2019年3月29日 更新

日本とアーティストを元気にする私なりのやり方〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時代に立ち上げた「イスラエル女子部」が大当たりし、三木さん自身もインフルエンサーとして、脚光を浴びました。その三木さんが、次にジョインしたのはプログラミング教育ベンチャーのLife is Tech !。アメリカ法人を立ち上げる準備の真っ最中にお話を伺いました。

2019.3.29

アメリカのマーケットにチャレンジする

STAGE編集部:Life is Tech !といえば、ディズニーとコラボレートしたプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」が人気ですね。
三木:はい、そうなんです。Life is Tech !は、キャンプやスクールでこれまで約3万7千人の中高生にプログラミング教育を行ってきましたが、地域格差を解消するために、オンラインで楽しく学習できるプラットフォームを作りました。そのシステムを活用して生まれたのが「テクノロジア魔法学校」です。
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社とライセンス契約し、ディズニーの世界を楽しみながらプログラミングやクリエイティビティをオンラインで学べる学習教材として昨年4月にリリースされました。魔法学校の生徒になって、ロールプレイングゲームのように遊んでいくと、気づいたらプログラミングまで身についてしまう。あたかも自分がディズニーのクリエイターになったかの感覚で、4つのプログラミング言語(JavaScript、HTML/CSS、Processing、Shader)を勉強してもらえます。今までの教材ってつまんないとか、どこかで挫折しちゃうんですけど、それがないという画期的なものです。日本で半年前に発売して、おかげさまで大ヒットしています。
この「テクノロジア魔法学校」を持って、アメリカ進出します。「テクノロジア魔法学校」を作ったのは元スクウェア・エニックスのCTO(現Life is Tech ! のCTO)なんですが、Life is Tech ! で中高生を教えている大学生の子たち(メンター)も、制作に携わっています。アメリカでバシッと売ってあげれば、作った大学生の誇りにもなる。彼らがフューチャーされて、次なる中高生が、「わっ、かっこいい」と思えば、いい循環になるんじゃないかなと思います。
ただ、日本人とアメリカの文化が全然違うんですね。例えば、日本の社会は、キャラクター物にすごく許容がありますが、アメリカは少しちがいます。キャラクターを心底好きになるっていう雰囲気があまりありません。表現を変えて、キャラクターに頼るだけでなく、本質的な勉強もできるんだよっていうことをちゃんと伝える。表現だけではない、戦略的なマーケティングが必要ですね。どういうチャンネルで、どう見せていくか。あるいは、どういう会社とアライアンスしなきゃいけないか、ということを今まさに、全部やっているところです。
STAGE編集部:三木さんのパートナーも一緒にアメリカへ行くんですか?
三木: 主人は、自動車メーカーの研究開発をしているんですけど、付いてきてもらうも予定です。一見、すごいリスクのようだけど、リスクじゃないなと思ったんです。主人はハードウェアのエンジニアで、樹脂でも金属でも、なんでも加工できます。そして、実は、いまソフトウェアの勉強もはじめているんです。今の日本で、ソフトウェアもハードウェアもどちらもできるエンジニアは少ないんですね。
なおかつ、今回アメリカへ行けば、英語がもっとしゃべれるようになるし、アメリカの文化を知ることができるじゃないですか。もちろん、日本へ帰ってくる理由は撤退ぐらいしかないので、アメリカでずっと暮らし続けたいんですが、もし、万が一撤退したとしましょう。彼の経歴は、ハードもできる、ソフトもできる、英語もできます。仕事はありそうじゃないですか(笑)。だから、案外リスクじゃないかもなと思って今回、彼にもそう説得しました。「あなたのキャリアを考えたときに、もしかしたら1社にとどまるんじゃなくて、ソフトウェアも勉強して、なおかつアメリカ行くっていうのは、すごくいいキャリアチャレンジなんじゃないの」と言ったら、彼も二つ返事で、「ああ、そうだね」って。

アートとお金をブリッジする存在

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

2010年「世界ジュニア選手権」に優勝して頭角を現すと、「ソチオリンピック」シーズンには序盤の不調を覆す大逆転劇を演じて代表切符を獲得。輝かしい成績を残して2017年にフィギュアスケート競技生活からの引退を表明しました。現在はプロとしてアイスショーに出演しながら、その笑顔をバラエティ番組で見る機会も日に日に増えている村上佳菜子さんの人生の軌跡とは?支えてくれた家族との絆、そして同じリンクで育った浅田真央さん、宇野昌磨選手とのエピソードも明かしてくれました。
インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時に「イスラエル女子部」を立ち上げ、自らをインフルエンサーに育てて注目されました。現在はプログラミング教育ベンチャーのライフイズテック株式会社にジョインし、アメリカ進出に向け準備中。キャリアを作るとはなにか?を三木アリッサさんにききました。
〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

5年前、原宿の美容業界のお洒落エリート一辺倒路線に反旗を翻し、ライバルスタイリストとともにサロンOCEANTOKYOを立ち上げた高木琢也さん。現在6店舗を展開する経営者であり、長らくカリスマ不在だったの台風の眼のような存在だ。そんな高木さんの「お金観」とは。
〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/聞いて学ぶ。

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/聞いて学ぶ。

原宿1番の人気美容師が、ついに独立。サロン激戦区の原宿で、経営者として成功するために必要だったのは、「髪を切る」だけの才能だけではなかった。 今、若者に「兄貴」と慕われる存在となった、カリスマサロンOCEANTOKYO代表の高木琢也さんに迫るインタビュー第2回。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部