2019年10月18日 更新

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。

gettyimages (48756)

2019.10.18

日本化する欧州経済

gettyimages (48765)

ここ最近の主な各国中央銀行の利下げを見てみると、7月には、オーストラリア(0.25%利下げ)、韓国(0.25%利下げ)、トルコ(4.25%利下げ)、米国(0.25%利下げ)、8月には、インド(0.35%利下げ)、フィリピン(0.25%利下げ)、9月(ユーロ圏(0.1%利下げ)、トルコ(3.25%利下げ)。このようにかなりの国で利下げが行われています。
この中で1カ月ほど前になりますが、注目はやはりECBの緩和策総合パッケージではないかと思います。ECBは政策金利のうち市中銀行から預け入れられた余剰資金に適用する「中銀預入金利」を現在のマイナス0.4%から過去最低のマイナス0.5%に引き下げることを決定しました。また、昨年末で終了していた量的緩和については、11月から月200億ユーロの資産購入規模で再開することになりました。この大きな政策転換は、日本化(Japanification)を阻止したいという並々ならぬ覚悟があるとされています。日本化を避けることは可能なのでしょうか。

1)低成長

欧州(ユーロ圏)経済は、2013年にリセッションから抜け出したとされています。それ以前の数年間は、失業率もかなり高く、さらに主要国の中でも最もリーマンショックを引きずった低成長な経済圏と悲観されていました。しかし、2013年以降、ECBの積極的な量的緩和と世界的な景気回復基調を助けにどうにか景気回復させてきました。しかし、いくら回復したといっても現実の成長率は最高で2.5%/年、しかもこの回復期を維持できたのはわずか3年程度でした。とても本格的な成長を達成できたとはいえない状況です。さらにここ数年は低成長に逆戻りし欧州経済の脆弱さを露呈してきました。今年の成長率(コンセンサス)も1.1%程度と予想され、貿易戦争やブレグジット次第ではさらなる下方修正が予測されています。
さて、欧州が恐れている「日本化」の日本経済はといえば、リーマン・ショック後の平均成長率は約1.0%。厳しいとされている欧州経済すら上回ることができないのが日本経済です。ECBは、低金利政策を20年続けても経済が本格的に回復しない日本になることを恐れています。しかし、緩和策を行っても続く欧州経済の低成長ぶりをみるにつけ、ほぼ「日本化」しているといえるかもしれません。

2)輸出依存と為替レート

欧州も日本経済と同じで主要経済国のなかでは輸出依存度が高い国です。世界的に保護主義化に傾斜する現状は、輸出国の国内経済を減速させることは明白です。つまり、ユーロ圏経済も日本同様に保護主義化により経済的なマイナスの影響を受け続けること間違いなしです。しかも、輸出国の生命線ともいえる為替レートも日欧ともに自国通貨安に至っていません。日欧ともに金融緩和策後には自国通貨安をイメージしていたはずです。実際に金融政策の変更後は自国通貨安に一時振れます。しかし、その持続性はなく、最終的には自国通貨高トレンドに戻っていきます。このように、ユーロ(欧州経済)も「日本(円)化」しているといえます。

3)低インフレーション

低成長、自国通貨安により、結果的に一番恐れている低インフレーションが定着しつつあります。ユーロ圏も日本も最悪のデフレは免れているといえますがまったく褒められたものではありません。ECBはユーロ圏物価上昇率を約2%に目標を設定していますが、17、18年にどうにか達成できたものの19年には1%程度に逆戻りしました。ほぼ低インフレーションが定着しているといえます。また、本家日本では14〜15年にかけて一時期2%程度の物価上昇率を実現できましたが15年末以降は再び0〜1%内に舞い戻ってきました。積極的な金融緩和策を受けても「低インフレーションになる」という事実は、間違いなく「日本化」しているといえます。
この3つの事実をみるにつけ欧州の「日本化」は近づいているといえそうです。またこれ以外にも、高齢化、財政出動の限界、中央銀行(ECBと日銀)のバランスシートの肥大化、増税トレンドなど日欧の共通点は多く、量的緩和により経済的な問題を解決するのは容易でないと思えます。
しかし、日欧が日本化しているあまり喜ばしくない状況にも関わらず、金融市場は主要国の量的緩和を好感し狂喜乱舞しています。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |
プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

断捨離した後の服の行方を考えたことがありますか。経済的な成長の裏にはほとんど犠牲が伴い、堅調な成長を見せるファストファッション市場もその一例です。しかし今、利益追求を優先しすぎたファストファッション業者のモラルと、消費者の良識が問われる時期がきたようです。
経済 |
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |
米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

アメリカ大統領選の歴史を振り返ってみると、勝利の方程式はやはり経済が好調であるということです。2020年11月の大統領選までのスケジュールから判断すれば、トランプ大統領は遅くとも直前の2020年7-9月期のGDP(速報値は10月末頃の発表予定)で3.0%以上の成長を達成し、経済が好調であることをアピールしたいところです。そこから逆算すると、6月がタイムリミットになります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊