2017年8月17日 更新

ビットコインの分裂騒ぎはブロックチェーンの根本的問題を表面化させた

ビットコインの分裂騒ぎはただ1通貨についての問題だけではなくブロックチェーンの根本的問題を表面化させたものである。【連載】金融リテラシーで変わる社会(第9回)

thinkstock (3693)

2017.8.7
2017年8月1日(日本時間22時30分)、暗号通貨の盟主であるBitcoinが2つに分裂した。今までのBitcoinと、Bitcoin Cashの2つだ。そして、今回の分裂は、Bitcoinの話であるが、同時にブロックチェーンという仕組み自体の根本的な問題を露呈した。
Bitcoinをはじめとする暗号通貨は、ブロックチェーンで運営されている。中央主権ではなく、分散で処理がなされており、またマイニングといわれる承認の処理が行われたものだけが、チェーン上につながっていくのがブロックチェーンだ。
そして、このブロックチェーンは仕組み上、どうしても1秒当たり7回しか送金ができないことになっている。この問題を抱えた中で、最近の暗号通貨の価格暴騰に伴い様々なマスコミで報道がされたことで認知度が上昇。取引量が爆発的に増加したため、最近では取引を行うために余分な手数料を支払う必要性や、いつまでたっても取引が完了されない問題が発生していた。
thinkstock (3700)

この問題の解決については、2つの方法が考えられている。

① 情報を保存するブロックの大きさを約8倍に大きくする。
② ブロックに保存する情報を整理し、署名データを保存するのをやめる。
現在の分裂騒ぎは、この2つのどちらの手法で解決するかの意見対立が原因である。
そして、この意見対立の背景にあるのが、ASICBoostと呼ばれる技術だ。これは端的に言えば、Bitcoinのマイニング作業について、システム的な抜け道を利用して、20%~30%高速化させる技術である。この技術を利用しているか否かで大きく、マイニングの成功率が変化するため、不公平だとの声があがっており規制すべきだとの意見が強い。一説ではこの技術を利用しているマイナーと言われるマイニング業者は、年間1億ドル相当の不当な利益得ているともいわれている。
そのため、この解決方法については、 
① ASICBoostの利用について対応はしない。
② ASICBoostについて利用できないようにする。
というオプションが存在している。
そして、ASICBoostの利用に対して対応しない方法(もしくは対応することを明示していない)を支持しているのが、ビットコインのマイニングについて大きなシェアを持っている中国のマイニング業者であり、また中国政府となっている。彼らは中国の業者のマイニングに関する優位性を確保することと、中国政府による暗号通貨市場への野心により、同意が得られないにしても新しいBitcoinとしてBitcoin Cashの作成を強行すると表明していた。
thinkstock (3697)

そして8月1日になり、①の主張を反映したブロックの大きさを8倍にする新しい暗号通貨として、Bitcoin Cashが誕生した。それまでのブロックチェーンについてはBitcoinの情報を引き継いで、1日以降はBitcoinとは別の新しい暗号通貨として取引が始まった。これがBitcoinの分裂騒ぎだ。
8月2日現在、BitcoinおよびBitcoin Cashは当初想定された形とは異なる動きを示している。当初、Bitcoinは暴落すると思われていたが、多少の変動はあるものの日常のボラティリティの枠内に収まっている。またBitcoin Cashは取引がなされないのではないかと言われていたが、即座に時価総額ベースではリップルを抜き、Bitcoin、イーサリアムに次ぐ第3位の時価総額約77億ドル、日本円にて約8500億円もの時価総額を持つまでに至った。1コインあたりの価格においてはまだ5万円程度と5分の1程度になっているが、これからの需給によっては価格が高騰していく可能性も大いにあるので、今後は双方ともに注視していく必要がある。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コーヒーやサンドイッチの購入に使われない仮想通貨

コーヒーやサンドイッチの購入に使われない仮想通貨

私たちをとりまく社会はいま、大きく変化している。大企業に新卒で採用され、そのまま定年を迎えるまで勤め上げれば定年後は安泰。そんな少し前まで当たり前だった人生はもう夢物語だ。【連載】金融リテラシーで変わる社会(第8回)
仮想通貨は「貨幣」ではなく「株式」だ。

仮想通貨は「貨幣」ではなく「株式」だ。

5月に入って仮想通貨がバブルの様相と化している。しかしなぜ今、仮想通貨が多数乱立しているのか理解できているだろうか。その本質を理解しよう。【連載】金融リテラシーで変わる社会(第7回)
もう現金は不要…。給料が外貨や仮想通貨になる未来は近い?

もう現金は不要…。給料が外貨や仮想通貨になる未来は近い?

私たちをとりまく社会はいま、大きく変化している。大企業に新卒で採用され、定年を迎えるまで勤め上げれば定年後は安泰。そんな少し前まで当たり前だった人生はもう夢物語だ。【連載】金融リテラシーで変わる社会(第2回)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

岸 泰裕 岸 泰裕