2019年8月30日 更新

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。

2019.8.30
Evernoteは、何でもデータを保存しておけるというのが売りだったので、今ではものすごくデータをため込んでしまったから、使わないわけにもいかなくなっているという人もいるはずです。
また、「何でも保存しておける」を実現するために、ウェブクリップはもちろん、スマホからの写真、スマホからのメモ、紙データのスキャン、メールを直接取り込む、果てはApple Watchなどからの音声メモ入力も可能となりました。
これが非常に便利なのです。
一時これも話題になった「ユビキタスキャプチャ」とはまさにこういうことのはずで、何かのアイデア、頼まれた用事など、どこでも即座にワンタップでメモできるという意味で、これ以上のツールはありません。記憶の外部保存であれば、いまでもEvernoteは最強のツールです。
そこで、なんとかこれを活用できないかという人に向けて、Evernoteのリマインド機能をオススメしたいです。

Evernoteのリマインド機能はメールも使える

たとえばEvernoteのリマインド機能を使うと、こんなふうに紙メモを写真で撮って、それを特定の日に自分に送りつける、というような使い方も簡単です。
さらにこれを、スマホで確認するのも簡単です。
こういうことであれば、他のツールでもいいでしょう。
大事なのは、Evernoteは情報を一元化できるところなのです。写真であろうと、音声だろうと、PDFであろうと、ウェブクリップだろうと、何でも扱えます。そしてあらゆるところに、Evernoteの入り口があります。
これにリマインドをセットする。待ち合わせの場所に関する情報であれ、会議に使う資料であれ、確認すべきメールであれ、確認すべきメッセージであれ、なんでも扱えます。
うちあわせや会議前に必要な資料をリマインドしてもらうことで、特別な情報整理などが不要になります。Evernoteを探せば入っているし、探さなくても必要な日には姿を見せてくれるというのは、未来に来た感があります。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事をスピーディーかつ正確にこなす人には憧れるものです。そんな「仕事のできる人」にはいくつかの共通点があります。反対に、仕事ができない人にも特徴があるようです。それぞれの特徴を把握して、職場で意識して動くことで仕事のスキルアップができます。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

佐々木 正悟 佐々木 正悟