2018年9月14日 更新

チームラボでデジタルアートを体感しよう

チームラボは、自称ウルトラテクノロジスト集団・デジタルコンテンツ制作会社。デジタル分野の専門家で構成されるこの会社を率いるのは、日本のスティーブジョブスとの呼び声高い猪子寿之氏。 彼らのデジタルテーマパーク「お台場ボーダレス」「豊洲プラネッツ」は体験済みですか?

gettyimages (21134)

2018.9.14

「お台場ボーダレス」はもう体験済み?

gettyimages (21133)

チームラボの真骨頂は、テクノロジーにサイエンスとアートを融合させたクリエイティブなものづくり。彼らのもとにはWEBサイト、店舗デザイン、スマホアプリ、建築、舞台演出など、幅広い媒体を飾って欲しいとオファーが殺到しています。
「お台場ボーダレス」は、2018年6月21日にオープンしました。
注目のスポット「運動の森」は、デジタルアートとアスレチックが融合した「創造的運動空間」です。ヒール、サンダルはNGですのでご注意ください。また床一面が鏡という作品もあり、スカートは危険です。しかしなんと「腰巻」のレンタルサービスがありますので、うっかりスカートで行った場合は必ずレンタルしましょう!
自分の描いた絵が、プロジェクションマッピングで投影されて空中を泳ぐ「お絵かき水族館」は、子供も大喜びのスポットです。その他にも「ポヨンポヨン宇宙」など、子連れも楽しめる「体感する」アートで溢れています。かなり歩くことになりますので、やはり運動靴で行かれることをお勧めします。

出典:お台場にオープンしたデジタルアートミュージアム「Borderless」。

「豊洲プラネッツ」は2020年秋までの期間限定

gettyimages (21146)

対して「豊洲プラネッツ」は、2020年秋までの期間限定です。こちらはかなり遅くまで開場しているので仕事帰りにも立ち寄れます。
開催時間
平日・日曜日・祝日:9:00~23:00(最終入場時間 22:00)
金曜日・土曜日・祝前日:9:00~24:00(最終入場時間 23:00)
豊洲プラネッツは、水を使った作品が多くあります。触れると花に代わる鯉のいる水の中を、裸足で歩く幻想的な体験をしたり、足を拭いた後モコモコのブラックホールを体験したり。光と点に吸い込まれるような感覚は疑似宇宙体験のよう。いろんな感覚を刺激されるアート体験ができ、こちらも同様にフォトジェニックです。
基本的に裸足で水の中を歩きますのでショートパンツや膝上までロールアップできるボトムスをお勧めします。高いところでは水位が35㎝位あるそうです。子どもの場合は水着を着せておいた方が安心ですね。
スマホが水没したら大変なので入場前にスマホケースが配られます。
こちらにも床が一面鏡でできている作品があります。スカートで来場した女性のために、無料で短パンのレンタルを行っています。自前のショートパンツを持って行っても良いですね。
無料のタオルコーナーもあります。しかし、子供連れの場合はずぶ濡れになることを想定して、多めのタオルと着替えを持参しましょう!

「teamLab Planets TOKYO DMM.com」公式CM【豊洲/TOYOSU】

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

私の仕事場には、白茶ネコが一匹。福利厚生部長として、ワークライフバランスを重視した自由な毎日を送っています。
富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部