験があったりします。

2019.12.30
窓が大きく明るいお部屋です――不動産広告を見ていると出てくる紹介文。
窓がどんなつくりなのか、そこから何が見えるのかは、物件選びの重要な要素です。住んでしまうとあまりにも身近で、普段は気を留めない「窓」ですが、くらしの中で、ひとの行動や健康、気持ちまでにも影響する大きな役割を果たしているのですよね。
そんな「窓」が集まっています・・・それも美術館に!
“窓の展示”といって想像するのは、“窓枠の建材”が並ぶショールームではないでしょうか?
しかし今回は美術館。
「窓とはなんぞや?」を、芸術題材的に、建築的に、そして概念的に、いろいろな角度からとらえた作品を紹介する展覧会です。
そもそも「窓」とは。
手元の国語辞典をひいてみると(長年愛用の辞典ですが、「窓」を引いたのは初めてです)、「採光・通風のために、壁・屋根などにあけた穴」(新選国語辞典 小学館)。
結構そっけない・・・けれど、古今のアーティストたちは、その穴に魅かれ、その穴を題材にした多くの作品を生みだしてきました。
光や風を取り入れて室内と外界とをつなぐ、と同時に、遮断して中の空間を守る。室内に外界の眺めをもたらす、と同時に、外に広がる世界を切り取る枠でもあり、そしてまた、外界にいる人が中を見るのぞき穴ともなる・・・その性格、確かに一筋縄ではいかなさそうです。

藤本壮介《窓に住む家/窓のない家》(2019年)展示風景

会場では、そんな「窓」をめぐり14章のテーマが展開されています。
1章でバスター・キートンの映像に迎えられた後、2章「窓からながめる建築とアート」に展示された長い年表には、窓に関連する技術とアートの歴史が記されています。
それはまさに人類文明の進化の歴史!
これだけでも相当な見ごたえですが、ここから繰り広げられジャンルを超えた作品群は、一部屋進むごとに全く違う時代感、違う視点に誘ってくれます。
題材はもちろんすべて窓!

年表 展示風景 

マティスやクレーなど、20世紀絵画の巨匠たちに描かれた窓。
安全な窓の内側から見る “怖い”世界、反対に窓によって閉ざされた空間の閉塞感・・・その一瞬を切り取った写真作品。室内と外界をつなぐ現代の窓、テレビやPCのスクリーン・・・
あまりにバリエーション多彩で、数枚の画像ではイメージが伝えきれないので、今回はこちらの公式HPの画像をどうぞ。『窓展:窓をめぐるアートと建築の旅』
https://www.momat.go.jp/

ゲルハルト・リヒター《8枚のガラス》(2012年) 展示風景

古今東西のアーティストたちの、窓に対する熱い関心と、多様な解釈を触れていると、わたし自身も、“この風景を窓枠で切り取るとしたら・・・ “と、知らず知らずのうちに「窓枠目線」で周囲を見ていたり、“窓の開閉(カーテンなどでの視界の遮断も含めて)というのは、外とのつながり方を選択するという行為なのだ・・・”などとちょっと哲学的な事を考えていたり。帰り道では、来る時には気にも留めなかった建物の窓が、どうしようもなく気になってくる・・・脳みその眠っていた部分が、確かに揺り動かされてます。
見慣れた日常が新しく見えてくる――忘れていた感覚にきっかけを与えてくれる展覧会ですよ。みなさんもぜひ、体験してみてください!
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハイテクを活用する「スマート介護」とその「資格」が、介護の人手不足を解消させる?

ハイテクを活用する「スマート介護」とその「資格」が、介護の人手不足を解消させる?

介護業界の人手不足は深刻ですが、それを解決する突破口として期待されるのがロボットや情報通信技術で介護職員の身体的、精神的負担を軽減する「スマート介護」です。導入するだけでなく、その専門資格を設けることでも、人手不足の緩和につながりそうです。
「いつかは住みたい」トロントでの生活費

「いつかは住みたい」トロントでの生活費

カナダの南部、アメリカとの国境付近に位置するトロント。カナダでは最も人口が多く、金融の中心として発展してきました。市制が敷かれたのは19世紀に入ってからですが、それ以降、移民の移住も多く、今ではコスモポリタンの街と言われています。そんなトロントの生活についてお伝えします。
企画・常設・巡回展・・・「基礎用語」を知って美術展をより身近に、自由に!

企画・常設・巡回展・・・「基礎用語」を知って美術展をより身近に、自由に!

草花が日に日に色づき、頃は春。春の展覧会開幕シーズンです。 ・・・と明るく始めたいところですが、今年に限っては、“陽気に誘われて外出”もままならなくなってしまいましたね。こんな機を利用して、今回は春以降開催予定の美術展情報を例に、美術展情報の「基本用語」見直してみましょう。
本物のシンプル生活|スッキリ捨てて心がラクになる「捨てる贅沢」とは

本物のシンプル生活|スッキリ捨てて心がラクになる「捨てる贅沢」とは

気軽に外出できない状況が続いています。せっかくなので、家で過ごす時間を溜まりすぎたモノを、捨てる作業に当ててみるのも良いのかもしれません。 ドミニック・ローホー著『捨てる贅沢』 より、捨てることで心がラクになる考え方をご紹介します。
ボランティア活動を通じた異業種交流によって、良い人脈は得られるか?

ボランティア活動を通じた異業種交流によって、良い人脈は得られるか?

パーティ形式の異業種交流会とは別に、ボランティア活動への参加を通じた異業種交流会も行われています。「一期一会」ではなく、価値観が近い人と長い時間活動、接触することで、お互いの人間性がわかって交流が深まり、貴重な人脈が築ける可能性が高まります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部