2017年11月16日 更新

富裕層になった人が共通して得意にしてきた、”あること”とは?

富裕層になる人、若い頃に頭角を現す人には、共通するある得意なことがあります。

thinkstock (6813)

2017.11.14
富裕層になる資質がある人に共通する得意なことは、「道案内」です。そうなんです。道案内が実に見事なほど上手です。では、なぜ道案内が上手なのでしょうか。実はその背景には大変奥深いワケがありました。その背景をみなさんにも参考にしてもらいたいと思います。

1.どこから目的地に向かうかを聞く

thinkstock (6818)

みなさんは、誰かに道案内をする時に、その目的に向かうスタート地点を聞いていますか。また、経路や路線も聞いていますか。何故、道案内を得意とする人は確認しているのでしょうか。表向きには、到着する最寄りの駅を知ることでその駅のどこの改札口に向かえばよいのか、また改札口から右に左に向かうと説明しやすいからですが、実はそれよりも大事な理由があります。それは、道案内のスタート地点をお互いに明確し共有することです。
道案内をするには、スタート地点が明確でないとちゃんとした案内できません。車のナビゲーションやグーグル・マップにおいても道案内はスタート地点が必須ですよね。道案内の得意な人は、実は無意識にナビゲーションと同じ脳内設定になっています。
では、なぜ、道案内の得意な人=頭角を現す人なのでしょうか。それは、頭角を現す人の仕事の進め方が、仕事でチームをマネジメントをしたり、プロジェクトを推進したりする時に、まず最初に現状を把握してからスタートしているからです。PDCAを回すにしても、ゴールセッティングを行うにしても必ず現状把握は欠かせません。でなければゴールもセッティングができないからです。
みなさんも日頃の仕事で、現状分析を意識しゴール・セッティングを行うことから始めはいかがでしょうか。それにより道案内だけではなく、業務推進力も格段に高くなるはずです。

2.高低差や目印などを上手に使う

thinkstock (6823)

道案内の上手な人は目印を使うというと「もう、やっているよ」という方が多いと思います。では、高低差や体力的な表現を使い説明はできていますか。
例えばこんな感じです。
普通の人は、「改札を背に右に曲がり100mほどまっすぐに行ってください」こんな感じだと思います。すでに充分なレベルですね。でも、さらに上手な人はここの少し表現を加えます。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

知っていますか? 富裕層の年間スケジュールの立て方

知っていますか? 富裕層の年間スケジュールの立て方

最近、ゴールデンウィークの10連休をどのように過ごすかという話題を多く見かけるようになりましたが、富裕層と呼ばれるような人たちはどのようにスケジュールを立てているのでしょうか。当然、バタバタしながら予定を立てるわけはなく年間単位でスケジュールを立てています。
富裕層向け専用サロンとは 銀行や百貨店のVIPしか使えない?

富裕層向け専用サロンとは 銀行や百貨店のVIPしか使えない?

富裕層向けサロンと聞くと、銀行のVIP顧客用サロンを思い浮かべる方も多いでしょう。また、大手百貨店にも、外商サービスを使うような富裕層向けに専用サロンが用意されています。おぼろげながらイメージはできますが、具体的にどんな富裕層がこれらサロンを使っているのでしょうか。
富裕層の子供への教育とは 日本・アメリカ・中国の共通点や違いは?

富裕層の子供への教育とは 日本・アメリカ・中国の共通点や違いは?

富裕層の子供への教育と聞いて、どのような特徴をイメージしますか?ステレオタイプの帝王学は影を潜め、現在は国際性、お金と付き合う力、ITリテラシーが、富裕層の子弟教育が目指す3本柱です。日本・アメリカ(米国)・中国の富裕層での、子供への教育の共通点や違いを見てみましょう。
富裕層が集う街ドバイでラグジュアリーな旅 おすすめ観光5選

富裕層が集う街ドバイでラグジュアリーな旅 おすすめ観光5選

ドバイは今や、ニューヨークや東京よりも訪れる人が多いと言われる、アラブ首長国連邦の最大都市です。亜熱帯に位置するドバイは、冬でも20度以上の温かい日が続きます。その中でもベストシーズンは遊泳ができるようになる3月。注目のドバイ観光の魅力に迫ります。
お金持ちの財布の中身は? 3つの共通点から考える

お金持ちの財布の中身は? 3つの共通点から考える

お金持ちの財布の中身と聞いて何をイメージしますか? 帯封付きの札束? ブラックカード? もしくは、高級ホテルの会員証? 長財布にこだわるのはお金持ちに憧れる人間で、本当のお金持ちの財布自体には共通点がありません。それでも、中身には明らかな共通点が見て取れます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊