2019年9月18日 更新

【書評】伊勢角屋麦酒の破天荒社長が行く!ビール天下統一の道

この本は、1代にしてクラフトビールの大家「伊勢角屋麦酒」を築き上げた鈴木社長の熱く破天荒なサイエンスの物語である。

この本は、1代にしてクラフトビールの大家「伊勢角屋麦酒」を築き上げた鈴木社長の熱く破天荒なサイエンスの物語である。

伊勢で400年以上続く餅屋の21代目である鈴木社長がビール作りを始めたのは「微生物(ビールの酵母)と遊べる」からだ。幼い頃より微生物が好きで、本当は家業に戻らず大学の研究室に残りたかった鈴木社長は「餅は夏は売れないから、ビールを売ろう」と家族を説得し、当時年商の2倍以上である2億円の設備投資をしてビール事業をはじめた。
しかし間もなく第一次クラフトビールのブームは過ぎ去り、残ったのは低迷するビール事業と、わずかな利益を食いつぶす赤字レストラン。ビール醸造ド素人、飲食店ド素人、マーケティングも知らず巨大な負債を背負う若者をどん底で支えたのは、経営・科学研究等、各分野で先を行くパイオニア達の叱咤激励と、大学で培ったサイエンス的着眼点とド根性、そして限りない微生物への愛だった。
初めての大口注文を踏み倒される。世界一ビールのタイトルを手にしながらも全くビールが売れない。
そんな数々の課題を乗り越え、1代にしてクラフトビールで国内指折りの醸造所へと成長させた鈴木社長の破天荒な半生を追う一冊。

■道を切り開くのはサイエンスである

この本を読めば、鈴木社長がビール作りのド素人から今日の「伊勢角屋麦酒」を築き上げた道のりが、地道かつ丁寧なサイエンスの足跡だということが分かるだろう。
ビールのオフフレーバー(酸化、ダイアセチル、DMS、異臭等)を取り除くためにひたすらデータを蓄積しPDCAを繰り返す。
国際大会の基準を研究し、自ら審査員として経験を積みながら、金賞受賞ビールをつくる。
情熱を持ち、かつ冷静に物事を進める彼のやり方はまさにサイエンティストのそれである。
彼の成功のエッセンスは、ビール作りだけでなく全ての物事に通じていることだ。
サイエンス的着眼点こそが、この本で一貫して叫ばれている鈴木社長の成功への教訓の1つである。

■破天荒を貫け

失敗への恐怖。
周りからのプレッシャーや責任。
400年以上続く老舗の跡取りならば、背負うものは人並み以上ではないだろうか。
この本は、鈴木社長のどん底を余すことなく描写している。
「自分の代で歴史を終わらせてしまうかもしれない」そんな思いに眠れない日もあったそうだ。
自分自身に給料が払えず、収入のことだけを考えたらアルバイトをした方が割が良い日々。
しかし、どん底にいながらも諦めずに自分を過信し、信じぬいた果てに業を成した。
万人にそういう生き方が通用するとは限らないが、そういった成功を夢みる人間にとっては、この本が何よりの励ましになるはずだ。

■こんな人に読んでほしい

職人気質の人、研究者肌の人は、鈴木社長の飽くなき微生物への探究心と研究対象への愛に共感を覚えるはずだ。
またビール好き、お酒好きな人にもぜひ読んでほしい。一冊読めば、鈴木社長によって丁寧に作られた伊勢角屋ビールを飲んでみたくなる。製造背景にある素晴らしいストーリーを知って飲むお酒ほど美味しいものはないだろう。
最後に、どん底を経験する覚悟で成功を夢見る全ての人に、ぜひ読んでほしい。鈴木社長の半生から全て学び吸収し、夢に挑んでほしい。

 発酵野郎!: 世界一のビールを野生酵母でつくる

発酵野郎!: 世界一のビールを野生酵母でつくる

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。 http://bookrev.horiemon.com
3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

20代がビジネス書を読んでいる!キーワードは「多様性」〈読者が選ぶビジネス書グランプリ2020授賞式〉

20代がビジネス書を読んでいる!キーワードは「多様性」〈読者が選ぶビジネス書グランプリ2020授賞式〉

読者が選ぶビジネス書グランプリ2020の授賞式がさる2020年2月18日に行われました。2020年に読まれたビジネス書はどんなものだったのか? 受賞作を見て、今年のビジネスパーソンの意識のあり方を探ってみたいと思います。キーワードは「多様性の理解」です。
究極の2択で思考を磨く実験とは|あなたは多数派?少数派?

究極の2択で思考を磨く実験とは|あなたは多数派?少数派?

ビジネスの場だけではなく日々の生活においても、人は何らかの選択を迫られているものです。それは、明らかな正解と不正解が提示されているとは限りません。どちらの選択肢も選び難いというシチュエーションであることもしばしばです。しかし、人まかせにしないで、何かを決断していかなくては前に進んでいくことはできません。 北村良子著『究極の思考実験』 より、究極の2択を自分で考えて答えを導き出すための思考実験をご紹介します。
インド人大富豪が教えるビリオネア思考「ジュガール」7つの概念とは?

インド人大富豪が教えるビリオネア思考「ジュガール」7つの概念とは?

時代の変化に応じて、急速なグローバル化に対応しなくてはならなかったり、上司や部下との折り合いがどうにもつけられなかったり。さまざまな壁にぶつかったとき、現代を生きる私たちは、どんな気構えを持って乗り越えていけばいいのでしょうか。 サチン・チョードリー著『大富豪インド人のビリオネア思考』 より、古来からインドに伝わるジュガールという考え方をご紹介します。
内向的な人だからできる深くて熱い「スタンフォード流人脈術」

内向的な人だからできる深くて熱い「スタンフォード流人脈術」

招待された決婚式に行くのが億劫、一人で部屋にいる方が好き…。そんな内向的な人は、無理をして外交的になって、人嫌いを直さなくてはいけないのでしょうか 竹下隆一郎著『内向的な人のためのスタンフォード流ピンポイント人脈術』 より、内向的だからこそ作っていける深い人脈づくりについてご紹介します。
幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部