2019年12月16日 更新

八村塁の年俸と彼を取り巻く皮算用|NBA、Nikeも日本浸透ねらう

アメリカではNBAシーズンが10月から始まり、世界中のバスケットボールファンの注目の的となっている八村塁選手。そんな21歳の八村の気になる懐事情や彼を取り巻くビジネスサイドの皮算用について調べてみました。

gettyimages (50718)

2019.12.15

年棒よりも更に高い広告収入

今年6月にプロバスケットボールの世界最高峰、アメリカNBAのドラフトにて、日本人初の一巡目(9位)でワシントン・ウィザーズから指名されて以来大注目の八村塁。

新人の彼の年棒が約447万ドル(約4億8,000万円)ということにNBAの凄さを感じますが、トップ選手になるとどれだけの年棒になるのでしょうか。
gettyimages (50713)

米スポーツ界契約情報のウェブメディア、Sportracによると、2019年NBA年棒ランキング1位はステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)約4,000万ドル(約43億円)です。「キング」ことレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)は7位の約3,700万ドル(約40億円)。
更に、これだけのスーパースター選手になると年棒以上の広告収入が入ります。2019年の総合年収1位のレブロン・ジェームズは約9,400万ドル(約100億円)とのこと。アメリカプロスポーツ選手の年収はまさに桁違いです。
八村も既に7社と広告契約を結び、その合計額は米「Forbes」の推定によると約1,000万ドル(約11億円)になるのではないかということです。これは、新人選手としては1位指名のザイオン・ウィリアムソンに続き2番目の額となり、NBAの全体としては上位12位以内に入るそうです。

契約先は国際契約がナイキの「ジョーダン・ブランド」、NBA公認のバスケットボールゲーム「NBA 2K」、NEC、カシオ計算機、日清食品です。加えて、日本限定契約でソフトバンクと三井住友銀行となります (Forbes)。

既に広告契約では、スター選手なみ。さらに、試合でも期待以上の大活躍ぶりで、来年は年棒も更にアップするのではという噂もあります。

ワシントン・ウィザーズもホクホク

gettyimages (50714)

八村を指名したワシントン・ウィザーズの試合成績はイマイチですが、八村の存在がチームのビジネス面に好影響を与えていることにウィザーズは満足しているようです。

八村を応援する日本人ファンのおかげで、チケット売上が急増しています。米「Forbes」によると、米チケット売買オンラインサイト、StubHubでのウィザーズチケットの日本からの販売数が今のところ前年比133%、全体の販売数は昨シーズンよりも17%も増えているということです。

チケットだけではなく、八村の名前入りグッズの売れ行きも好調で、八村のジャージは新人選手の中でも人気売れ筋商品の1つに入るそうです。

また、八村の存在はウィザーズと日本企業との架け橋にもなっているようです。10月にはウィザーズを保有するモニュメンタル・スポーツ・アンド・エンタテイメント社はNECと国際パートナーシップを結びました。

実は、NBAは今年、各チームが国際的なマーケティング展開できるよう、2社まで海外の企業と国際的なパートナーシップを結ぶことを許可しました。ウィザーズは早速NECと契約を結びましたが、もう1社も日本企業を選ぶだろうと言われています。

既に日本語ウェブサイトやTwitterを始めたり、日本語のできるスタッフを雇ったり、ウィザーズは日本ファンを味方につけようとしています。

日本マーケットを狙う、NBAとNike

gettyimages (50715)

八村に期待しているのはチームだけではなく、NBAやNikeも八村を通して日本での市場開拓を狙っているようです。
2017年に楽天とNBAはパートナー契約を結び、本格的にバスケットボールを日本に浸透させようとしています。NBA側としては八村の人気にあやかり、今こそNBAが日本市場で拡大できるチャンスとみているようです。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「新型コロナ不況」が来ても、かつてのような就職氷河期は再来しない理由

「新型コロナ不況」が来ても、かつてのような就職氷河期は再来しない理由

新型コロナ不況で企業の採用が激減し、就職氷河期が再来するのでしょうか? 少子化で新卒者の人口は減る一方で、採用を絞ると後が怖いのです。また、就職氷河期と比べると企業内の人口構成が変化し、不況が来ても新卒採用を維持できる余裕も生まれています。
経済 |
新型コロナで株価が大きく下がっても、日本の年金が破たんしない理由

新型コロナで株価が大きく下がっても、日本の年金が破たんしない理由

今年、新型コロナ肺炎大流行の影響で日経平均株価は最大32.2%下落しました。年金資産は株式でも運用しますが「年金制度が破たんするのではないか?」という心配は無用です。なぜなら年金積立金は約120兆円で、運用益の蓄積も約75兆円と大きいからです。
経済 |
大暴落相場では何を目安にすればいいのか。PBRに着目

大暴落相場では何を目安にすればいいのか。PBRに着目

今回のような歴史的な暴落相場では、PERといったファンダメンタル指標や、騰落レシオといったテクニカル指標はあまり当てになりません。とくに騰落レシオは、これまで想像もしたことがない異常値が出現しました。
【原油先物大暴落】目を背けず波乱相場の中からヒントを探す

【原油先物大暴落】目を背けず波乱相場の中からヒントを探す

2月下旬から激しさを増す投資環境。長らく強気相場が継続していたことからすきを突かれたと感じた投資家も多かったはずです。だからこそダメージも大きいはず。しかも、質の悪いメディアはこの波乱相場をできるだけドラマ仕立てにしてあおりますが、投資家たるものここは冷静にfactfulnessで判断すべきです。市場がザワついている時こそヒントを冷静に探り備えることが大切です。
今は1年に1回の大きなチャンス

今は1年に1回の大きなチャンス

日本株がここ1週間で急激な下げに見舞われています。日経平均は2月25日に2万3,000円、27日には2万2,000円を下回り、3月2日には2万1,000円を割り込む局面があったほどなのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン