2019年1月13日 更新

今年お金の流れが良くなりますように

2019年、平成もあとわずかになり年号が変わると、景気も良くなったりするのかな?経済音痴の私は、単純に期待を膨らませる一年がスタートしました。その一年の初めに「お金」のことを書いてみようと思います。といっても、お金持ちでない庶民の私ですので、貯金や投資のお話しではありません。お金を使う時の気持ちと不思議なお話しを書きたいと思います。

年末、頼まれた企業のインタビューで、その会社の提供サービスの金額が高い?安い?妥当?かと質問されました。

私は少し考えて「どれも当てはまらず」と答えました。というのも、そのサービスが自分にとって欲しいものである。価値があると思うならばその金額そのままをお支払いする。それが高いか安いかなどは全く考えません。

その時、その金額の持ちあわせがなければ、諦めるかもしれないし借金をするかもしれない。手持ちがあれば、喜んでお支払いします!と答えました。

日々の暮らしの、どうでもいいような物には、100円のお金も始末してケチりますが、本当に欲しいものがある時には、高いとか安いとか「お金」の価値について考えません。

例えば家族で行く旅行とか、リラックスの為のひとり旅だとか、とことん安いところを探してなどの努力はしません。

ちょっと無理な金額の時でも、エィッと支払った時に、支払える自分に喜びを感じます。

送り出したお金に対し、いい買い物ができた「ありがとう」と思うのです。

これまで、「無理したな」と思うお金を幾度か出しました。

それが不思議なことに、それに見合うお金が別口から入ってきたりしたのです。いつの間にか帳尻があってしまっています。

最近のことで一番の出来事は、母を施設に入所させた時のこと。かかる費用の面でこれはちょっと無理だな、しんどいなと思いながらも、やっぱりここが良い!と決断しました。

母には、年金があったのですが、それだけでは足りず、不足分を私が補うことにしました。万が一支払えなくなれば、銀行の介護ローンを借りようと考えていました。

母が施設に入居をしたおかげで安心して仕事に向かうことができました。

母には快適な施設の生活を過ごして欲しいと願っていました。それを勿体ないなどとは思えなかったのです。

実家を片付け売りに出す。古くて綺麗とは言い難い実家を欲しい人は現れるのだろうか、と不安の気持ちもありました。

ところが、その数ヶ月後、予期せぬ出来事が起こりました。

親戚を通して「知人に貸してほしい」とお願いされたのです。それもちょうど施設費用の不足分くらいのお家賃で。

こんなミラクルが起きるのだろうかと思いました。

それも身近な親戚に助けられるという、有難いなと思いました。

そんなミラクルは時々起きるのです。

誰でも、「お金」を受け取る時には、ほくほくした気持ちになりますが、出す時には損をしたくない。勿体ない。など負の気持ちが現れるものです。

随分前の私もそうでした。けれど、どうせ出すのなら気持ちよく出したい。その気持ちにフォーカスするようにしたら、苦しいなと思っても、いつの間にか帳尻があっていることに気づいたのです。

「お金」を出す時には感謝の気持ちをのせて払う。

これは、「お金の本」にもよく書かれていますね。ほんとその通りだと実感しています。

決して裕福ではありませんので小さなお金が目の前を行ったり来たり流れています。

お金の器の大きさは人それぞれです。しかし、お金に対する感謝の気持ちには大小はなく、すべて同じではないかと思います。

お金と差し出す相手に感謝を込めて、お支払いする時には新札を心がけています。

これなら庶民の私にもできることなので、月に一度銀行で新札に変えてもらうようにしています。

今年皆さんのお金の流れが良くなりますように。

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

【前回の記事はこちら】
「変わろう」とした時の「不安」はどこから来るのだろう。
自分のベースがその人生を引き寄せる
来年一年パワーアップして過ごせる手帳術

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部