2019年8月19日 更新

成功者に共通する口癖の傾向は?すぐに取り入れられる言葉の習慣

社会において何らかの功績を持ち、経済的に豊かな人生を送っている「成功者」の名言を見てみると、成功者の言葉がそのまま実現し、成功につながっている「言葉の力」を感じます。成功者の口癖がなぜ成功につながるのか、また、言葉を発するための思考や名言をお伝えします。

2019.8.13

成功者の口癖が運を引き寄せている

gettyimages (44689)

成功者は自分自身のことを運が良い人間だと考える傾向があるようです。
パナソニックを一代で築き上げた経営者、松下幸之助氏の有名なエピソードで、面接の質問で、「自分自身のことを運の良い人間だと思うか?」の問いに、「イエス」と答えた人間だけを合格にし、「ノー」と答えた人間は不合格にしたという話があります。
自分に自信が無い人や謙虚に振る舞う人より、自分に自信があり言葉に出せる人こそ、人を惹きつける影響力のある人となるでしょう。考えに共感や憧れを抱く人が、味方になることもあるでしょう。
また、エジンバラ大学のリチャード・ワイズマン博士の研究では、運が良いと思っている人の方がビジネスチャンスに気付きやすいという結果が出ています。
その研究とは、5ポンド札を喫茶店の前に置いてそれに気付けるか?また、気づいた人と気づかない人で、その後の喫茶店での行動に違いがあるか、というもので、「運が良いと思っている」と答えた人ほど落ちていた5ポンド札に気付き、喫茶店内にいた隣の席の実業家に声をかけ、会話が弾んだそうです。

ポジティブな思考が発言につながり、その人の運命を変える

gettyimages (44690)

自己啓発の祖とも言えるナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」という本に、思いは現実化するという話があります。
人間は自分の想像できることや想定できることしかなかなかチャンスをつかめないものです。
「チャンスの神様は前髪しかない」という有名な言葉もあります。これは、チャンスは直ぐにつかまなければ後から気付いても遅いという意味合いが込められています。
日頃からポジティブに夢やビジョンを描いている人間だからこそ、チャンスが訪れた時に気づき、つかみとる準備ができています。
さらに、物事を日ごろから肯定的に解釈することは大切な習慣です。
例えば、コップに入った水を見た時にそれが半分入っている状態だとします。それを肯定的な人は半分も入っていると考えますし、否定的な人は半分しか入っていないと考えます。
このコップの水の残りのお話ですが、有名な著述家であるドラッカーがこのような言葉を残しています。
「コップに『半分入っている』と『半分空である』とは、量的には同じである。だが、意味はまったく違う。とるべき行動も違う。世の中の認識が『半分入っている』から『半分空である』に変わるとき、イノベーションの機会が生まれる」
(P・F・ドラッカー『イノベーションと起業家精神』)
人生において、日常を順風満帆に過ごせるとは限りません。どのような時も心が前向きに生きる姿勢、そして仮に立ち直れないくらい辛い挫折を味わっても何度でも立ち上がる気概が大切なのです。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

今年2月、日本とEUの間のEPA協定が発効しました。ワインが安くなりましたが「天然塩」の関税も撤廃されました。岩塩、海水塩など欧州産高級天然塩の輸入が増えそうですが、海外で日本食が定着しているので、日本産の天然塩にも輸出拡大のチャンスです。
経済 |
本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本物のセレブのお金の使い方、気になりませんか?セレブと呼ばれるお金持ち層が一体どういったことにお金をかけ、どういったお金の使い方を避けるのか。実例を紹介しながら解説していきます。
米国ハイテク株の動向に注目

米国ハイテク株の動向に注目

サマーバケーションに入り世界の株価と為替相場が乱高下を繰り返しています。乱高下を繰り返しながら徐々に株安、ドル安に水準を切り下げる中、未だ強気派と弱気派の数は拮抗しているようにみえます。私達はどのように考えるべきなのでしょうか。
日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

国連も問題視する途上国の「水」問題の解決は「井戸」の建設に託されています。日本の伝統の井戸掘り技術「上総掘り」は、機械を使わないので途上国向き。アジアで、アフリカで、上総掘りで掘った井戸が現地の人たちの生活や社会を変えようとしています。
経済 |
20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

アメリカでは、20代、30代の若さで職業生活を早期リタイアし、働くことに縛られずに生きる「FIRE」のムーブメントが起きています。貯金があり支出を抑えれば「4%ルール」で生活していけるといいますが、彼らはどんな暮らし方をしているのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部