2019年3月1日 更新

勝負・努力に効く短い名言7選!何度も読み返せば即効性も

短い名言が心に残り、それが人生の勝負を決めることもあります。日々真剣勝負を続けるアスリートや経営者の口からは、人生の本質を突くような短い名言が生まれます。英語、日本語を問わず、勝負・努力に効く言葉を紹介してみましょう。何度も読み返して自分のものにしてください。

gettyimages (31584)

2019.2.20

勝負に効く短い名言3つとは?

gettyimages (31562)

『日常生活でいい判断ができないヤツに、グラウンドでいい判断ができるワケがない。』
「ミスター・ラグビー」と呼ばれ、ラグビー日本代表監督を務めた平尾誠二氏による短い名言です。勝負は判断の積み重ねで決まりますが、これはラグビーのグラウンドでも、ビジネスのフィールドでも同じです。ビジネスパーソンならば、「ビジネスの場で勝負するためには、プライベートでも正しい判断をするクセを付けろ!」と言い換えて理解すれば良さそうです。
『You may have to fight a battle more than once to win it.
(本物の勝利のためには、一度ならず勝負しなければならないこともある)』
この勝負に関する英語の短い名言は、2013年に逝去した英国初の女性首相であるMargaret Hilda Thatcher(マーガレット・ヒルダ・サッチャー)氏によるものです。政治もビジネスもエッセンスは共通だと思っていますが、勝負は一度では決まらないことなどザラにあります。逆の見方をすれば、「一度の勝負で負けたからと諦める必要はない!」とも言えます。
『結果が出ない時、どういう自分でいられるのか。決して諦めない姿勢が何かを生み出すきっかけを作る。』
この短い名言は鈴木一朗氏、言わずと知れたプロ野球選手イチローが発したものです。ビジネスの世界に当て嵌めれば、頑張っているのに成果が上がらない、評価されない状況でしょうか。そんな時期にこそ「焦らず、腐らず自身がやるべきことを淡々とこなし続ける、」まさにイチローのイメージですね。「勝負で結果を出せない状況にこそ、次の飛躍へのヒントが埋もれている可能性がある、」と言えるからです。

努力・研鑽に効く短い名言2つとは?

gettyimages (31577)

『Most people have the will to win, few have the will to prepare to win.(誰でも勝ちたい気持ちは持っている。しかし、本気で勝ちに行く努力ができるヤツはとても少ない)』
この英語の短い名言には、私も耳が痛いです。米国バスケットボール界きっての名監督と謳われる、Robert Montgomery Knight(ロバート・モンゴメリー・ナイト)氏の言葉です。確かに、どこの世界でも勝負に勝つために本気で努力できる人間、ましてやその努力を継続できる人間は、圧倒的に少数派だと感じます。そうであればこそ、「努力できる人間には勝負で圧倒的な分(ぶ)がある!」ということになります。凡人にとっては、勇気がもらえる短い名言でもありますね。
『努力は必ず報われる。もし報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とは呼べないもの。』
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「できた。」のつぶやきを増やせば未来を変えられる。

「できた。」のつぶやきを増やせば未来を変えられる。

「よし!できた。」とパソンコの前で小さく呟きパソンコを閉じる。事務処理が本当に苦手で、経理や提出書類の作成が終わると、ほっとします。
おとな女性の「女カースト」実像と虚像

おとな女性の「女カースト」実像と虚像

遠い昔に授業で習った「カースト」。その言葉を再び聞いたのは、同僚の娘さんが通う女子高での話。
 思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

ネットで情報が溢れる時代に、本を読む意義はどこにあるのでしょうか。思考力を深めつつ、豊かに人生観を身につけることができる読書の仕方を知りたいものです。
近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は「芸術家の試行錯誤を追体験してみよう」です
花の都パリで桜を楽しむ 春におすすめの観光スポット5選

花の都パリで桜を楽しむ 春におすすめの観光スポット5選

フランスのパリで桜が見れることを知っていますか?パリの桜の見頃は、日本に比べて少し遅い4月の中旬頃だとか。今年の春は、パリで世界遺産と春の風景を満喫してみませんか。そんなパリの春を楽しめるおすすめスポット5つを春の風景写真と共にご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部