2018年5月12日 更新

〈澤田秀雄〉世界一生産性の高い「変なホテル」に込められたビジョンとは 

「お金とは、可能性(澤田秀雄)」

 (13973)

2018.5.12
ドイツ留学中に、出張者向けのツアービジネスをしながら、世界50カ国以上を旅行した澤田秀雄さん。
その経験から「株式会社エイチ・アイ・エス」の創業し、その後テーマパーク「ハウステンボス」の再建を成し遂げました。
ハウステンボス再建のエピソードや、今後の夢やビジョンについてお話をお聞きしました。
STAGE編集部:ハウステンボスの再建について、具体的なエピソードを教えてください
オンリーワンかナンバーワンやろうと。オンリーワンというのはうちでしかやってないようなイベント。ナンバーワンといったら日本一、もしくは世界一のことやろうと。例えばイルミネーションだったら今世界一のイルミネーションとか。

他がやってないのはハウステンボスに作ったロボットホテル(変なホテル)。それから、今度公開する、 水上移動式ホテル(※1) 無人島のジュラシックアイランド(※2)。誰もやってないことをやろうかなと思って。

やっぱり他がやってないようなことをやらないと、あんな遠いとこに来ていただけませんから。だからどんどん新しいことをやろうということで。

その発想は、僕は世界旅行してましたので、いろんな発想ができるんじゃないですかね。

※1水上移動式ホテル(2018年夏より稼働予定)
※2無人島のジュラシックアイランド(2018年夏より開始予定)
 (13979)

STAGE編集部:常に新しいイベントを考えているということですね
そうですね。やっぱりイベント次第でお客さんはお越しいただけますから。120万本のバラ祭 っていうイベントでは、日本一バラが咲きます。それはとても感動的ですよ。

バラだけじゃなく、冬はイルミネーションですね。今でこそイルミネーションはどこでもやってますけど、当時は新しかった。イルミネーションのマーケティングをやったり、新しいことをどんどんやっていかないと、来ていただけないじゃないですか。

今後の夢や目標は世界平和への強い想い

 (13999)

STAGE編集部:今後のビジョンや目標は?
目標は、やっぱり世界に貢献できるような事業をやっていこうと。例えば、世界最先端の、太陽光の薄型蓄電池の開発。それがあれば、もう自然エネルギーでいずれ全部回るようになりますから。
原子力とか火力とか使うと、空気が悪くなったり危険ですから、そういうのがなくても自然に優しくかつ安く、家の全ての電気がまかなえるようにしたい。そういう調整を今後していく予定です。

それと共に生産性をあげていかなくちゃいけないので、今回作ったロボットホテルは、フロント全部ロボットにして、それ以外もいろんなものにロボットを使っています。

今人手不足と言われてますけど、ロボットホテルを全国全世界に展開していくと、生産性が非常に高いので、ほとんどフロントに人手が必要なくなるわけです。

だからそういうホテルを世界に何十、何百、ひいては何千と作っていきたいなという目標ですね。
あと、いずれ人口はどんどん増えますから。日本は減ってますけど、世界は今75億人から100億人に向かっている。そうするとアフリカで食べられない人とかいろいろ出てきますから、この食糧問題を解決したいなと思って。
やっぱり大植物工場の研究をして、どんな土地、どんな場所でも食料ができるような開発をしたいと思ってます。

まだ、エネルギーと食糧の問題が最も、世界紛争の原因になりやすいですから。石油の取り合いとか、食料がないから戦争になるのであって、エネルギーがあって食べることができれば、大体の紛争がなくなりますので。

これを是非、なくす貢献ができるような企業にしたいと思っています。
 (13986)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈澤田秀雄〉留学中に世界50カ国を旅行。旅費のために始めたビジネスがH.I.S.創業の原点に

〈澤田秀雄〉留学中に世界50カ国を旅行。旅費のために始めたビジネスがH.I.S.創業の原点に

「株式会社エイチ・アイ・エス」「現・スカイマーク株式会社」の創業、テーマパーク「ハウステンボス」の再建、 「変なホテル」の開業など、次々に新しい事業を立ち上げ成功を収めてきた澤田秀雄さん。 澤田社長の新しい発想力や行動力はどこから来るのでしょうか。 生き方や考え方 についてお話をお聞きしました。
70万PVブログ記事「子育てを大変だと感じる本当の理由」のLICOさんに聞く身近な人と良い関係を築く方法

70万PVブログ記事「子育てを大変だと感じる本当の理由」のLICOさんに聞く身近な人と良い関係を築く方法

記事が70万超えでシェアされる人気ママブロガーのLICOさん。3人の子育てをしながら、ブログ更新、本の執筆、講演と多忙な日々を送ります。そんなLICOさんの子どもとの付き合い方は、それは私たちビジネスパーソンの人間関係作りにも大切なことだと気づかされます。子育てと仕事をしなやかに両立させているママからのメッセージをお届けします。
〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

東大卒ミュージシャンとして音楽活動の他、クイズタレント・コメンテーターとしても活躍するグローバーさん。実は彼は苦労して入った東大を中退し、ミュージシャンの道を選んだという過去が…。その後、再び大学に戻り無事卒業。時を同じくして、立ちはだかっていた壁が崩れ、新たな道が開けたと言います。少し遠回りをしたことで見えたグローバーさんの人生観とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座