2017年11月16日 更新

富裕層になった人が共通して得意にしてきた、”あること”とは?

富裕層になる人、若い頃に頭角を現す人には、共通するある得意なことがあります。

thinkstock (6813)

2017.11.14
富裕層になる資質がある人に共通する得意なことは、「道案内」です。そうなんです。道案内が実に見事なほど上手です。では、なぜ道案内が上手なのでしょうか。実はその背景には大変奥深いワケがありました。その背景をみなさんにも参考にしてもらいたいと思います。

1.どこから目的地に向かうかを聞く

thinkstock (6818)

みなさんは、誰かに道案内をする時に、その目的に向かうスタート地点を聞いていますか。また、経路や路線も聞いていますか。何故、道案内を得意とする人は確認しているのでしょうか。表向きには、到着する最寄りの駅を知ることでその駅のどこの改札口に向かえばよいのか、また改札口から右に左に向かうと説明しやすいからですが、実はそれよりも大事な理由があります。それは、道案内のスタート地点をお互いに明確し共有することです。
道案内をするには、スタート地点が明確でないとちゃんとした案内できません。車のナビゲーションやグーグル・マップにおいても道案内はスタート地点が必須ですよね。道案内の得意な人は、実は無意識にナビゲーションと同じ脳内設定になっています。
では、なぜ、道案内の得意な人=頭角を現す人なのでしょうか。それは、頭角を現す人の仕事の進め方が、仕事でチームをマネジメントをしたり、プロジェクトを推進したりする時に、まず最初に現状を把握してからスタートしているからです。PDCAを回すにしても、ゴールセッティングを行うにしても必ず現状把握は欠かせません。でなければゴールもセッティングができないからです。
みなさんも日頃の仕事で、現状分析を意識しゴール・セッティングを行うことから始めはいかがでしょうか。それにより道案内だけではなく、業務推進力も格段に高くなるはずです。

2.高低差や目印などを上手に使う

thinkstock (6823)

道案内の上手な人は目印を使うというと「もう、やっているよ」という方が多いと思います。では、高低差や体力的な表現を使い説明はできていますか。
例えばこんな感じです。
普通の人は、「改札を背に右に曲がり100mほどまっすぐに行ってください」こんな感じだと思います。すでに充分なレベルですね。でも、さらに上手な人はここの少し表現を加えます。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜リスク編〜

富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜リスク編〜

200年にも渡り世代を超えて大きな資産を守りながら増やしていく富裕層の資産運用術。その運用術には、勘に頼らないしっかりと裏付けがあります。学べば誰でも使える極意を数回に渡り読み解きます。今回はリスク編。
「お金のイメチェン」!お金を引き寄せる方法とは!?

「お金のイメチェン」!お金を引き寄せる方法とは!?

景気回復しているとはいえ富裕層と貧困層の格差が拡大する昨今、私のようなフリーランスはもちろん、会社員の方々でも将来安泰な財産を得ることは容易ではありません。つまり、なんとなく働いていたのではダメ。より積極的にお金について考えて「稼ごう!」という決意と姿勢が重要になってきている気がします。
本物の「富裕層」はお金を稼ぐことに興味がない

本物の「富裕層」はお金を稼ぐことに興味がない

若くして富裕層になる人は何が違うのか~彼らの共通点は?~ 実際にはお金持ちになる人はほんの一部で、それ以外の人は普通の生活を送っています。ではお金持ちになる人とならない人の違いは何でしょうか。
プレ富裕層は人を信じても.......

プレ富裕層は人を信じても.......

富裕層になるプレ層には人との接し方に特徴があります。皆さんがこの特徴を身に付けることで確実に人間関係で悩む機会は減るかと思います。是非、意識してみてください。
1本100万円のワインはなぜ生まれるのか

1本100万円のワインはなぜ生まれるのか

かの有名なロマネ・コンティが100万円のワインであるということは誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。では、ロマネ・コンティをはじめとした超がつく高級ワインはどんな富裕層が購入しているのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊