2018年4月23日 更新

お父さんは一家の大黒柱です

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんのこづかいは減らすな』より特別編集編をお届けします。

gettyimages (9930)

2018.2.6
親は子供に対して時間とお金を投資して、その子の未来で生きるインプットを20年近く続けています。
ここで、これから20年、30年と働き続けて、家族を支えていくお父さんにも、時間とお金を投資してインプットを続けることが必要、と思った方もいるかと思います。
では、そのお父さんの普段のこづかいの使い道を、もう少し掘り下げてみてみましょう。まず、普通の会社員のお父さんは、普段どのようなことにお金を使っているかイメージしてみましょう。
先ほどの「サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性社員の平均ランチ代は587円なので、月22日間出社した場合は月額合計約1万3,000円。
これに加えてコーヒーショップのSサイズコーヒー220円を毎日朝と午後に1杯ずつ飲むと月額約1万円。さらに、月に2・3回、1回あたり約5100円の飲み代が合計で月額約1万2,000円。
istockphoto (9934)

つまり、会社に通うだけで日常の飲食費が月間約3万5,000円必要となるわけです。
 このほかに、身だしなみのための費用、趣味やファッションのための費用を加えると、月4万円のこづかいでは、やり繰りがかなり難しいはずです。
おそらく、こづかいを月4万円しかもらっていないお父さんは、自分の知識やスキルを高めるためのインプット、つまり自己投資にはお金を回せないでしょう。
お父さんは一家の大黒柱です。多くの家庭では、お父さんの収入が一番高いはず。会社でいえば一番の稼ぎ頭の部署です。
ひとつの家庭ごとに収入や支出、資産や負債があることを考えると、会社と同じです。私たちは誰しも、自分の家庭を「家庭株式会社」の経営者として、経営を行っていく必要があるのです。
そう考えると、家庭株式会社の稼ぎ頭の部署には、会社の資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を集中させて伸ばすという判断になるでしょう。会社ですから、当たり前の話です。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

家族全員が豊かな未来を築くために

家族全員が豊かな未来を築くために

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんのこづかいは減らすな』より特別編集編をお届けします。
新しい時間を生み出す「チェックシート」の重要性

新しい時間を生み出す「チェックシート」の重要性

気合いと根性だけでは、仕事は長続きしません。では、どうするか?——おすすめは「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方です。効率化に悩むビジネスパーソンへ、泉正人のベストセラー『「仕組み」仕事術』よりスペシャル版としてお届けします!
他人のお金の使い方にこそ人格が出る~『お金原論』[第19回]〜

他人のお金の使い方にこそ人格が出る~『お金原論』[第19回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
会社の上司も後輩も…あなたの経費の使い方を見ている

会社の上司も後輩も…あなたの経費の使い方を見ている

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんのこづかいは減らすな』より特別編集編をお届けします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人