2018年4月23日 更新

お父さんは一家の大黒柱です

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんのこづかいは減らすな』より特別編集編をお届けします。

gettyimages (9930)

2018.2.6
親は子供に対して時間とお金を投資して、その子の未来で生きるインプットを20年近く続けています。
ここで、これから20年、30年と働き続けて、家族を支えていくお父さんにも、時間とお金を投資してインプットを続けることが必要、と思った方もいるかと思います。
では、そのお父さんの普段のこづかいの使い道を、もう少し掘り下げてみてみましょう。まず、普通の会社員のお父さんは、普段どのようなことにお金を使っているかイメージしてみましょう。
先ほどの「サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性社員の平均ランチ代は587円なので、月22日間出社した場合は月額合計約1万3,000円。
これに加えてコーヒーショップのSサイズコーヒー220円を毎日朝と午後に1杯ずつ飲むと月額約1万円。さらに、月に2・3回、1回あたり約5100円の飲み代が合計で月額約1万2,000円。
istockphoto (9934)

つまり、会社に通うだけで日常の飲食費が月間約3万5,000円必要となるわけです。
 このほかに、身だしなみのための費用、趣味やファッションのための費用を加えると、月4万円のこづかいでは、やり繰りがかなり難しいはずです。
おそらく、こづかいを月4万円しかもらっていないお父さんは、自分の知識やスキルを高めるためのインプット、つまり自己投資にはお金を回せないでしょう。
お父さんは一家の大黒柱です。多くの家庭では、お父さんの収入が一番高いはず。会社でいえば一番の稼ぎ頭の部署です。
ひとつの家庭ごとに収入や支出、資産や負債があることを考えると、会社と同じです。私たちは誰しも、自分の家庭を「家庭株式会社」の経営者として、経営を行っていく必要があるのです。
そう考えると、家庭株式会社の稼ぎ頭の部署には、会社の資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を集中させて伸ばすという判断になるでしょう。会社ですから、当たり前の話です。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
人生最大の買い物に備える! 大きなお金に慣れるためのトレーニング法

人生最大の買い物に備える! 大きなお金に慣れるためのトレーニング法

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの「こづかい」は減らすな』より特別編集編をお届けします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人