2018年5月12日 更新

〈澤田秀雄〉世界一生産性の高い「変なホテル」に込められたビジョンとは 

「お金とは、可能性(澤田秀雄)」

2018.5.12
ドイツ留学中に、出張者向けのツアービジネスをしながら、世界50カ国以上を旅行した澤田秀雄さん。
その経験から「株式会社エイチ・アイ・エス」の創業し、その後テーマパーク「ハウステンボス」の再建を成し遂げました。
ハウステンボス再建のエピソードや、今後の夢やビジョンについてお話をお聞きしました。
STAGE編集部:ハウステンボスの再建について、具体的なエピソードを教えてください
オンリーワンかナンバーワンやろうと。オンリーワンというのはうちでしかやってないようなイベント。ナンバーワンといったら日本一、もしくは世界一のことやろうと。例えばイルミネーションだったら今世界一のイルミネーションとか。

他がやってないのはハウステンボスに作ったロボットホテル(変なホテル)。それから、今度公開する、 水上移動式ホテル(※1) 無人島のジュラシックアイランド(※2)。誰もやってないことをやろうかなと思って。

やっぱり他がやってないようなことをやらないと、あんな遠いとこに来ていただけませんから。だからどんどん新しいことをやろうということで。

その発想は、僕は世界旅行してましたので、いろんな発想ができるんじゃないですかね。

※1水上移動式ホテル(2018年夏より稼働予定)
※2無人島のジュラシックアイランド(2018年夏より開始予定)
STAGE編集部:常に新しいイベントを考えているということですね
そうですね。やっぱりイベント次第でお客さんはお越しいただけますから。120万本のバラ祭 っていうイベントでは、日本一バラが咲きます。それはとても感動的ですよ。

バラだけじゃなく、冬はイルミネーションですね。今でこそイルミネーションはどこでもやってますけど、当時は新しかった。イルミネーションのマーケティングをやったり、新しいことをどんどんやっていかないと、来ていただけないじゃないですか。

今後の夢や目標は世界平和への強い想い

STAGE編集部:今後のビジョンや目標は?
目標は、やっぱり世界に貢献できるような事業をやっていこうと。例えば、世界最先端の、太陽光の薄型蓄電池の開発。それがあれば、もう自然エネルギーでいずれ全部回るようになりますから。
原子力とか火力とか使うと、空気が悪くなったり危険ですから、そういうのがなくても自然に優しくかつ安く、家の全ての電気がまかなえるようにしたい。そういう調整を今後していく予定です。

それと共に生産性をあげていかなくちゃいけないので、今回作ったロボットホテルは、フロント全部ロボットにして、それ以外もいろんなものにロボットを使っています。

今人手不足と言われてますけど、ロボットホテルを全国全世界に展開していくと、生産性が非常に高いので、ほとんどフロントに人手が必要なくなるわけです。

だからそういうホテルを世界に何十、何百、ひいては何千と作っていきたいなという目標ですね。
あと、いずれ人口はどんどん増えますから。日本は減ってますけど、世界は今75億人から100億人に向かっている。そうするとアフリカで食べられない人とかいろいろ出てきますから、この食糧問題を解決したいなと思って。
やっぱり大植物工場の研究をして、どんな土地、どんな場所でも食料ができるような開発をしたいと思ってます。

まだ、エネルギーと食糧の問題が最も、世界紛争の原因になりやすいですから。石油の取り合いとか、食料がないから戦争になるのであって、エネルギーがあって食べることができれば、大体の紛争がなくなりますので。

これを是非、なくす貢献ができるような企業にしたいと思っています。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

2010年「世界ジュニア選手権」に優勝して頭角を現すと、「ソチオリンピック」シーズンには序盤の不調を覆す大逆転劇を演じて代表切符を獲得。輝かしい成績を残して2017年にフィギュアスケート競技生活からの引退を表明しました。現在はプロとしてアイスショーに出演しながら、その笑顔をバラエティ番組で見る機会も日に日に増えている村上佳菜子さんの人生の軌跡とは?支えてくれた家族との絆、そして同じリンクで育った浅田真央さん、宇野昌磨選手とのエピソードも明かしてくれました。
日本とアーティストを元気にする私なりのやり方〈三木アリッサ〉

日本とアーティストを元気にする私なりのやり方〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時代に立ち上げた「イスラエル女子部」が大当たりし、三木さん自身もインフルエンサーとして、脚光を浴びました。その三木さんが、次にジョインしたのはプログラミング教育ベンチャーのLife is Tech !。アメリカ法人を立ち上げる準備の真っ最中にお話を伺いました。
インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時に「イスラエル女子部」を立ち上げ、自らをインフルエンサーに育てて注目されました。現在はプログラミング教育ベンチャーのライフイズテック株式会社にジョインし、アメリカ進出に向け準備中。キャリアを作るとはなにか?を三木アリッサさんにききました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部