2018年10月8日 更新

やりたいことをやれる人になるためには

思いついたらエイヤーと始めてみるとあらゆるところで言っています。 若い頃の私は「それいい!」と閃くやいなや、その場にはいない後先考えず突っ走るという。それは長所というより短所としてとらえていました。

思いついたらエイヤーと始めてみるとあらゆるところで言っています。

「よく考えてから」「準備してから」など注意を受けたものです。けれどその行動力がこの歳になってみると人生を楽しむ要素のように思えるてきました。

いつまでもあると思うな時間

「○○やりたいんだけど」その後に「いつか‥‥」と続く。腰があがらない。ということはありませんか?私にもそんなことがあります。

そんな時には「あと1年後に天に召されても、それでも後悔がないか?」と自分に聞いてみます。これはあちこちで言っては笑われていますが、人生100年時代を迎えたとはいえ50歳を過ぎたら、いつ人生の幕を閉じてもおかしくはないと思っています。

そんなことにならなくても、大病をするかもしれません。そう考えると今という時間はとても貴重に思えてくるのです。

やりたいことは言葉に出す

「こんなことやってみたい」って頭の中で思うだけで行動に移せない人は、思いを自分の中に留めていませんか?思ったら誰かに言葉で伝えていますか?思っていることを言葉にしてだすと、不思議なことに助けてくれる人が身近にいたりします。

私の場合、今の職場に転職できたことや、日本酒を嗜む会ができたのも、思いを言葉に出したら助けてくれる人がそばにいたからです。

ブロガーとして情報発信がライフワークになったのも言葉がきっかけです。言葉に出さなければ、たとえ助けてくれる人がそばにいても何も起きません。

思いはどんどん言葉に出していきましょう。

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

失敗は怖い、けれどやってみる

もし失敗したらどうしよう。と考えすぎて行動に移せない人がいます。そういう時はモンモンとしますよね。

「もう1店舗増やしたい」「こうすれば生産性は上がる」と閃きを話してみたら採用されました。走りながら考えればいいかと勢いで進んでいましたが、調整不足で頓挫しました。

事業展開は会社本部に権限があることなので再トライは出来ませんでした。けれどずっと「店を増やせば面白くなるのに」というモンモンとした気持ちは解消されました。

やらなければ、いつまでもモンモンとした気分をもち続けます。そうすると諦めきれず、新しい道にも進めません。

まずは紙に書く

やりたいことがあっても何から始めていいか分からない人は、まずやりたいことを紙に書いてみる。出来そうなことを一つ選びそれをするにはどうすればいいかを考える。

例えば旅行だとすると、いつにするのか、費用はいくらなのか、それを明確にするとそのために仕事を調整する。費用は貯金を崩すのか、それともその目標に向けて積立をするのか、具体的に決めていけばいい。あとは実行に移すだけ。やりたいことを実行するのに視覚化は有効です。

その道のプロから学ぶ

やりたいことがあってもそのノウハウを持ち合わせていないことがあります。どうしていいか分からず止まってしまうことも。

そして自分には無理だと諦めてしまう。私はこれまで、自分の人生経験だけが先生だったのです。そこから学びとったことを人生に生かしてきました。

けれどそれだけではどうしようもないことが起きるのです。そういう時には「その道のプロから学ぶ」に限ります。

最短で的確にそのノウハウを得ることができます。すると自分の取るべき道が見えてきて一気に行動につながります。

やりたいことを行動に移す始めの一歩は小さくてもいい。それが失敗でもなにもしないよりは100倍いい。

失敗と成功を繰り返しやがて行動することが習慣になってくると、やらないことが気持ち悪くなってきます。そうなれば人生は自然と面白くなります。

あなたの今やりたいことはなんですか?

【前回の記事はこちら】
貯金下手の私がストレスなく貯める方法
「やりたいこと」がどんどんできる時間上手のすすめ
50代からでも間に合う「健康貯金」と「自己投資貯金」

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部