2018年1月12日 更新

オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

高校を卒業すると就職するか進学するかの選択に迫られますね。オーストラリアでも同じですが、オーストラリアで進学する場合には、大学とは違った選択肢もあります。

語学学校を卒業すると、次はステップ2のTAFEに進みます。たくさんあるコースの中から希望するコースを選び願書を出します。TAFEのコースには6カ月、12カ月、18カ月の3つのタイプがあるため、入学願書の受付は毎年2月と7月です。
次は大学ですが、オーストアラリアでは大学の学部は3年間ですが、TAFEで1年のコースを勉強し卒業すると、大学の2年生に編入できます。ただ、TAFEに入学するときに、TAFEで勉強するコースの単位が目指す大学で受け入れてもらえるかどうか確認する必要があります。TAFEと大学の間には単位や編入に関する契約がありますから、その契約がTAFEを卒業するときにも解約にならないかどうかも確認が必要です。

オーストラリアのTAFE留学に必要な費用

オーストラリアでTAFEに留学しさらに大学に進む場合、どれくらいの費用が掛かるか表にまとめてみました。なお準備費、渡航費、家賃、生活費などは、「ワーキングホリデー」の記事にありますのでここでは省きます。滞在する都市、学校、コース、学部になどによって変わるため大体の目安としてください。

まとめ

最近オーストラリアは留学生にとって人気があり、シドニーやメルボルン、ブリスベンなどの主要都市はいつも学生たちで賑わっています。
オーストラリアの留学にはいろいろなオプションがありますが、TAFEにはバラエティーに富んだコースを提供してくれるという魅力があります。またそれだけでなく、本格的に勉強したい人のために大学への布石の役割も果たしてくれます。

setsukoT

オーストラリアのメルボルン在住。現地の日系企業で翻訳・通訳の仕事をする傍らフリーランスライターとして記事執筆。2つの国に住んで見聞きしてきたことを発信していきたいと思っています。趣味は旅行とアート。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オーストラリアのユニークな留学  英語の勉強をしながら小学校英語指導員の資格を取ろう

オーストラリアのユニークな留学  英語の勉強をしながら小学校英語指導員の資格を取ろう

オーストラリアの東海岸のシドニー、ブリスベン、ゴールドコーストには一般的な英語の学習に、日本の小学校の英語指導者の資格の取れるコースを組み合わせたユニークな学校があります。
ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデーは、20代30代なら誰もが体験してみたいと思うことの1つだと思います。ワーキングホリデーに行ける国は世界中にたくさんありますが、その中でも最近特に注目を集めているのがオーストラリア。
農業体験ツアーが世界各地で静かなブーム! オーストラリアの人気ツアーを紹介

農業体験ツアーが世界各地で静かなブーム! オーストラリアの人気ツアーを紹介

農業体験ツアー、またはアグリツアリズムと呼ばれるバカンスの過ごし方が世界各地で静かなブームを呼んでいます。これは農場や牧場などを訪ねそこでの仕事を見学したり実際に体験することですが、ただ見学や体験をするだけでなく、「楽しむ」要素が含まれていることが大事です。世界には数ある農業体験ツアーがありますが、筆者が現在在住中のオーストラリアの場合を例に農業体験ツアーの魅力をご紹介します。
ヨーロッパなのに格安で英語留学できるマルタ留学が人気らしい

ヨーロッパなのに格安で英語留学できるマルタ留学が人気らしい

マルタ島を知っていますか。マルタ島はイタリアの南にある小いさな島です。小島なのにすぐ近くにあるゴゾ島と併せてミニ国家「マルタ共和国」を形成しているのです。一年中観光客で賑わうリゾート地なのですが、なんとここに語学留学のできる英語学校があるのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座