2020年1月6日 更新

〈川島永嗣〉川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。

今では、世界で活躍し、日本の守護神と呼ばれている、サッカー日本代表の川島永嗣。 でも昔から今の状態だったわけではない。 川島永嗣が自分自身を育ててきた秘訣を、聞いてみた。 ビジネスにも、そして人生にも、大きなヒントをみつけるために。

2015.6.5

05 没頭する

ゴールキーパーは、極限に近い集中力を要求されるポジションです。ゼロコンマ何秒という反応と判断が勝敗を左右するので、意識世界の中だけではたやすく動けない。考えすぎず、余分な情報や雑念に左右されず反応できるように、神経を研ぎ澄ますことが必要なのです。

そのためにぼくは、あえて何も考えない時間を作ります。それを「無意識の意識」とぼくは呼んでいますが、その時間を作ることで集中するときの集中度が深まっているのです。

普段の生活でも、同様です。
なにかワクワクすることがあれば、集中を通り越して、没頭することがよくあります。
時間も忘れ、完全に無意識になって没頭している時間です。

小さい頃は、家の前でボールを蹴り始めたら、日が暮れて母親に夕飯の時間と言われるまで、夢中になってひたすら壁に向かってボールを蹴っていました。

大人になってからも、トレーナーから朝食の組み合わせのアドバイスを聞いたら、5年経って初めて、5年間も毎日全く同じメニューを食べていたのに気づいた、なんてこともあります。

基本的にやり始めると、かなりの時間が経つまで気づかず、没頭するのです。

こんな日々の無意識と没頭の繰り返しが、明日を作っていくと信じています。

06 リスクを過剰に恐れない

「失敗は成功の母」ということわざがありますが、ぼくはこれを身をもって体感し、失敗を恐れるなというメンタルの考え方を学びました。ミスをした経験を活かす、ミスは成功へのステップである、だからミスというリスクを恐れない、という考え方が身につきました。

実は、ミスを恐れずに行動できている人は、過去に大きなミスをした経験をもっているのです。でも一度、そのミスを乗り越え、成長していけば、ミスをするというリスクが、実はリスクではないことに気付かされるのです。

本当のリスクは、ミスをすることではなく、「チャレンジしない自分がいること」です。サッカーの試合でも、お金では投資でも、リスクを恐れていては何も前に進みません。何も前に進まないばかりか、進化の早い今の時代では、後進さえしてしまうと考えています。

07 人と違うことをやる

人と同じことをしていれば、人と同じにしかならない。
そう教えてくれたのは、浦和東高校時代のサッカー部監督、野崎正治先生でした。

その時教わったことは「目標からさかのぼって、プロセスを考え、実行する」ということ。

プロサッカー選手になりたいという夢があったぼくは、その当時の自分に足りないところを考えました。そしてその足りないところを埋めるには何をしなければいけないかを考えるように、教わったのです。

人と同じことをしていれば、人と同じにしかならない。

ぼくの心に刻み込まれたこの言葉は、小さなことからトレーニングがスタートされた。たとえば自転車にのるときも、普通にペダルをこぐのではなく、あえてつま先だけでペダルをこぐ、という小さな差を積み重ねていくことをした。こんな細かいことは誰もやっていない。でもその日々の差が、将来の大きな差になることに気づいたのです。

これはトレーニングだけではありません。

勉強も、仕事も、そしてお金も、人と同じことをしていれば、人と同じにしかなりません。

一人ひとり違う人生なのに、人と違うことで不安になるからという理由だけで、平均的な道を選んでしまう。それは、人生を楽しむということをあきらめてしまうことになるので、とてももったいないことだと思うのです。

人と違うことをやる。
自分自身を育てる、とてもいい方法だと思います。

★最後に一言

何かを達成するということは、確信と覚悟がなくてはいけません。

確信とは自分がこの道を進めば必ず成功するという道を追求すること。

そして覚悟は、うまくいかない時も成功するために必要な経験として、それを自分の力に変える、成功するために受け入れられる心があるかだと思います。



自信を持つことは時に難しいかもしれませんが、自分を信じることに根拠なんていりません。

ぜひ、その根拠を自分で作れるように頑張って下さい。

川島永嗣 サッカー日本代表ゴールキーパー

幼少の頃からサッカーに没頭し、2001年に大宮アルディージャに加入。その後、名古屋グランパスエイト、川崎フロンターレへの移籍を経て2010年7月より拠点をベルギーに移す。現在、ベルギー1部リーグ スタンダール・リエージに所属。同時に、日本代表として数々の国際試合で活躍している。一方、独学で語学を身に付け、現在、英語、イタリア語、スペイン語をはじめとする7ヶ国語を話す。また、金融についても貪欲に学び続けている。 海外に挑戦する日本人を語学面からサポートするGlobal Athlete Projectのアンバサダーも務める。 http://globalathlete.jp/
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈川島永嗣〉川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。

〈川島永嗣〉川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。

今では、世界で活躍し、日本の守護神と呼ばれている、サッカー日本代表の川島永嗣。 でも昔から今の状態だったわけではない。 川島永嗣が自分自身を育ててきた秘訣を、聞いてみた。 ビジネスにも、そして人生にも、大きなヒントを見つけるために。
〈為末大〉「スポーツ」で社会問題を解決する。その可能性を探るための新たなレースが始まった。

〈為末大〉「スポーツ」で社会問題を解決する。その可能性を探るための新たなレースが始まった。

陸上男子400mハードル選手として、シドニー、アテネ、北京と過去3度の五輪に出場してきた為末大さん。日本でも数少ないプロ陸上選手としても活躍してきました。一方で数々の著書を出すなど、アスリートきっての理論派としても人気を集めています。今回は為末さんに、引退後の目標やお金、投資についての考え方を伺いました。
〈前田裕二〉SHOWROOM起業から今に至るまで、自分にとってお金は熱中の対価でしかない

〈前田裕二〉SHOWROOM起業から今に至るまで、自分にとってお金は熱中の対価でしかない

仮想ライブ空間の中で誰もが無料でライブ配信&視聴ができるサービス「SHOWROOM」を運営するSHOWROOM株式会社の代表・前田裕二さん。夢を追う人の努力が正当に報われるエンタメの仕組みを、人生をかけて世に問う生き様が話題を集めています。時代を切り拓く若手起業家にとって、「お金」とは?
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
〈DaiGo〉メンタリストになりたいと思ったことはない。自由を突き詰めた先のステージの変化

〈DaiGo〉メンタリストになりたいと思ったことはない。自由を突き詰めた先のステージの変化

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。 「メンタリスト」という肩書さえ、 もはやフィットするものではないそうです。一 体彼は何者なのか。そして、彼にとって「お金」とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS