2018年1月2日 更新

FXエア座談会〜もし有名為替アナリストが2018年のドル円を予想したら〜

この時期になると、各金融機関のエース為替アナリストが来年度の為替予想を発表します。ここで、そのような有名アナリストが座談会を開いたらこんな感じになるのではないかと、つまりエア座談会を開いてみました。

一同:おお〜〜っ。さすがFさんは、円高派の大御所ですね。
Fさん:円高の理由は簡単です。実は正確には円高ではなく、ドル要因によるドル安ですが。さて、ではなぜドル安なのか。それは、米国の金融政策が正常化する、つまり金利を上げることで景気に息切れ感が出るでのはないかと見ているからです。景気循環は、量的緩和&低金利という株価にはぬるま湯な金融相場から、金利を正常化する業績に頼る相場に移行する際に必ず株価が下落することが歴史的に証明されています。つまり、2018年は株価に調整が入る可能性が高いといえるわけです。そんな調整が入っても、引き続き金利を引き上げるかというとそれはないはず。(FRB)新議長のパウエルさんは、イエレン現議長と同じぐらいハト派だから、そんな無理はしないはず。
Gさん:そうなると年3回を織り込んだドル高派がポジションを減らして、円高になりそうですね。
Fさん:そう。ドル高を諦めた人の円買いが円高の一番の要因ですね。でも、それだけじゃないと思います。実は、日本の機関投資は最近積極的に外貨投資を増やしています。これは、外国債券投資は、金利が高い、外貨が値上がりするということを狙った投資なんです。
しかし、ドル安になり、また、金利も上がらないようでは対外証券投資をするモチベーションがなくなるわけです。そうなると、2017年までドル買いに積極的だった機関投資家が投資を控えることでドルが安くなると見ています。
gettyimages (8553)

Hさん:地政学リスクは間違いなく円高要因ですね。私の考える3大地政学リスクは、ロシアゲート疑惑、中国の景気後退、朝鮮半島リスクです。
Gさん:確かに、なんとなく株高や年末の高揚感で忘れているけど、そのリクスは日に日に増している印象ですね。

最後に一同で会したら

thinkstock (8552)

Aさん:お互いに意見が出揃ったね。結局は、どちらの要因も多いということだね。ドル高ドル高と決め付けては危険そうだね。2017年の為替の動き(ボラティリティ)が異常に低かったから、なんとなくのほほーんと2018年に入っていくとイケないということがわかりました。気を引き締めて臨みたいですね。
Fさん:確かに同感です。私も、ドル安と決めつけるのは少し危険だと思いました。刻々と変わる状況をしっかりと咀嚼しながら、しっかりとトレンドを見極めたいです。
A&Fさん:みなさんはどう思いますか?為替は楽しいので色々と考えてみてください!
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

カナダの代表的な産業都市であり、冬季オリンピックが開催されたことでも知られているバンクーバー。観光客はもちろんですが、日本からの留学生も多く、雄大な自然とともに都会的な雰囲気を持つ、とても魅力的な都市のひとつです。
お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
2018年経済の潜在リスク

2018年経済の潜在リスク

2018年がスタートして半月ほど経過しました。年末から年始にかけて2018年の色々な予測を見かけた方も多いのではないかと思います。先行きを予測するには、「潜在リスクを事前に把握しておき、その芽を逃さない」ことが大切です。今回は、私が選ぶ2018年の潜在リスクをピップアップしお伝えします。
「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

高校を卒業すると就職するか進学するかの選択に迫られますね。オーストラリアでも同じですが、オーストラリアで進学する場合には、大学とは違った選択肢もあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊