2018年9月14日 更新

チームラボでデジタルアートを体感しよう

チームラボは、自称ウルトラテクノロジスト集団・デジタルコンテンツ制作会社。デジタル分野の専門家で構成されるこの会社を率いるのは、日本のスティーブジョブスとの呼び声高い猪子寿之氏。 彼らのデジタルテーマパーク「お台場ボーダレス」「豊洲プラネッツ」は体験済みですか?

gettyimages (21134)

2018.9.14

「お台場ボーダレス」はもう体験済み?

gettyimages (21133)

チームラボの真骨頂は、テクノロジーにサイエンスとアートを融合させたクリエイティブなものづくり。彼らのもとにはWEBサイト、店舗デザイン、スマホアプリ、建築、舞台演出など、幅広い媒体を飾って欲しいとオファーが殺到しています。
「お台場ボーダレス」は、2018年6月21日にオープンしました。
注目のスポット「運動の森」は、デジタルアートとアスレチックが融合した「創造的運動空間」です。ヒール、サンダルはNGですのでご注意ください。また床一面が鏡という作品もあり、スカートは危険です。しかしなんと「腰巻」のレンタルサービスがありますので、うっかりスカートで行った場合は必ずレンタルしましょう!
自分の描いた絵が、プロジェクションマッピングで投影されて空中を泳ぐ「お絵かき水族館」は、子供も大喜びのスポットです。その他にも「ポヨンポヨン宇宙」など、子連れも楽しめる「体感する」アートで溢れています。かなり歩くことになりますので、やはり運動靴で行かれることをお勧めします。

出典:お台場にオープンしたデジタルアートミュージアム「Borderless」。

「豊洲プラネッツ」は2020年秋までの期間限定

gettyimages (21146)

対して「豊洲プラネッツ」は、2020年秋までの期間限定です。こちらはかなり遅くまで開場しているので仕事帰りにも立ち寄れます。
開催時間
平日・日曜日・祝日:9:00~23:00(最終入場時間 22:00)
金曜日・土曜日・祝前日:9:00~24:00(最終入場時間 23:00)
豊洲プラネッツは、水を使った作品が多くあります。触れると花に代わる鯉のいる水の中を、裸足で歩く幻想的な体験をしたり、足を拭いた後モコモコのブラックホールを体験したり。光と点に吸い込まれるような感覚は疑似宇宙体験のよう。いろんな感覚を刺激されるアート体験ができ、こちらも同様にフォトジェニックです。
基本的に裸足で水の中を歩きますのでショートパンツや膝上までロールアップできるボトムスをお勧めします。高いところでは水位が35㎝位あるそうです。子どもの場合は水着を着せておいた方が安心ですね。
スマホが水没したら大変なので入場前にスマホケースが配られます。
こちらにも床が一面鏡でできている作品があります。スカートで来場した女性のために、無料で短パンのレンタルを行っています。自前のショートパンツを持って行っても良いですね。
無料のタオルコーナーもあります。しかし、子供連れの場合はずぶ濡れになることを想定して、多めのタオルと着替えを持参しましょう!

「teamLab Planets TOKYO DMM.com」公式CM【豊洲/TOYOSU】

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部