2019年12月10日 更新

座ったままできるストレッチ法!オフィスの椅子で全身リフレッシュ

ストレッチする時間の確保が難しい人は少なくありません。しかし、短時間で軽くストレッチするだけでも、むくみ軽減や気分転換など様々な効果が期待できます。そこで今回は、オフィスのイスを使って座ったままできるストレッチ法について解説していきます。

gettyimages (50249)

2019.12.10

ふくらはぎのストレッチ

gettyimages (50252)

長時間のデスクワークは、体を動かさないため大きな筋肉があまり使われません。また重力の関係で、血液や水分が下半身、特にふくらはぎに集中します。その結果、むくみや疲れ、足のだるさなどを感じることが増えてしまいます。そこでおすすめするのが、ふくらはぎのストレッチです。オフィスでもイスに座ったままふくらはぎをストレッチすることができるため、血液やリンパの巡りを改善でき、むくみや疲れ軽減につながるでしょう。ポイントは、ふくらはぎとすねの部分にある筋肉をよく動かすこと、そしてひざの裏側にあるツボの委中(いちゅう)を圧迫することです。次の手順でふくらはぎのストレッチを行ってください。
①イスに座った状態で、右脚のひざ裏を左ひざに当てるように脚を組む
②右ふくらはぎが圧迫されていることを確認する
③右のつま先を足首を支点に時計回りに10回、反時計回りに10回まわす
④左脚も同様に行う
委中は、むくみ解消やダイエット、こむら返り防止などの効果が期待できるツボです。ツボを圧迫しながらひざ下の筋肉を動かしてストレッチすることで、むくみやだるさを軽減する効果も高まるでしょう。

脚のストレッチ

gettyimages (50253)

太ももをストレッチすることで、疲労回復や代謝アップ、姿勢改善などの効果が期待できます。ふくらはぎのストレッチをあわせることで、疲労回復効果も高まるでしょう。まずは、次の手順で太もも裏のストレッチを行ってください。
①イスに座った状態で右脚を浮かせる
②右の足先を反らせてまっすぐ前方に脚を伸ばす
③太ももの裏がストレッチされていることを確認して20~30秒キープする
④左脚も同様に行う
脚のストレッチでは、常に足先を反らせた状態を維持することが大切です。そうすることで、太ももの裏がより強くストレッチされるためです。
次に、太もも前側から股関節にかけてのストレッチを行いましょう。
①イスに浅く座る
②右脚を後方に伸ばし、床に足の甲をつける
③上体を後方に倒す
④太ももの前部がストレッチされた状態で20~30秒キープする
⑤反対側も同様に行う
ストレッチするほうの脚は、まっすぐ後ろに伸ばしましょう。また、上体を倒す角度によって強さを調整することができます。無理しない程度にストレッチするようにしてください。なお、右脚を後方に伸ばす手順のところで、右脚を右方向に伸ばしてから上体を伸ばした方向に倒すことで、太ももの内側をストレッチすることができます。時間に余裕がある場合は、太もも裏と前部、内側をストレッチしてください。そうすることで、疲労回復や太ももを引き締める効果を高めることができるでしょう。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

寒さや風邪に負けない身体を作る方法とは?免疫力を上げるポイントを解説

寒さや風邪に負けない身体を作る方法とは?免疫力を上げるポイントを解説

「寒くてやる気や集中力が出なくなる」「冬になると風邪をひいて長引いてしまう」など、冬特有の気候に悪影響を受ける人は少なくありません。そこで今回は、寒さや風邪に負けないための、免疫力や抵抗力を上げる身体作りの方法について解説していきます。
冬の乾燥対策に!体の内側から乾燥を予防する方法を徹底解説

冬の乾燥対策に!体の内側から乾燥を予防する方法を徹底解説

湿度が低い冬の季節は「風邪をひきやすくなる」「肌トラブルが起きやすくなる」など、乾燥が原因で様々なデメリットが発生します。そこでおすすめするのが、体内から行う対策です。今回は、冬に最適な体の内側からの乾燥予防法について解説していきます。
自宅で握力強化!前腕を鍛えるトレーニングメニュー5選

自宅で握力強化!前腕を鍛えるトレーニングメニュー5選

握力の強化は、握る動作を行うスポーツやウエイトトレーニングで大切なだけではありません。前腕を太くたくましく見せることができます。そこで今回は、自分の体重で、また簡単な道具を使って握力を強くするためのトレーニング法について解説していきます。
正月太り解消!年末年始に増えた体重を元に戻す生活習慣を解説

正月太り解消!年末年始に増えた体重を元に戻す生活習慣を解説

年末年始に食べすぎて太ってしまう人は少なくありません。このような正月太りを解消するためには、生活習慣を元に戻し、運動と食事改善で体脂肪を段階的に減らすことが必要です。今回は、年末年始で増えた体重を戻すための生活習慣について解説していきます。
正月太りを防ぐ!今からはじめる食習慣と運動習慣

正月太りを防ぐ!今からはじめる食習慣と運動習慣

宴会やパーティーなどで食べる機会が増える年末年始。常にスリムな体型を維持したいダイエッターにとって、正月太りは避けたいところです。そこで今回は、正月太りを防ぐためにおすすめの食習慣と運動習慣について解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座