2019年3月6日 更新

富裕層向け専用サロンとは 銀行や百貨店のVIPしか使えない?

富裕層向けサロンと聞くと、銀行のVIP顧客用サロンを思い浮かべる方も多いでしょう。また、大手百貨店にも、外商サービスを使うような富裕層向けに専用サロンが用意されています。おぼろげながらイメージはできますが、具体的にどんな富裕層がこれらサロンを使っているのでしょうか。

gettyimages (32546)

2019.3.6

銀行の富裕層向けサロンに案内されるためには?

gettyimages (32586)

富裕層のサロンと聞くと、銀行のVIP顧客用サロンをイメージする方も少なくありません。各支店に部屋が用意されていますが、富裕層に属する顧客であれば無条件に専用サロンに案内されるのかというと、答えはNO(否)なのですね。法人ではなく個人の立場であれば、高額の投信などを複数回購入した実績のある方、高額の借り入れ実績のある方などが、各支店のVIP顧客用サロンに案内されているケースが多いです。プライベートバンキングサービスを使えるレベルの顧客と銀行サイドが認識していれば、ほぼ間違いなく専用サロンに案内されるでしょう。
ちなみに、富裕層向けサロンに案内される金額的な基準は各行でまちまちです。一般的に大手都市銀行や信託銀行ではハードルが高く、地方銀行や第二地方銀行であれば、1,000万円程度の利用でも専用サロンに案内されるケースがあるようですね。ただし、富裕層か否かを問わず、一定金額以上の預金がある顧客リストをどの銀行も作成しますので、専用サロンに通されるような顧客ならば、間違いなく新規投信などのセールス攻勢を毎回受けます。
昨今の銀行経営では、収益性の低い小口預金口座を減らしたくてたまらないのが実態です。とりわけ、大手都市銀行などはこの傾向が顕著です。反面、富裕層のような、銀行経営の立場から見て優良顧客となり得る対象であれば、必死に囲い込みを図ろうとします。顧客リストの作成も、専用サロンの設置も、その富裕層囲い込み戦略の一環に他ならないのですね。

百貨店の富裕層向けサロンに案内されるのはどんな人?

gettyimages (32564)

また、百貨店(デパート)のVIP顧客用サロンも存在しています。このようなサロンで接客してもらっている顧客は、相当な確率で富裕層だと言えそうです。百貨店が顧客を専用サロンに案内する基準として、年間1本(100万円)以上商品を購入してくれた実績があること、としているケースが多いとのお話もあります。専用サロンに通されれば、一般客と一緒に売り場で品定めをする必要はありません。
専用サロンでは、お茶や御菓子を供されつつ、専属のコンシェルジュに当日の希望や好みを伝えます。そうすると、コンシェルジュは購入する候補となり得る品を、何度でも持って来てくれるのですね。言わずもがな、専門的なファッションアドバイスなどもマンツーマンで受けることが可能です。なお、外商担当がお付き合いする顧客であれば、富裕層に属する場合も多いと考えられます。来店すれば、間違いなく専用サロンに案内されることでしょう。
ちなみに、かつて私の実家も某老舗百貨店の外商さんとお付き合いさせていただいていました。これは、母の個人的なツテでの繋がりでしたから、VIP顧客用サロンで対応してもらったなどの話は聞いた記憶がありません。外商さんが時折訪ねて来ていたとは言え、もちろん実家は富裕層などではありませんので。

東京だからこそ存在する富裕層向けの会員制サロンとは?

gettyimages (32577)

そして、日本の首都・東京だからこそ存在できる、富裕層向けの高級会員制サロンも存在しています。港区や千代田区あたりに多い印象があります。例えば、皇族方や各国大使・公使、大手企業の経営層、著名政治家などが会員の中心となる富裕層向けサロン、「アークヒルズクラブ」が港区赤坂のアーク森ビル・イーストウィング37Fに存在しています。富裕層向け高級サロンの草分けとも言える存在で、会員の一般募集はなく、会員になるためには理事1名と会員1名以上の推薦を得た上で、入会審査にパスすることが必要です。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。
預金?それとも投資?富裕層のお金の貯め方事情

預金?それとも投資?富裕層のお金の貯め方事情

この記事をご覧の皆さんの中には、富裕層の預金事情や、どのようにして資産を管理しているのか、という疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。富裕層は、その名の通り一般レベルの人よりも多くの資産を持っており、その多くの資産をどのように扱っているのか気になる人がいても不思議ではありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部