2019年12月16日 更新

八村塁の年俸と彼を取り巻く皮算用|NBA、Nikeも日本浸透ねらう

アメリカではNBAシーズンが10月から始まり、世界中のバスケットボールファンの注目の的となっている八村塁選手。そんな21歳の八村の気になる懐事情や彼を取り巻くビジネスサイドの皮算用について調べてみました。

gettyimages (50718)

2019.12.15

年棒よりも更に高い広告収入

今年6月にプロバスケットボールの世界最高峰、アメリカNBAのドラフトにて、日本人初の一巡目(9位)でワシントン・ウィザーズから指名されて以来大注目の八村塁。

新人の彼の年棒が約447万ドル(約4億8,000万円)ということにNBAの凄さを感じますが、トップ選手になるとどれだけの年棒になるのでしょうか。
gettyimages (50713)

米スポーツ界契約情報のウェブメディア、Sportracによると、2019年NBA年棒ランキング1位はステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)約4,000万ドル(約43億円)です。「キング」ことレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)は7位の約3,700万ドル(約40億円)。
更に、これだけのスーパースター選手になると年棒以上の広告収入が入ります。2019年の総合年収1位のレブロン・ジェームズは約9,400万ドル(約100億円)とのこと。アメリカプロスポーツ選手の年収はまさに桁違いです。
八村も既に7社と広告契約を結び、その合計額は米「Forbes」の推定によると約1,000万ドル(約11億円)になるのではないかということです。これは、新人選手としては1位指名のザイオン・ウィリアムソンに続き2番目の額となり、NBAの全体としては上位12位以内に入るそうです。

契約先は国際契約がナイキの「ジョーダン・ブランド」、NBA公認のバスケットボールゲーム「NBA 2K」、NEC、カシオ計算機、日清食品です。加えて、日本限定契約でソフトバンクと三井住友銀行となります (Forbes)。

既に広告契約では、スター選手なみ。さらに、試合でも期待以上の大活躍ぶりで、来年は年棒も更にアップするのではという噂もあります。

ワシントン・ウィザーズもホクホク

gettyimages (50714)

八村を指名したワシントン・ウィザーズの試合成績はイマイチですが、八村の存在がチームのビジネス面に好影響を与えていることにウィザーズは満足しているようです。

八村を応援する日本人ファンのおかげで、チケット売上が急増しています。米「Forbes」によると、米チケット売買オンラインサイト、StubHubでのウィザーズチケットの日本からの販売数が今のところ前年比133%、全体の販売数は昨シーズンよりも17%も増えているということです。

チケットだけではなく、八村の名前入りグッズの売れ行きも好調で、八村のジャージは新人選手の中でも人気売れ筋商品の1つに入るそうです。

また、八村の存在はウィザーズと日本企業との架け橋にもなっているようです。10月にはウィザーズを保有するモニュメンタル・スポーツ・アンド・エンタテイメント社はNECと国際パートナーシップを結びました。

実は、NBAは今年、各チームが国際的なマーケティング展開できるよう、2社まで海外の企業と国際的なパートナーシップを結ぶことを許可しました。ウィザーズは早速NECと契約を結びましたが、もう1社も日本企業を選ぶだろうと言われています。

既に日本語ウェブサイトやTwitterを始めたり、日本語のできるスタッフを雇ったり、ウィザーズは日本ファンを味方につけようとしています。

日本マーケットを狙う、NBAとNike

gettyimages (50715)

八村に期待しているのはチームだけではなく、NBAやNikeも八村を通して日本での市場開拓を狙っているようです。
2017年に楽天とNBAはパートナー契約を結び、本格的にバスケットボールを日本に浸透させようとしています。NBA側としては八村の人気にあやかり、今こそNBAが日本市場で拡大できるチャンスとみているようです。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

米中貿易交渉の「第1段階の合意」によって、中国の景気は上向くのか

米中貿易交渉の「第1段階の合意」によって、中国の景気は上向くのか

米中両国は昨年12月の貿易交渉における「第1段階の合意」に関して、1月15日にホワイトハウスで合意文書に署名しました。
株式市場が波乱の幕開けでも見誤らないための3つ視点

株式市場が波乱の幕開けでも見誤らないための3つ視点

2020年の株式相場は波乱の幕開けとなりました。日本の株式市場が1月6日からと遅いスタートであることから警戒する投資家も多かった中で、やはりかという感が強い年始となりました。それでも波乱相場では落ち着いて冷静に判断することが一番大事です。今日は相場を見誤らないための3つの視点を見ていきます。
〈中原圭介|経済アナリスト〉インタビュー:定年が消滅して働き続ける時代が来る

〈中原圭介|経済アナリスト〉インタビュー:定年が消滅して働き続ける時代が来る

「人生100年時代」といわれ久しいが、私達はこの長い生をどのように生き抜けばよいのだろうか。2019年12月12日に「定年消滅時代をどう生きるか」を上梓した経営コンサルタント・経済アナリストの中原圭介氏にインタビューを行った。
日本株のトレンドは海外投資家が左右している

日本株のトレンドは海外投資家が左右している

「日経平均株価は2019年8月の安値20,110円から、なぜ11月には高値2万3,608円を付けるまで上昇することができたのでしょうか?」 この質問に対する答えとしては、「米中貿易交渉がまとまることで、世界景気や企業業績が回復するという期待が高まっている」といった解釈がよく聞かれます。
2020年株式相場におけるとても大切なポイントとは

2020年株式相場におけるとても大切なポイントとは

2019年も年の瀬を迎えました。随分と冷え込む日も多くなりましたが米国の株式市場は熱気を帯びています。2020年オリンピックイヤーの株式市場を読み解くヒントを見ていきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン